2015年02月22日

ゾンダとトレインの話

それにしてもロードバイクというやつは金のかかる趣味である。

車体本体はもちろん、その完成車と桁が二つ違うものの数千円の小物が大量に必要になる。とはいえ自分の場合、サイコンとかメンテナンス用品とかウェア類といった「無くてもとりあえず走れるけど、どうしても必要になってくる」オプション品ばかり。親指を立てながら沼に沈んでいくローディ先輩から見たら足湯レベルだと言える。
では本当の沼とは? と聞かれるとパーツの交換になって来るんだと思う。

ロードバイクはまず中心にフレームがあり、極端に言えばフレーム以外のパーツはすべて交換できる。外見上の分かりやすいところでいえばハンドルやサドル、ホイール、各コンポーネントなどなど。
このあたりは「必要」というか、交換すると「快適になる」「軽くなる」「空気抵抗が小さくなる」「力のロスが減る」という効果が見込める。つまりパーツ交換で車体性能をアップグレードすれば、巡航/最高速度が上がる(かもしれない)、坂が楽に登れる(かもしれない)のだ。
RPGで言えばオプションがどうぐ、パーツがそうびといった感じだろうか。

今回はその中でも最も交換による実感が大きいと言われているホイールのお話。

-----

ゼロカス買ったった
なんぼすんの
(バキューンバキューン)万円かな
……!?
それお前、俺とちむさんの完成車の合計より高いやんけ!
-----

とまあこのアルなんとかと言う人は極端にせよ、自分より3ヶ月ほど先に乗り始めている部員の一部はすでにロード沼にはまりつつあった。が、自分は初期費用が想定の1.5倍ほどにまで膨らんでいたし、ロードバイク自体まだまだ乗り込んでいない。鉄下駄に不満があるわけでもないので先の話だと考えていた。


はるちん俺のゾンダ買わへん?
いやだから俺はホイールはまだええよ
中古&友達価格で25000円 ※新品実売価格4万
………………いや、俺は
新品のコンチとチューブつけて35000円
買った

というわけでホイール&タイヤデビュー。
先ほどまで足首までだったのが、気が付けば太ももまで心地よい温かさに包まれている気がする。
ちなみにこの話の背景。最初に安い完成車へゾンダを履かせたドテチンが、3ヶ月で(バキューンバキューン)万円するビアンキの完成車を購入し、それにレー3が付いていたのでゾンダを流してくれたという経緯。自分が太ももまで浸かる少し前、この男は10mの飛び込み台からきれいなフォームで沼にチェレスティック・ダイブをしていたのだ。

※用語補足
鉄下駄…安めの完成車が履いている初期ホイールの総称。重い。
ゼロカス…フルクラムレーシングゼロカスタム。とても高い。
ゾンダ…5万円前後では人気のホイール。勝手に坂を登るらしい。
レー3:フルクラムRacing3。これも5万前後で人気のホイール。
コンチ:人気のタイヤ。コンチネンタルGP4000S2。最強。

-----

後日、2月7日(土)
早起きして淀川河口にほど近いドテチン邸へ自走。
彼の家というか自転車の家になりつつある部屋へお邪魔して、早速ホイール交換の作業に取り掛かっていく。ただ、ホイールを外して交換で終わりと言うわけでもなく意外と作業は多い。詳しい行程はそういうブログさまにお任せするとして、スプロケ枚数の違いなどもあるのでとりあえずバラす。ゾンダのスプロケを外し、CAAD8鉄下駄のスプロケも外してゾンダに移植。それぞれタイヤとチューブを外し、新しいタイヤとチューブに付け替えていく。
結局2時間半ほど悪戦苦闘の末に換装成功!ホイールデビューを果たすことになる。

そのあとちむさんとゴルさんと合流して淀川CRを走ることになっていたので、バタバタとお出かけの準備。自分は自走で来たし特に準備も無いのでベランダで煙草を吸って待っていると、ガラス越しの室内でカクテルを作るバーテンの様相でプロテインを混ぜるドテチンを目撃。クソ面白かったけど見なかったことにする。

-----

準備も終わり淀川へ。

思い込みもあるかもしれないが、ゾンダに換えて確かに漕ぎ出しは軽くなったような気がする。そのあと河川敷で土手まで短い坂を登る場面もあったが、ザクザクとダンシングで回すとこれまた軽くなっている気がする。いずれも気がする程度なのがなんともアレだが、実際数百グラムは軽くなっているので効果がないということはないだろう。

ちむさんと合流しそのまま淀川を遡上。ほどなく京都側から南下してきたゴルさんと合流。
鳥飼大橋あたりまでは車止めも多くその度に停車してモニョモニョと進むが、淀川新橋を越えた枚方エリアあたりから何かが開放される。

いつものように部員の後ろにピタリと付き、引きの恩恵に甘んじていると巡航速度がグングン上がっていき、打ち合わせをしたわけでもないのにトレインが形成される。巡航速度はグングン上がり、最大で38km/h、平均で35km/hほどの弾丸列車に。平地が得意なドテが5、次いでゴル3、ちむ・いな各1くらいの時間配分で先頭を交代しながら進むが、先頭になったときの空気抵抗がとんでもないことに。下ハンに持ち替え、足も使い速度を維持しようとするがどうしても32km/hくらいまでに落としてしまう。

ヒイヒイ言いながら4人でトレインを続けていたはずが、気が付けば何故か3回に1回先頭が回ってくるという不思議事件が発生。引いていた人が先頭を離れ最後尾に着こうとすると、先に最後尾にいるのはちむさん。

スッ…(3列目に1台分のスペースをを空ける)
まさかのトレイン拒否である。
と言いつつも自分も限界で、ほとんどドテチンとゴルさんに引いてもらい、直線コースの区切りと同時に即興トレインは終了。心肺は悲鳴をあげ、とんでもなくキツかったけど、自分ひとりでは出すことのできない巡航速度で走り抜けるのはなかなかの快感。地力が底上げされて、もっと継続できるようになったらより楽しいかもしれない。

それにしても始めての嵐山進軍から1ヶ月ほどしか経っていないが、我ながら確実に強くなっていた。元のステータスが全項目ともに1だったので増えた分が分かりやすいというのも大きいが、前回なら確実にこのトレインには付いていけなかったと思う。

そのあとは御幸橋まで進みコンビニで休憩。ゴルさんとはそこで別れ、大阪組は元来た道を南下。自分は豊里大橋で別れを告げ、国道や府道を乗り継いで箕面市まで。そういう車がバンバン通る道が大の苦手なので、ちょくちょく裏道に入ってはみるが基本的には裏目に。
箕面から淀川まで直線で信号が無く車が通らず路面が綺麗な道を作って欲しい。

お疲れ様でした。

-----

↓参加しています↓
初心者ロード乗りのブログはブログ村で!
posted by いなはる at 20:32| Comment(0) | 機材・グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

自転車用財布 三代目

ロードバイクに乗るときはできる限り荷物を削るんだけど、その中でどうしても削れない財布というのがなかなかのくせ者。現金はもちろん必要だし、念のため保険証・免許証も携帯したい。かといって色々入る普段使いの財布はサイクルジャージのポケットに入れるには少々ゴツい。

さらにジャージは乗っているうちに蒸れるという域を通り越して濡れてくるので、お札も入れるなら防水機能も必要になってくる。レジのお姉さんにビショビショの1000円札を渡すのはとっても恥ずかしいのだ。

小さくて、薄くて、軽くて、お札と小銭とカードが収納できて、防水の財布が欲しい。できれば見た目もいい感じのやつが欲しい。

そんなわがまま自転車マンの希望を叶えるためにネットで色々調べた結果、見つけたのがCHUMS(チャムス)のコインケース。

chum1.jpg

2000円と一瞬迷う値段だったけど、CAAD8ちゃんと同じブラック×グリーンがあったので気がついたらポチっていた。
素材はナイロンで、人さまのブログを見る限り汗をかいたり小雨が降っても中のものが濡れたりはしない様子。

chum3.jpg

ファスナーポケットは裏と表にひとつずつ。片方は中に仕切りがあるので、こちらにカードとお札を入れて、反対側に小銭を入れると良さそう。

chum2.jpg

嬉しいのがキーチェーンが付いていること。しかもこれ、リングが鍵と一緒に内側へスルっと収納できるのでチャリチャリすることも無さそう。

chum4.jpg

大きさは一般的なカードより一回り大きいくらい。ジャージのポケットからはみ出ることもなく余裕で収納できるサイズ。

まだ実際には使ってないけど、希望した条件は一通りクリアしてるのでとりあえず満足。色も気に入ったしロゴのペンギンもかわいい。今後は貴重品をこいつにまとめてサラサラのお札も出し放題だぜ。


(チャムス) CHUMS Eco Key Coin Case (ナイロン キー コインケース) CH60-0856
残念ながら自分が買ったカラーは並行輸入品らしくそのまま品切れになってしまったので、今でも手に入る同タイプの商品へリンクを貼っておきます。こうやってみるとカモフラ柄とかもかわいいなぁ。

ちなみに記事のタイトルで三代目となっていますが。



chum5.jpg

二代目。
100円ショップで買ったビニールケース。まあ実際これでも問題ないと言えば問題ないんだけどね。スマートに決めたいというか、自己満足的な、ね。



chum6.jpg

初代。
スーパーでパックの肉とか買ったときに使う薄いビニール袋。極論を言えばビニールケースどころかこのビニール袋先輩でも十分なんだけど、流石にコンビニでビニール袋からお金を出すのは恥ずかしいというか人としての尊厳がヤバい。気のせいかレジの人に哀れみの目で見られてた気もする。

レッツ!素敵な財布で素敵なロードバイクライフ!
posted by いなはる at 22:15| Comment(0) | 機材・グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

納車後1ヶ月ライドまとめ 3

1ヶ月分のライドレポをまとめて今日に追いつくゾ!
その1
その2

-----

2月1日(日)
悪夢の京田辺行脚翌日。
例によって予定もなく、回復走でも洒落こもうとまたしても万博外周へ向かうことに。しかし何だかんだで納車してから毎週末に自転車乗ってるわけだけど、逆に自転車を買うまで何をしていたんだろう。記憶を引き出してもパソコンのモニタと天井の映像しか出てこない。健全になったものである。
地元の知った道を通って万博方面へ。しかしまさかというか予想通りというか、家から5kmも走らないうちに左膝に激痛が走る。こらあかんと早々に折り返して帰宅。痛みに耐えながら自宅近くの坂道を登る。やはり坂は敵だ。

走行距離:11.1km

-----

2月2日(月)
元々予定があって有給を取っていたが、そちらがポシャったので一日フリー。これはせっかくだし自転車に乗らなくては!と朝からいそいそと出かける。
正直昨日の今日なので膝にかなりの不安はあったが、昨日の帰宅後と今日の出発前に十分なストレッチをし、グイグイと屈伸をしても問題なさそうだったので箕面、そしてもう少し先の豊能町あたりまで攻めてみることを決意する。大丈夫、今回はバンテリンという強い味方もいる。

勝尾寺から入るのは不安があったため、もう少し東にある彩都という山を拓いて作られた住宅地の方から箕面・茨木の山に突入。彩都周辺は道も新しく、通勤時間も過ぎているため交通量が少ないのでなかなかに快適。ただ住宅が広がっているとはいえ、山の麓には違いないので緩い傾斜が続く。そのまま110号線から43号線に入り北上。今回は最終的に勝尾寺西側の423号線を下って帰る予定。それぞれ南北に走る43号線と423号線を東西に繋ぐ道が何本かあり、どの道で折り返すかで距離を調整できそうだ。今回は忍頂寺を超え、見山郵便局のある109号線へ移るコースを取る。民家がポツポツと連なる田舎道で、冬の田畑がいい雰囲気を出していた。時おり進行中のルートから逸れたところにとんでもない斜度の農道が視界に入るが、見なかったことにして進む。
そのまま423号線に突き当たるので進路を南に変え、帰るルートへ。豊能町役場を通り過ぎ、今度は4号線に入る。この4号線、駆け出しのローディにはなかなかエグい。後から調べると斜度6%強、距離2kmと勝尾寺東側には劣るものの帰り道にはかなりこたえて息も絶え絶え。
フラフラになりながらも足つきなしで登り切るも息は完全に上がりきり、登りは終わったというのに酸素が足りないのか頭の中が真っ白になった状態から帰ってこない。

yoku.jpg

気が付いたら気が付いて、何があったのか良く覚えてないけど高山公民館を越えた辺りからご褒美のダウンヒルタイム!キツいカーブもなく、ブレーキ握りっぱなしになるほどの傾斜でもなく、ちょうどいい感じ。高速ダウンヒルはまだまだ怖い自分にとっては気持ちい下りが楽しめ、晴れた気分で帰宅。膝も違和感こそあったものの、激しい痛みにはならなかった。バンテリンさまさまである。

走行距離:41.4km
累計標高:1217m

-----

2月7日(土)
この日も自転車に乗ってるけど、ライド以外のこともあるので後日投下予定。

-----

2月11日(水/祝)
相変わらず予定もないのでこの日も山へ。前の晩は夜更かしをして昼頃までお布団を堪能するというのが休日の正義だったはずが、わざわざ早起きをしてまで運動をしに行くとは、自分のことを知る人ならにわかには信じられない変化だと思う。
2日に豊能方面まで回ったときに余裕とは言えなくても限界という感じでもなかったので、距離を伸ばし60kmほどでコースを考える。ルートラボでこのあたりのルートを探してみると、嵐山へ淀川CR沿いではなく山経由でも行けるらしい。ただ嵐山まで行くと往復100kmほどになりそうなので、豊能の山を抜けた亀岡盆地まで出てから引き返すコースに決定。
先述のルートラボでコースの起伏が確認できるのだが、山コースとはいえ山と山の間を通る道なので、高山公民館のあたりをピークにそこまでえげつない傾斜はない様子。ただ、少しずれた道に入ると峠を攻めまくることになりそうなので経路を慎重に確認しておく。山は気を抜いたら殺される。

そんなこんなで8時には出発。
スタートは下りを経験済みの43号線、勝尾寺西側を登るルートから。先日の記事でも書いた通り、明らかに西側の方が(比較的)楽だった。東側同様に6%とか7%の傾斜はあるものの、平坦になる区間が本当にありがたい。短い距離でも足と心肺が大分休まるし、精神的にもかなり救われる。
それでも基本的には坂なのでヒイヒイ言いながら登っていると、車道の両脇に紅葉の名所としても有名な箕面大滝の駐車場が広がる。こんな季節でも観光客が何人か車を停めていた。そして人の数以上に目立つのは猿の数。紅葉とセットで有名な箕面の猿がギャーギャーと鳴いては我が物顔であちこちに居座っていた。街中ではなかなか見られない光景に笑いと癒やしを貰うが、できればあまり近づいてきて欲しくない。彼らは結構凶暴なので襲われないように(小さい頃に襲われた思い出がある)大きく避けるコースを取って駐車場を抜けていく。

そこから少し行くと交差点があり、まっすぐ進むと勝尾寺方面へ続き、左に曲がると高山公民館・豊能町方面に向かう4号線。今回は後者の道に入って北上。豊野町役場の少し先にあるファミリーマートで最初の休憩をとっておく。何よりここで休憩しておかないとこの先はどこに補給ポイントがあるか分からないし、結果から言うと亀岡まで行って帰ってくるまでの30km強でコンビニは一件もなかった。

休憩を終え、先日の帰り道に使った109号線との交差点を通過しそのまま423号線を北へ。ファミマのあとは3kmほどは登りだが、あとは下り基調で気持ちよく進み、亀岡盆地へ。田畑と民家が広がり、つかの間の平坦区間に心を休める。身体も休めたかったが、先述の通り適当な店がない。開いているのか怪しい食堂は見かけたが、さすがに入る勇気もない。気がつけば折り返し予定の交差点に辿り着いたので、右折し407号線に乗り換えて南下&復路へ。

盆地の居住区を抜けると、分かってはいたけど登り。そりゃあ下って盆地に入ったんだから帰りは登るよなぁ…。一気に登り切ってしまいたかったが、疲れも出始めている。休憩を取ろうと思うものの山道なので中途半端に自転車から降りてもなぁと困っていたら、ドライバー用の休憩&駐車スペースがあったのでそちらに逃げ込む。自販機もなくベンチがあるだけの休憩所だったが、補給食と水分を摂りつつ身体を休めてサクっと再出発。そのまま盆地を抜ける坂は登り切り、道の名前が46号線に変わり途中で43号線へ右折。スマホで地図を確認すると、この先に清阪峠という場所があるらしい。

峠…正直今日はもう関わりたくない地形だが覚悟を決めて進んでいく。道が一車線になり、車同士ですれ違うのが厳しいほどの道幅。舗装こそされているもののあちこちひび割れたり穴が開いていて、落ち葉や砂も積もり放題。ガードレールもなくロードバイクよりMTBが似合うような道をパンクに気をつけながら進んでいく。しかし峠と名前が付いているものの、記憶に残るような傾斜もなく、荒れた道にビビっているうちに峠は終わり綺麗な舗装路へと戻っていった。

続けて進むと忍頂寺の交差点を通り、逆向きだが先日通った道だと思い出す。直進すれば彩都方面だが、今回は勝尾寺の方へ戻るので次の信号で右折。清渓小学校の横を通るのだが、ここがなかなかにえげつない斜度。10%弱ほどはありそうな坂をスーパースロー映像を地で行く速度で登る。一旦傾斜が落ち着き、一息ついたかと思うと視界の脇に黄色い道路標識。

12.jpg

oh…。
登る前から心が折れるものの、京田辺のラスボスを倒したという自負から、全身から発せられる警告を無視してとりあえず突っ込んでみる。
が、あっさり足つき。京田辺は車もなく後ろを気にせずフラフラと登れたが、今回は車を気にしながらまっすぐ登る必要があったからだね。仕方ないね。安全が第一だからね。
ルートラボやstravaだと数km〜数十kmの平均斜度は分かるけど、こういうひょっこり現れる数百mの激坂は見落としてしまいがちなので怖い。誰だ高山公民館をピークに大した坂がないとか言った奴は。

結局この激坂が本日最後の登りで、残りの下りを敗北感に支配されながら帰ることに。お疲れ様でした。

走行距離:61.4km
累計標高:1934m

-----

2月14日(土)
この日はゴルさんと二人で箕面の山を登ろうという話だったが、前の晩に天気が荒れまくり。朝になりカーテンを開けたところ一面雪化粧だったので、自宅を出る前だったゴルさんに連絡を取り中止が決定。カーテンを勢いよく締めて布団にゴールスプリントを決める。

昼前に目が覚め、天気は回復。というかこの時期にしては日差しも暖かく、少なくとも自宅前の雪は完全に溶けていた。例によって代わりの用事もなく(毎回書いていて悲しくなる)山の方もある程度は溶けているだろうと準備を済まして出発。
時間も遅くなってしまったので、前日にゴルさんが設定したルートをアレンジして、野間の大ケヤキという天然記念物前のコーヒー屋さんに寄って帰ってくるというプランを設定。

早すぎる時期に挑戦して完全敗北した勝尾寺東側、西田橋から登るルートでスタート。相変わらずキツい斜度が続くがダンシングにも大分慣れ、使う筋肉を分散させながら急がずに登っていく。前回足をついた交差点もそのまま通過し後半へ。斜度が落ち着く区間で足を休めて、勝尾寺が見えると同時に現れる激坂に挑む。相変わらずの体重全乗せダンシングで何とか乗り切り、足つきなしでクリア!前回の30分から(足つきの休憩込みなので比較にならないが)、10分短縮の20:06という記録。ちなみにstravaのランキングを見ると1位の人は11:52。使用車はヤマハのビーノ辺りだと思う。

勝尾寺を後にし、4号線に入り、高山公民館と豊野町役場の前を通り、いつものファミマで休憩。そこから423号線を進めば亀岡方面へ進むが、今回は左折して605号線で西方向へ。

3文字目にあの忌まわしい字が入っている野間峠が現れる。清阪峠の傾斜がショボかったので、ひょっとしたら今回も…?と淡い期待を抱くが、最初から5%はある傾斜が徐々にキツくなる。先が見えないカーブがあり「ここで終われ!」と念じて曲がった先に現れたのはこちらを嘲笑うかのようなTHE・激坂。斜度は余裕で10%を越え、体感的には13%程度。さらに距離は2〜300mほどあり、カジュアルに絶望を味わいたい方にはお薦めなスポットだ。
「ほんまに登るんか?」と自分に問いながらも体重全乗せダンシング。集中を切らしたらバランスを崩して倒れそうな速度で進み、なんとか足つきなしでクリア。短いトンネルを抜け、そのまま野間峠を境に4号線になる道を下っていく。

普段なら下りはご褒美だが、この日は雪融け後で路面はビチャビチャ。さらに九十九折りが続くので速度も出せずあまり楽しくない。ゆるゆると結構な時間を下りながら、今日のコースは同じ道を折り返すということを思い出す。下れば下るほど帰りの坂が増える…これ以上は下りたくない…。
言ってる間に山を抜け、田畑も広がる閑寂な住宅エリアに。そしてすぐに目的地の巨木、野間の大ケヤキと相まみえる。

ケヤキのすぐ側にあるという「ありなし珈琲」という店を探すが見当たらない。よく観察すると、人が二人入れるかという小屋。雨風に晒された案内板には「冬期休業のお知らせ」。無言で自販機の缶コーヒーを買い、SOYJOYを頬張る。しょっぱい。
大ケヤキは確かに大きかったが、特にオンザライドするようなアトラクションでもないの「でけー」の感嘆を飽きるまで漏らして元来た道へ。

野間峠西側である。東側が腹筋を突きぬけ鳩尾に刺さるヘビーな一撃だとしたら、西側は重めのジャブをひたすら打たれる感覚。西側は距離が2倍ほどあるので傾斜が緩くなりそうだが、後から調べたら大ケヤキのほうまで深く下っているので決して緩くない。平均で7.5%の傾斜、距離にして3kmという勝尾寺東側より殺しのライセンスが上級だった。結局残り500mほどで足つきという結果に終わる。ありなし珈琲で美味しい珈琲が飲めたら登れてた。俺は悪くない。

さてあとは帰るだけだと423号線に戻り、左に曲がれば最後の登りになる4号線南行きに入る金石橋交差点に到着。ふと後ろを見ると、そこは妙見山入り口。

「ふむ、妙見山」

何をとち狂ったかヒルクラおかわり、まさかの妙見山アタックを敢行。妙見山といえば北摂山系の中でもそこそこ上位の標高で、山頂へはケーブルカーの運行まである。ていうか山自体が信仰の対象になっていて、山神そのもの。神への挑戦である。
「まあ帰りの途中だし、キツかったら折り返して下ればいい」と物は試しに上り始める。分かりきっていたけどこれが間違いで、のりりん6巻の例の思考回路にハマる。

niri6_1.png

niri6_2.png

傾斜としては野間峠の西側と似たりよったりという感じ。あくまで体感だが12〜13%のような激坂がないのが救いかもしれない。しかし長い!地図上で見るとそんなに長い距離には見えないが、かなりグネグネと曲がりまくるので実際には7km弱。進めどもゴールに近づかない感覚は本当に辛い。
が、下調べが甘かったというのが幸いし、7割登ったあたりからまさかの緩い下り坂に。思わず声が出るほどの快感に包まれ、しばしの天国を味わう。最後はまた1kmほどキツめの登りになるが、下りでだいぶ休まったのとゴールが近づいているという高ぶりから何とか足をつかずにフィニッシュ!地獄と天国と地獄を見た妙見山だった。
ちなみにゴールは山頂の少し手前で、本当に頂まで行きたかったらケーブルカーを使うかオフロードを走るしかないという、なんともしっくりこないオチをその場にいた先輩ローディから聞いた。あたりも木々が立ち込めていて絶景みたいなのも無かった。かなしい。

ヘロヘロになりながらも今度こそまっすぐ家に帰りました。お疲れ様でした。

走行距離:64.8km
累計標高:2890m

-----

ひとまず1ヶ月のまとめ記録はここまで。

チャリ部から「山好きになってきてるやん」などとからかわれるが、それは間違いだ。調子に乗って平地を見下している山を俺のような貧脚素人が登ってやることで、山の連中のプライドをへし折り、自分達の無駄に高い標高を悔い改めて自ら地殻変動を起こして平地になっていくという素晴らしい未来像があるのだ。

▽ブログ村 ロードバイクランキングに参加中▽
button.png

posted by いなはる at 22:59| Comment(0) | ライドレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする