2015年01月29日

ママチャリ10台分の価値があるか

ロードバイクに興味を持った人が購入を検討したとして、最初に驚くのはやはり値段だと思う。
見た目だけがソレのなんちゃってロードバイクではない、「これはロードバイクだ!」と言っても大丈夫な一番安いクラスでも、ホームセンターの特売ママチャリ10台分以上、ざっくりと10万円は超えてくる。

お金が余って余って仕方ないなんて人は少ないだろうし、普通ならよほど強い意志や目的、または欲望でもなければおいそれと出せる金額ではない。何せママチャリしか知らない人にとって自転車というものの相場はせいぜい1万円から2万円程度、5万円ともなれば高級も高級な自転車である。
初めて買う人にとってはそれだけの価値があるものなのか?と判別が難しいというのが購買ハードルの高さに拍車をかけている。例えば冷蔵庫の場合「サイズは同じで容量UP、なんちゃら冷蔵で鮮度をキープ、消費電力は今までの半分!お値段はコチラ!」と言われたらある程度の魅力は理解できるし、自分の中で培った価値観と値段とを天秤にかけて、とりあえず「購入するかどうか」のステップに移ることができる。
ロードバイクはというと「なんやらかんやら!(自転車に乗らない人にはよく分からない説明)という理由ですごい!お値段はママチャリの10倍〜100倍!」といった感じ。多くの人は値段を聞いた時点で「購入するかどうか」のステップにすら移ろうとしない。移る人は、周囲によっぽど熱心な布教活動家がいるか、わずかなフックから興味を深めて自ら色々と調べる人だと思う。

もちろん「興味を深めて自分から調べる」状態にさえなってしまえば、ネットで初めての人にも分かりやすく、親切に魅力を解説したサイトをいくつも見つけることができる。
前置きが長くなってしまったけど、今回は分かりやすく親切に魅力を解説するサイトに倣って、僕自身が人生で初めてロードバイクに乗り、体験・実感したことをお伝えしようと思う。

-----

ちなみに自分は以前の記事でも書いたとおり、アニメと漫画が趣味の典型的なインドア派。身体はヒョロヒョロで仕事もデスクワーク、スポーツは趣味も経験もゼロに等しい30を過ぎた運動苦手意識バリバリマンという分かりやすいサンプル体。あとママチャリに最後に乗ったのが15年くらい前なので比較はいろいろおかしい面があるかもしれない。

納車時の感動とか高いサドルへの戸惑いとかそういうのはひとまず置いといて、実際に初めてペダルを踏んだときは「え?え?こんな進むの?」と思うくらいスィーーーーっと身体と自転車が前に移動していた。納車当日、車道は怖かったのでマンションの敷地内だったためグングン漕いでいくということはできなかったけど、それでもペダルにかけた力が「これぐらいの力でこれくらい回せばこれくらい進むだろう」という予測とか先入観の粋を大幅に超えてグインと進む感じ。

後日距離のある直線路を走ったときは、加速の際限の無さ、そして速度が落ちないことに驚く。ギアを重くしてぐんぐん漕げば、本当にどんどんスピードが出る。もちろんロードバイクでも色々な速度の壁はあるけど、ママチャリで必死にもがいて出すような速度には難なく到達するし、そのまま力を抜いてスルスルと漕いでいるだけで不思議なほどスピードが落ちない。

そして中高生の時に自分を苦しめた自宅近くの800mの坂道。標高差50m、平均斜度は約6%。中高生僕のママチャリ号は平地で勢いを付け一気に坂道に突入し、勢いが死ぬ前に立ち漕ぎへシフト。ふんぬ!ふんぬ!とペダルを踏みつけて頑張るものの、足をつくのはいつも3〜400mほどの地点。当時とさして体力も変わっていない、むしろ劣っているのではないかという現在の身体でそんな曰く付きの坂へロードバイク購入2日目にチャレンジを試みた。ギアを3番目くらいの軽さで坂道に突入するも、明らかにママチャリの記憶より足にかかる抵抗が小さい。とはいえキツくないわけではなく、ゆっくりゆっくりと進みながら限界に達するたびにギアを落としてく。残り300mでギアは使い切りゼェハァと息は上がるものの、足が限界かというとそうでもないらしい。気がつけば坂を上り終え、15年越しに忌々しいこの坂をやっつけた瞬間だった。しんどいことに変わりはなかったし、登る速度も小走りの方が速いだろというレベルだったが、大きな達成感は確かにあった。

以下まとめ。

◇ロードバイクは速く走れるのか?
→走れます。平地で無風ならド素人でもどりゃあ!ともがけば瞬間的に40km/hは出てしまいます。ママチャリだと結構頑張っているなぁという20km/hを維持することも難しくないです。

◇ロードバイクは長距離走れるのか?
→走れます。路面状況や風の影響もありますが、上記の通りド素人でも20km/hを1時間維持するのはそこまで苦しくないです。路面抵抗が小さく、速度の維持が比較的容易というのが大きいです。

◇ロードバイクは坂を登れるのか?
→登れます。理屈は平坦路と同じで、加えた力が素直にタイヤへ伝わりやすいということがひとつ。ギア数が多く、身体に負担の小さいギアを細かく替えられることがひとつ。そして一番大きな理由は車体重量がママチャリの15〜20kgと比べて約半分ということ。10万円以上のロードバイクなら10kg以下のものがほとんどです。軽さは正義。

上記3点は「まあ可能だよ」という話であって、楽かどうかというのはまた別の話。

-----

そんな感じで初めての人にも分かりやすく親切に魅力を解説したサイトでよく見かける「ママチャリとロードバイクは別の乗り物」だというのは正しい評価だったと実感しました。そのママチャリとは違う乗り物に10万20万出すかどうかは当然各個人の価値観によってくるけど、そりゃあ違う乗り物だと実感できていない状態だとなおのこと財布の紐は緩みませんですな。

結局は実際に乗ってみないとその本当の価値は分からない。体験せず価値が未知数のままに金を出す奴はバカ。だから自分を含めてロード乗りにはバカが多いのかもしれない。
posted by いなはる at 20:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

CAAD8に決まるまで

2015.5.28 追加記事
 →4ヵ月実際に乗り回してみての感想はこちら

--

さてロードバイクを購入する事への心積もりは遺憾ながらも完了してしまったわけですが、ここから決めなければいけないことが山ほどあるわけで。

まずはメーカーブランド。
これがもう信じられないくらいの数。ちゃんと調べたわけじゃないけど、多分100近いかそれ以上の数字だと思います。この中からよく売れていて(つまり信頼と実績があって)、日本で手に入れやすいメーカーに絞っても30社くらいになってくる。ネットで調べても書かれているメーカー特徴の意味が半分も理解できない。

エアロ……剛性……荷重配分……?

rikai.jpg


意味が分からないまま決まるわけもなく、社名の響きとロゴデザインで選んだメーカーのサイトを順繰りに覗いてみることに。「BIKE」のコンテンツを選ぶとROAD・CROSS・MTBの選択肢。「ROAD」を選んだら続いてRACE・ENDURANCE・TRIATHLON・CYCLOCROSS・FITNESS・PISTE…

もう何がなにやらです。お前らほんまに売る気あるのかと疑うほど。もっと初心者に優しくして欲しい。お試しに無料でプレゼントしてほしい。

その都度グーグル先生にご登場を願い、ざっくりと知識を入れていく。チャリ部先輩方はサイクリングロードや舗装された山道を走っているようなので、それっぽいやつに絞っていよいよ個別の車体を見ていく。

もちろん個別の車体も選びきれない数があって値段も10万以下から100万以上までピンキリ。まあ見た目は似ていても投入された技術や素材的な価格差だろうと無理矢理納得して、手が出せそうな価格帯を中心にチェックしていきます。
ヒャー!カッコイー!!と次々見ていくと車種によっては同じフレームなのに価格に数万の開きがあることに気付く。何やらコンポーネントとかいうものの違いらしい。ギアやブレーキなどの動作系統の総称らしい。これにもいくつかメーカーがあるらしい。それぞれのメーカーの中にもグレードがあるらしい。

すでに頭の中は混乱を極めていて、これ以上選択肢を与えられては脳みそが水信玄餅になってしまう。

img.JPEG
参考画像:水信玄餅


ここは一度、目的や予算を整理し、実際にショップへ足を運びプロの人からアドバイスを貰うのが賢い選択だろう。思い立ったら吉日とその日のうちにショップへと足を運びました。

ショップの店員さんに伝える希望としてまとめた条件。

・完成車とオプション、ウェア類全部込みで20万円以下
・目的は週末のロングライドを想定
・アルミフレーム

店内をぐるぐる歩き展示車を見て回りながら店員さんと話を進めていく。いやしかし実物はネットで見るよりさらにカッコイイ…。そしてめっちゃ格好いいやん!と目にとまるデザインのものは大体高額だったりして厳しさを感じる。
担当してくれた店員さんは名札の下に研修中のバッヂがあったことに目を瞑れば親切な方で、こちらの希望に添った車種をリストアップしてくれた。

・アンカー/RA6
・キャノンデール/CAAD8
・ジャイアント/TCR1、TCR2
・スペシャライズド/ALLEZ ELITE

これ以外にも予算オーバーの車種を提案してくれたけど鋼の意志でNO。これ以上よそ見をしても仕方ないと思い、この中から絞り込んでいくことにする。…と言いつつも、店に入って実物を見た瞬間にキャノンデールのカラーリングに心を奪われていたのです。個人的に好きなライムグリーンがイメージカラー、そしてレーシーなデザイン。店員さんからも『正直この価格帯だと初めての人ならそこまで違いを感じないし、デザインで決めた方が愛着が持てていいですよ』とのアドバイス。

じゃあキャノンデールのCAAD8で!とオーダーしようとしたところ、モデルによってカラーバリエーションが決まっているらしい。僕が最初に見て「これだ!」と思ったデザインのモデルはひとつ上のグレード、CAAD10に105というコンポを積んだもので、お値段20万円也。オプションも数万円かかると考えたら流石に厳しい。
CAAD8はというと、同じく105を搭載したものと、ひとつ下のコンポ・tiagraを搭載したモデルがあり、それぞれ16万円と13.5万円。ネットの情報を見ると「コンポーネントは105以上にしておくと色々捗るよ!」との意見が多く見られたので前者にしようと思ったんですが・・・。

CAAD8 105
105.png

VERY GREEN(とても緑)。
用意されたもうひとつのカラバリは真っ黒。緑も黒も好きだけど、今自分が求めてるデザインはこれじゃない…。


比べてCAAD8 tiagraはというと。
tiagra.png

お?おお?
いいじゃないですか!最初にビビっときたCAAD10 105に似たカラーリングだし、黒と白の面積比が異なるくらいで見劣りするわけでもなく、ギュンとしたデザインがかっこいい!画像のように真横からのアングルだと黒の比率が多い感じですけど、実際には天地にあたる曲面に白やグリーンのライン、ロゴなどがいい感じに入っているようです!

ただしコンポはネット民おすすめの105に劣るtiagra。
性能・価格・デザインと3種のグレードにそれぞれひとつ欠けている要素があり、とてつもなく悩ましい…。

少し考えたいと一旦お悩みを持ち帰り、チャリ部の先輩に相談。「コンポよりホイール。tiagraで十分。そこで予算抑えられるならその分であとからホイール買った方が絶対に捗る」といった旨のご指導を頂く。ホイール?ホイールなら付いてるけど買うの?と疑問に思いながらも先人のアドバイスを真摯に受け止めることに。

と、かなり長くなりましたがそんな考えやアドバイスを辿り、キャノンデールのCAAD8 tiagraモデルに決定したのでありました。実際に乗ってみての感想などはまた次回以降に。

-----

ついでに完成車購入時に必需品として財布に細かいダメージを与えてくれた素敵なオプション品は以下の方々。
お店の方には悪いですが、ネットの方が安いのでそちらで済ませました。悩み抜いた本体とは違い、1年以上乗ってるチャリ部員からこれとこれとこれと指示されたので言われるがままにポチり続ける作業。高価なものには多少の使い勝手の良さがあるのでしょうが、とりあえずは困りませんでした。


定番のライト『ジェントス閃』

街灯のある夜道ならこれで十分。暗い夜道でも走れるようなライトは1万円とかしやがるので予算を考えると最初は厳しいかも。


ミノウラ ディスプレイスタンド

後輪のクイックを挟み込んで自立させるやつです。そのままクランクが回せるので掃除や注油のときは必須。


ミノウラ ディスプレイスタンド

でもこっちを買い足しました。さっきのやつはしゃがんで両手を使って挟み込む……とひと手間あるのですが、こちらは画像の赤いフックのところにステーをひっかけるだけなので楽です。掃除とかにはちょっと向いてないので上のやつと使い分けてます。


リアライト

携帯空気入れを兼ね備えた優秀な子です。


キャットアイ サイクルコンピューター

最初のサイコンとしてはちょっとお高いかも。速度、ケイデンス、距離(累積・ラップ)、時間などが測れます。
まあ自転車にハマってしまえばどうせGARMINに乗り換えるのでもっと安いやつでいいと思います(暴言)。


ヘッド拡張マウント。

サイコンやライトなどでハンドル周りのスペースが足りないときに活躍します。


携帯マルチツール

ちょっとした調整ならこれだけで足ります。色々なケースに対応できますが、ちょっと重たいのが難点かも。


携帯ロック

正直おまじないレベルなので本格的に盗難防止に取り組むならお勧めしません。コンビニで2〜3分離れる時用と割り切ってます。


裾留め

ロードバイクはチェーンがむき出しなので、普通のズボンで乗るならこういうのを使わないとめっちゃ汚れます。


フロアポンプ

ロードバイクは空気圧の関係ですぐに抜けていくのでこちらも必需品です。仏式バルブ対応ならなんでもいいと思います。


CO2ボンベセット

外出時のパンク用で、一瞬でタイヤ1本分の空気が入る。携帯ポンプでMAXまで空気を入れるのは死ぬほど大変。

-----

遅くなりましたがしばらく乗り続けての感想はこちら。
posted by いなはる at 18:17| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

転がり落ちるときは一瞬

〜前回のあらすじ〜
肉体的にも環境的にも志向的にも運動とは無縁な僕の周りでロードバイクがにわかに流行り始めて…!?

--

「こんな奴がロードバイクをはじめるわけがない!」と大きく前フリををしたために、なにか劇的なきっかけがあったのでは? と期待されているかもしれないけど、先に書いてしまうと特にそういったものは無かったです。

--

こういう何かを振り返るときにtwitterへの継続的な投稿が便利だったりする。というわけで当時のツイートを拾い上げながら心境の変化を追いかけてみたいと思います。

2014年12月19日
“来年こそ二輪免許とってバイクほしいと思ってたけど周りでロードバイク趣味の人が増えたからチャリも気になるので間を取ってセグウェイ買いたい。”


思ったよりも年の末よ。前回の記事のとおり、耳にすることが増えたロードバイクに興味を持ち始める。ネットでも情報を集めるようになるけど、まだまだ浅いところしか見ていなかったのでロードバイクよりクロスバイクの方が普段乗りにも使いやすそうだし買うなら価格的にもクロスかなぁくらいに考えていた。


2014年12月21日
“なんとなく食わず嫌いしてたハイキューと弱虫ペダル計30冊GEOで借りてきた。”


たまにGEOなどでレンタルコミックを利用するんですけど、関心が高まっていたロードバイク関連の漫画ということで弱虫ペダルを借りてみる。もちろんタイトルは知っていたけど、腐女子の間での人気がすごいということと御堂筋くんの顔とキャラが凄いくらいの知識しかなかった。

<参考:御堂筋くんが表紙の弱虫ペダル16巻>
51O65KpHGSL.jpg


2014年12月21日
“弱ペダもハイキューも面白い…BL漫画だと思って舐めてた。”
“弱虫ペダル一気に20巻まで読んだけど遅れてた人が合流するシーンで大体ボロボロ泣く。”
“チャリ部初期費用が2〜3万なら弱ペダ読んだ勢いで始めてたと思う(お金は大事)。”


弱虫ペダルの面白さにビックリしつつ、一気にロードバイクへの関心が高まっている頃。とても影響されやすい。とはいえ、この頃にはロードバイクの値段の相場も理解し始めていたので経済的な理由がブレーキになり最後の一歩が踏み出せない様子。ついでに言うとロードバイクとクロスバイクの違いも大方分かり始めていて、誘ってくれた人と一緒に乗るならロードバイクという絞り込みも済んでいた。

経済的な理由を盾に購入を踏みとどまる僕。ここで少しツイートを遡ってみる。

2014年12月10日
“ボーナスをもらった僕”

B4eyEgiCQAA1AV_.jpg

2014年12月21日
“雑に散在したい。”


・・・。

2014年12月23日
“完全に興味の矛先がチャリになってるゾ。”
“今日一日「チャリほしい!」というアップな気持ちと「20万…」というダウンな気持ちが5分後とに訪れて内蔵がぐちゃぐちゃになってる。”


・・・・・・。

2014年12月24日
“はよ仕事あがってチャリ見に行きたい。完全に沼へ足突っ込んでる。”
“チャリ部に勧誘される→断る→あっさり引き下がられる→でもなんかチャリ部の人らは楽しそうにしてる→弱虫ペダル読む→バンダイチャンネルに加入する→チャリ調べ出す→チャリ部に相談する→購入を決意←今ココ”


--

結局その日のうちにスポーツバイク専門店へ赴き、その場で購入を確約する。こうやって見返すと21日からの畳みかけがすごくてどこからどう見ても軽率な人間にしか見えない(あってる)。よくある話で、調べていくうちにどんどん興味がわいてきて気が付いた頃には「買うかどうするか」ではなく「どれを買うか」に悩みの矛先が変わっていたのでした。

大して面白くない話で残念ですが、次は何故今回選んだ車種に決めたのかという話になると思います。
posted by いなはる at 23:33| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする