2015年02月28日

ガチで事故りかけた話

保険は入ろう(結論)

今日はチャリ部の人と淀川〜木津川を走っていたんですが、そこではまあ何もなく。夕方になり、豊里大橋で別れて自分は箕面まで約20kmを自走で帰ることに。

途中で片道二斜線・一方通行の車道を走っていたときのこと。


ziko.jpg
1.
長い下りで40km/h近くは出ていたと思う。信号のないT字路に差し掛かろうかというとき、左から車が来ていないことを確認し、そのまま直進しようとする。

2.
後ろを走っていた車が急加速&追い越しをしてきて、さらにそのまま左折しようとする。同時に歩行者が横断歩道を渡ろうとする。

3.
直前で歩行者に気づいた車が急停止。自分も完全に道を塞がれフルブレーキ。ギリギリでぶつかることなく、車は轟音を立てて走り去っていった。

まあこの車に思うところはもちろんあるし、一連の行動がどうだというのは自分が言わなくても伝わると思うので割愛。公道を走ってる以上、どんな時でも事故に巻き込まれる可能性があるということを勉強させられた。

他にもこの2ヶ月の間に危なかったことが2回。

ひとつは車道を走っていて前の車に続いて交差点を通ろうとしたら、反対車線の車が急加速で右折をしてきて真横から轢かれそうになったこと。教習所なんかでも良く出てくるケースだけど、前の車でこちらが死角になっていて、後続車が来る前に急いで右折しようとしてきたパターン。

もうひとつは生活道を走っていたら、わき道から犬の散歩中の人の犬だけが先行して飛び出してきたこと。リードが明らかに長かったよね。

とまあこんな感じで、保険には入ろう(結論)。

▽ブログ村 ロードバイクランキングに参加中▽
button.png
posted by いなはる at 19:32| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする