2015年02月16日

1ヶ月目の用語集

ロードバイクに関する記事を書いてはいるものの、どうしても特有な言葉や言い回しが出てくるのでその説明です。
大体ロードバイクをはじめて1ヶ月もすれば一度は耳にする単語なので、自分なりに噛み砕いてお伝えします。パーツの名前などは自分も覚えてないので各自調べてください。

-----

ロードバイク

ぼくたちわたしたちが乗っているカッコイイ自転車のこと。ママチャリとはちょっと違う。軽くて速いけど色々なものを犠牲にしている。自転車のくせに10万とか50万とかとんでもない値段だけど、慣れるから大丈夫。ロードレーサーと呼んだりもする。

ローディ

ロードバイクに乗ってる人。ロード乗り、自転車マンとも。街中や山道でヘルメットを被って走っている人たちのことで、レースに出てる人のことはローディと言わず選手とかレーサーと言う。ロードレーサーは乗り物、レーサーは乗る人。

平坦

傾斜の無い真っ平らな道のこと。川や湖、海沿いの道に多い。

人が足を踏み入れるべきでは無い神聖な場所。山に入るということは重力に、ひいてはこの世界を創造した神に逆らうということ。

斜度/傾斜

距離に対する高低差の割合。100mの距離で5m坂を登ったら斜度5%ということになる。斜度が10%を超えると多くの場合は死に直結するので、どうしても山を登りたいのであれば2〜3%までに留めておくのが安全である。

ヒルクライム

街中の坂や丘、そして山を登る愚かな行為。重力に逆らうため身体への負担はとても大きい。車やケーブルカーがあるならそっちを使った方がいい。

ダウンヒル

下り坂を走ること。漕がなくても勝手に自転車が進むという夢と幸せを詰め込んだ宝石箱。ヒルクライムで死を見た後のダウンヒルは中途半端なオナニーより気持ちがいい。

クライマー

神をも畏れない愚かな人種。平坦より山を得意とするがその実、平坦での加速も速度もイマイチなパワー不足のもやし。

スプリンター

平坦を好み平坦を愛する人の本来あるべき姿。平坦、特にゴール前での加速に優れるがその実、山が登れない筋肉ダルマ。

アタック

レースで集団走行の中から飛び出し勝負を仕掛けること。週末ローディには関係がなさそうだが、無意味なアタックは珍しくない。

アウター/インナー、トップ/ロー

ギアの重さのこと。フロントの重いほうがアウターで軽いほうがインナー。リアでは重いほうがトップ、軽いほうがロー。アウター×トップではペダルを回すのに力が必要だが、少ない回転数で進む。逆にインナー×ローの場合ペダルはとても軽いがたくさん回さないと進まない。基本的にアウターで山を登るのは妖怪なので見つけても目を合わせてはいけない。

ケイデンス

1分間あたりのペダルの回転数。ケイデンスが60なら1秒に1回転させていることになる。90で頑張ってる人に「あと30、上げれるか」などの要求をすると、最悪の場合罪に問われる。

シッティング

ママチャリでいう座り漕ぎのこと。サドルに腰を預けるのだが、あまり体重を乗せると尻が削れるので注意が必要。

ダンシング

対して立ち漕ぎのこと。さまざまなテクニックが存在するので力任せに踏み込むと太ももが乳酸菌で破裂する。休むダンシングと呼ばれるものもあるが、疲れるものは疲れる。魔法は存在しない。

足つき

ヒルクライムの途中で山に敗北し、足をついてしまうこと。そもそも山を登るという行為自体が狂気の沙汰で、足つきは決して恥ずかしいことではない。横を鼻で笑いながら追い抜いていくローディがいたら、山以外にとりえのない無職童貞なので広い心で許してあげよう。

引き/トレイン

ロードバイクは想像以上に風の抵抗を大きく受ける。二人以上で走るときに、前の人を風除けにして走るのが引いてもらっている状態。また、そのように縦列になって走る集団をトレインと呼ぶ。大きく恩恵を受けることができるのは平坦を高速巡航しているときで、強いクライマーが先頭にいたところで後ろに続く平坦屋が坂を能力以上に登れるなんていうのはファンタジーである。

千切る/千切られる

集団について行けず、大きく引き離されること。少しでも離れてしまうとトレインから外れてしまい、さらに距離が開くことになる。ロードバイクの世界に誘いつつ、初心者を千切る人間はクズもクズなので今後の付き合いを考えたほうがいい。

輪行

遠征先で走るときや、仲間との集合場所まで自転車を専用の袋に詰め、電車などで目的地まで移動すること。公共交通機関を使うならもう自転車とかよくない?などと言ってはいけない。

posted by いなはる at 21:19| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

納車後1ヶ月ライドまとめ 2

最近まで溜まりに溜まったロードバイクのレポをざっくり記録して消化していく記事の第2回です。

-----

1月24日(土)
2週連続でチャリ部と予定が合わなかったので、一人でそこそこの距離に挑戦してみる。
先週と同じく猪名川を下る方法でも良かったけど今回はちょっとした目的が。今後チャリ部と集まって走るときに毎回車が使えるわけでもないし、面倒くさいので輪行はしたくない(輪行:自転車のタイヤを外して専用の袋につめ、電車などで移動する手段)。なんとか楽に自走で淀川まで行けるコースはないかと調べたところ、箕面の中心部も流れる千里川沿いにそのまま猪名川に合流する道があることが分かったのでそちらを試すことに。
というわけで今回は、箕面〜千里川〜猪名川〜神埼川〜淀川〜大川とCRを乗り継ぎ、JR環状線の桜ノ宮まで行って折り返してくるルートを慣行。

走ってみての結論、千里川は今後無しという方向で…。
まず道の状態があまり良くないし、サイクリングロードというわけでもなく地元の生活道路といった感じ。さらに途中から車も走れる道になり、見通しの悪いカーブも多くスピードを出すのが危険。ママチャリでゆるゆると走るなら問題はないけど、ロードバイクで快適に走れるかというとなかなか厳しい。
そして猪名川との合流も分かりづらく軽く迷子に。遠回りになるけど最初から猪名川を下ったほうが気持ち的にもだいぶ楽かな、と。

猪名川以降はちゃんとしたサイクリングロードで"道は"快適。しかし時おり強風に見舞われ、一人で向かい風の中を走る辛さを改めて実感する。さらに淀川に入ったあたりからまたしても左膝に違和感が生まれ、桜ノ宮につくころにははっきりとした痛みに…。何も目的地、つまり家から一番遠い場所で発症しなくてもと嘆きつつ、帰らないわけにも行かないので長めの休憩を取り復路へ。
ひたすら膝の痛みに顔を歪めつつ、風に煽られ、ハトの大群に襲われたりしながらゆっくりと復路を走り続ける。距離にして約40km、痛みを抱えつつ走るのは本当に辛いというか、自転車に乗ってても全然楽しくない…。これはちょっと本格的に原因を探ったり対策をしないといけない。
それでもなんとか自宅までたどり着き、本日のライドは終了。

走行距離:85.0km

-----

1月25日(日)
先日の嵐山100kmのように「膝が痛くて寝返りがうてない」「次の日も動きがリハビリ患者」といったレベルまでにはならず、一晩寝たら普通に歩いたりする分には問題なさそうだったので、様子見がてら回復走に出かける。激しい運動をした後は完全に体を休めるよりも、適度に体を動かしたほうが乳酸が散り、結果として早く回復するというアレです。
初心者走行会でもお世話になった万博外周を適当に回ろうと昼から出かけ、ゆるゆると負担にならないように走っていく。しかしこの万博外周、車道と自転車道と歩道ときっちり3つのレーンで分かれていて、1周約5kmとそこだけ聞くと快適そうに思えるがそんなことはなく。自転車専用といたるところに大きく書いているのに守らないランナーが多いし、横に広がって走る部活かなにかの集団も目に付く。車の出入りのための信号も4箇所くらいあって、それこそ回復走でゆるゆる走るくらいの目的でなければあまり使えそうにないというのが実態。今後大型の商業施設もできてさらに人が増えたらもうお世話になることもないだろうなぁ。

なんて事を考えていると「バツン!」という大きな音が響く。何か落としたかな?と自転車を降り来た道をざっと見てみるが何もなく、手元の荷物も揃っている。関係なかったか、とコースに戻ろうとしたところで違和感に気づく。

「パンクだ!」

ロードバイクは遠くまで早く走れるという性能を特化させた犠牲に、色々と弱点もあり、パンクもそのひとつ。そういう前提があるので、ロード乗りは替えのチューブと携帯ポンプを常備している。しているのだが、初めてのパンクがソロのときに起こってしまいなかなかの絶望感に襲われる。
とはいえ今回も家から一番遠い場所でのトラブルのため押して帰る選択もできず、YouTubeでみた動画の記録を引っ張り出しチューブの交換に挑戦していく。
道行く親子連れの子供に指を指されたりしながらも意外にも難なく交換は完了。「パンクは連続して起きる」という迷信にビクビクしながら道の段差や穴に細心の注意を払いながらさっさと帰ることにしたが、またしても膝の痛みが発動。今回は10kmほどしか走っていないので良くないパターンに入ってしまったのではないかと、帰宅後に新しい替えのチューブをポチってから膝について調べまくる。

走行距離:21.5km

-----

1月31日(土)
こいつらについて行くとろくな事にならない、そんな疑念が確信へと変わったNESTの人と行く初級山ツアー。
なお初級とは部長のゴルさんの弁であり、そもそも信用していない。stravaというローディやランナー向けのSNSで見る限り、先日一人で行った勝尾寺&周辺の山間住宅街で26km/950m。今回のルートは京都南部の京田辺市から東側に向かい、伊賀と甲賀の忍者が小競り合いをしていそうなあたりまで行って帰ってくるというもの。

377bd26dcf363d56a8c01f9fe6d24013.png

距離にして91km、累計獲得標高が2600m。二度も足をついた勝尾寺の2.5倍登らないといけないらしい。

今回のコースでは大きな視点で山が3発あり、ラスボスが一発目に現れる。何を言っているのかよくわからないが、最初にラスボスが登場するということらしい。よくわからない
新田辺駅でゴルさんとアルさんと落ち合い、適当に準備をして出発。短い市街地を抜けるとすぐに田舎の風景に変わっていく。交通量もぐっと減り、気が付けばあたりも山と呼べそうな風景になるが、斜度はキツいところで5%といった感じ。緩く長い坂というのも経験がなく、ペース配分や出力もよくわからないので上手いこと感覚がつかめない。とりあえず息が上がりきらない程度に二人についていく。

「きたぞ」の声に顔を上げると明らかに雰囲気の違う坂の入り口が現れる。今までは山道とはいえ周囲も若干開けていたが、その入り口からは杉林になっていて、木々に遮られ急に薄暗くなり、ラスボスの「それっぽい」感じが非常に分かりやすい。

入って間もなく斜度がきつくなる。斜度の分かるサイコンを搭載したゴルさんが実況をしてくれるが、「8...9パー」と聞こえた時点ですでにインナーローでギアは売り切れ。さらに斜度はグっとキツくなり、12、13%に突入。もはやペダルを回すという動作がかなわず、ダンシングで引き上げた足に体重をかけ踏み倒していくような感覚に。歩いた方が速いような速度になりバランスもとり辛く、フラフラのろのろと登っていく。ふと周囲を見るとシッティングでキコキコと登っていくアルベルトが目に入る。どうやらあまりのキツさに視覚神経がおかしくなったらしい。
7割ほど登ったところでごくごく短くはあるが平坦に近い休憩区間。サドルに腰を落とし息を整えることに専念していると、またえげつない傾斜が現れる。さっきまでこっちの様子を見ながら併走してくれていたゴルさんが「この見えてる坂で終わりやから。ゆっくり登りや」と声を掛けるや否や、猛烈なアタック。10%以上はあるはずの傾斜を目を疑うような速度で進み、100mほど先を登っていたアルさんをもぶち抜き頂上へ。
なんじゃありゃぁ…。呆然となりながらも目の前の坂が無くなるわけはなく、体重全落としダンシングでヨロヨロと登り、なんとか足つきをせずにゴール。

コースは続くが、確かにラスボスと呼ばれるようにこれ以上の坂は無かったので残りは大雑把に。
その後、自走で滋賀方面から来ていたかみやんと合流し、開いているのかいないのかよく分からない中華料理屋でお昼。本日の第4の山とも言える大盛りチャーハンを攻略し、残りのコースへ。10%を超えるような坂は無いものの、胃腸からの悲鳴に絶えつつアップダウンのある道を進んでいく。途中でトンネルを越えると吹雪きに見舞われるという異世界感を味わいながらも2番目の山を攻略。途中で野生の猿が民家に侵入していく場面を目撃するなどのショッキング映像もありつつ、ここでかみやんとお別れ。最初の3人で残りの道&最後の山を越えていく。
登りもたいがいにキツかったけど、下りが完全に逆光&トラックの巻き上げる砂で視界が最悪。スリルドライブの夕陽ステージがごとくのスリル巻漂う中をひた走り、ゲームのように事故を起こすこともなく無事に新田辺駅へ到着。
お疲れ様でした。

走行距離:91.3km
累計標高:2600m

-----

その3に続く。

▽ブログ村 ロードバイクランキングに参加中▽
button.png

posted by いなはる at 22:37| Comment(0) | ライドレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

納車後1ヶ月ライドまとめ 1

タイトルの通りで。
なんだかんだで納車から1ヶ月以上が経ってしまい、今日までに色々走りに行ったりはしてるんだけど一回記事を書いてしまうと長文書きたい欲が満たされ、しばらく日が開いてしまうという悪癖があります。できれば自分でも感覚が新鮮なうちに書いてしまいたいし、レポ以外に書きたいものもあるので、一旦追いつくために今日までの記録をざっくり消化してしまうことにします。

-----

1月12日(月/祝)
坂は人類の敵、すべての道が平坦になれば世界は平和になるという思いから、自走で行ける範囲のサイクリングロードを開拓することに。大阪池田市と兵庫県川西市あたりから南に向かって流れている猪名川がどんなものかと見に行く計画を立てる。道中どうしても車道や生活道路を通らざるを得なく、まだまだ慣れていないため頻繁に歩道に逃げ込みつつ猪名川の呉服橋へ。

河川敷と堤防がそれぞれ自転車・歩行者のみ通行できるようになっているので、どっちを走ればいいのかよく分からなかったけどとりあえず最初に入れた堤防を下流へ進んでいく。堤防は橋のたびに車道を超える必要があったり、河川敷はところどころ砂で覆われていたり、それぞれ行き止まりになったりするので上手いこと上下を選ばないといけない感じで若干戸惑う。
遠くまで行くと帰りの心配もあるので園田競馬場のある中州まで進み引き返すことに。途中伊丹空港のすぐそばを通るので飛行機がかなり間近で見れるスポットもあり迫力がありました。それを目当てにしてるシャッターチャンス待ちのカメラな人も一部に固まってたり。

走行距離:40.6km

-----

1月18日(日)
自転車を購入した店で定期的に初心者走行会を開いているのでせっかくだしと参加。8名ほどが集まっていたけど、本当に買ったばかりの初心者を対象にしているだけあって装備にも妙な違和感。フラットペダルが多数派だったりサイコン付けてるのが自分だけだったりしているのに、ウェアはみんなガチな感じで。サイクルスカートは可愛いね。
ちなみに自分はレーパンやサイクルジャージだと逆に浮くかもしれないと私服に近い格好で行ったら裏目に出ました。

店のスタッフ2名が先頭としんがりを勤め、万博公園の外周まで行きまずは一周。そのあとに広場で8の字走行や急ブレーキを練習して、帰る途中でおやつを食べてお店で解散という、お店の初心者への気遣いが光る優しい行程だった。初心者を100km連れまわした人たちに聞かせてやりたい。
女子の参加者も多くいたけど、彼女らは彼女たちだけで連絡先を交換してさっさと帰ったようです。

走行距離:17.7km

-----

同日午後。
解散後に「100km経験者の俺にはちょっと物足りねぇな」と調子に乗りまくり、おかわりを考える。そこで目標に定めたのが北摂ローディの間では有名らしい「勝尾寺(かつおうじ)」。箕面の山の中にあり、勝つことに縁のあるお寺で、商売や受験の成功祈願から政治家やスポーツ選手までが勝てるようにと祈りに訪れるとの事。
挑むのはもっと先になると思っていたのですが、100km走破したり昔は敗れに敗れた自宅周りの坂もロードバイクなら登れたりしたので「時間をかければ行けるんじゃない?」と挑戦することに。
勝尾寺は西側浄水場から登るルートと、東側西田橋から登るルートがあるんですが、距離が短いという理由で東側を選択。これ、本当にどうかしてたというか頭の悪すぎる話なんですけど、ゴールが同じ標高なら距離が短いほうが傾斜がきついという小学生でも分かることに完全に気づいていませんでした。

katuo.png
▲東側から行くと酷い目に会うことがよく分かる図。

そのときの自分は気づかずにそのままスタート。平均斜度6%、距離4.4km。途中で一切平坦になることがなく延々と登り続けるという、数週間たった今登っても相当にエグい道のりをシッティングだけでひたすら登り続けます(まだまともにダンシングができない)。サイコンに表示される速度は頻繁に10km/hを余裕で下回り、最終的な平均時速は8.8km/h。インナーローでじわじわと登り続け、何度も足を突きたくなるけど、たまに車が通るので下手に降りる動作に入ると危ないという気持ちもあり、息が切れっぱなしのままペダルを回す。途中で勝尾寺に進む道と、さらに山へ入っていく道との三叉路にがあり、車が一時停車できるようなスペースがあったので「ここだ!」と勢いよく足を地面に接地。残念ながら初の勝尾寺挑戦は見事に足つきという結果に終わりました。

そのまま少し休憩し、後半戦に突入。そこからはそんなに距離もなく傾斜がゆるくなるところもあるので休憩後の今では余裕と思われたが、勝尾寺が見えたと思った瞬間、最後の最後に10%以上はありそうな斜度になり、ここでもいとも簡単に心が折れる。駐車場が近く車の出入りも多くそんなとこでフラフラと蛇行したら危ないからね。仕方ないね。

しばらく休憩して、そのままぐるりと回るように西側浄水場方面へダウンヒル。途中平坦やゆるい登りになるポイントがあり「これ西側から登ったほうが楽だったんじゃ・・・?」とこのときようやく気付く。

走行距離:25.8km
累計獲得標高:953m

-----

ざっくりするつもりがまた長くなってしまったので続きます。

▽ブログ村 ロードバイクランキングに参加中▽
button.png

posted by いなはる at 22:53| Comment(0) | ライドレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする