2015年03月08日

JSPORTSをお得に見れるかも? パリ〜ニース開幕

今週末の土曜日はあいにくの雨。なんとか天候も回復した本日はチャリ部のみなさんと亀岡までワイワイとヒルクラをしてきたのですが、そのレポートはまた明日以降にでも。

表題ですが、本日からパリ〜ニースが開幕します。

-----

パリから地中海のリゾート都市ニースを目指す“太陽へ向かうレース”パリ〜ニース!
フランスを舞台に全8ステージ、総走行距離およそ1200kmで争われる。
過去にはアンクティル、メルクス、インドゥライン、コンタドール、ウィギンス等、そうそうたるツール王者が勝利を勝ち取ってきた。
2014年はアーゼードゥーゼールのベタンクールがコロンビア人として初の総合優勝を飾った! 今シーズンのグランツール有力候補、そしてチーム勢力図が明らかになる!


-----

……とのことですが、近所の山でキャッキャしてるロードバイク歴2ヶ月、ロードバイクがどのようなものか正しく知ってから3ヶ月というのが今の自分。サイクルロードレースに対しての知識もなければ、正直に申し上げて現時点でめっちゃ楽しみというわけでもなく、そんなことより第三少女飛行隊最終話は無事に白箱をあげるのか、前川みくにゃんはCDデビューできるのか、という話のほうが10倍興味があります。

とはいえ当初の予定以上にロードバイクにハマっているのも事実で、当然プロのレースがどんなものかということにも興味はあります。チャリ部からの強要……もとい後押しもあって、このたびスカパー!のJSPORTSを契約する運びとなりました。

もちろんお金はかかるのですが思っていたより安く済みそうなので、契約を悩んでいる方への参考になればと自分の契約プランと割引についてどうなったのかお伝えしようと思います。

割引がない状態

前提として、ツール・ド・フランスをはじめ、今後のシーズンでロードレースを見れる分だけ全部見たいという人向け。アンテナは取り付け済みで、工事費などはかからない条件です。また、シーズン終了の10月まで契約する計算です。

・加入料
初回のみ3,024円

・基本料
421円/月

・チャンネル料
2,469円/月
ほとんどのロードレースはJSPORTS4で放送されるのですが、これを見ようと思うとJSPORTS1〜4の4チャンネルセットパックしかありません。こちらのパックが上記金額。

・合計金額
加入料 3,024円
月額料 (421円+2,469円)×8ヶ月
--------------------
合計  23,197円

とまあ、「うっ」となる金額になってきますね。自分もだいぶ渋っていたんですが、話を聞いてみるともう少し安くなりそうな気配。別にスカパーの回し者でもないし、一銭も手元には入ってきていませんが割引内容をご紹介します。

割引がある状態

・加入料
3月末まで加入料無料のキャンペーン中です。こういうのは一年中やってる気もしますが。

・基本料
こちらは割引無しでそのまま。

・初月チャンネル料無料
契約月はチャンネル料が無料になります。

・WEB割引
WEBで申し込むか、電話口で「アド街を見たWEB割引のバナーを見た」と言えば1,000円以上の引き落としがあるタイミングで1回のみ1,000円引きになります。

・チェンネルセット割引
JSPORTSのみの料金が2,469円ですが、これにスターチャンネル1〜3を足したセットにすると3,795円になります。が、4月末日までにこちらに入ると初回月額が半額の1,897円になります。今加入すると、3月は無料なので4月分が1,897円に。ミソなのが、チャンネルプラン変更に特に縛りがないこと。なので4月中に「JSPORTSのみに変更します」と電話すれば、5月からはJSPORTSのみの2,469円に変更できます。こちらはスカパー新規申し込みの方限定だそうです。

・合計金額
加入料 3,024円 → 0円
1ヶ月目 421円
2ヶ月目 421円+1,897円
3ヶ月〜 (421円+2,469円)×6ヶ月
WEB割引 -1,000円
--------------------
合計  16,974円
差額  -6,223円

いかがでしょうか。
個人的には当初の予定より大きく割引になり、サービスセンターのお姉さんの口車に正面から撥ねられたという気がしなくもないですが、加入してもいいかなと言う金額になりました。
というか昨日に「お試し期間が終わるぞカスさっさと契約しろ」という電話がかかってきて、最初は「WEBで申し込みますからいいすわー」と流していたのですが上記の説明を丁寧にされ、気が付けばクレジットカードの番号を読み上げる機械になっていました。

-----

話は冒頭に戻りますが、パリ〜ニースはこのあと22:10からJSPORTS4で放送予定。
チームの名前も知らないし、選手も走行時に轟音が鳴り響くカンチェラーラとかいう蒸気機関しか知らないですが(パリ〜ニースには出ない)、せっかくですので今夜から楽しんでみようと思います。

▽ブログ村 ロードバイクランキングに参加中▽

posted by いなはる at 21:36| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

山が近くてうらやましい?

ロードバイクを始めるにあたり、チャリ部の諸先輩方に散々言われたことがある。

「山が近くてうらやましい」
「それだけでアドバンテージだ」

確かに自分は山の近くに住んでいる。というか、山を切り拓いて建てられた住宅地なので山に住んでいると言っても過言では無い。
実際ワンシーズンに1回は自宅近くまで山から猿が降りてきて「猿が出没しました。住人の皆さんは注意して下さい」といった注意喚起の回覧板が回ってくる。鹿の鳴き声もしょっちゅう耳にするし、自宅よりもう少し山よりのエリアには「イノシシに注意!」の看板すらある。小鳥のさえずりで目を覚ました日には「少女マンガか!」と自分にツッコみたくもなる。

野生動物についてばかり書いて文化的な生活が送れているのかと心配されるのも釈然としないので(1km圏内にコンビニだってある)、地形についても。過去にも何度かブログで触れているけど、どこに行くにもまず坂を下るし、下ったあとも細かい起伏が多くて平坦路まで行き着くのに苦労するほど。

CR行くかという話になって、淀川まで自走するとstravaの走行記録がこんな事になったりする。

keisya1.png

とまあ、こんな環境に住んでる上で自転車を始めた当初は

「サイクリングロード近いのうらやましい」
「山なんかキツくて辛いだけだ」

と心の底から思っていたし、平坦が走りたくてちょっと猪名川まで出るのにもアップダウンのある道を通る必要があり、環境に恵まれていないなぁと嘆いていた。
しかし平坦と山とをそれぞれ何度か走っているうちに、山の魅力に気づいてくる。


山大好きになってるやん。

とは部長の弁。
認めてしまうのも何故か悔しい気もするが、最近一人のときはいそいそと山に行ってるのは事実だし、好きかどうかは保留にさせてもらうとして、個人的に「面白さ」の面では平坦より上かもなぁと以下の理由から感じたりしている。


コースに個性がある

平坦にもある左右へのカーブに加え、山は上下、傾斜がある。緩い傾斜がひたすら続く坂があれば、一発で膝から崩れ落ちる短くてえげつない角度の激坂もある。そこにダウンヒルが加わったり、また登ったりと、コースによって色々な顔があるのが面白い。※ただし斜度10%以下に限る

分かりやすいゴールがある

登りつめて下り返す場所、いわゆる峠というゴールがあちこちにある。川沿いのCRでも「あそこの橋までの区間」みたいな設定はできるが、やはり峠のような「登り切った」感があると、攻略したという分かりやすい結果と達成感が強い。※ただし斜度10%以下に限る

レベルアップを実感できる

山や峠には前述の個性によって難易度みたいなものが存在する。なので、前回は足を付いたけど今回は一発で登れた!といった自分自身のレベルアップを実感することができる。大体の峠を攻略した後は今度はタイムアタックという無間地獄が待っているパターンもあるらしい。※ただし斜度10%以下に限る

ご褒美がある

山を登っている最中、木々の切れ間から見える市街地や田園風景は、自分の力でその高さまで登ったという達成感も相まってどれも絶景。さらに登りのあとに待つのはダウンヒル。高速で風を切り走り抜けていくのは最高に気持ちがいい。※ただし斜度-15%以下、綺麗な舗装路に限る

-----

と、こんな感じで短い間にも山の面白さを色々と発見してきた結果、自宅が山の麓でラッキーだったと思うようになってきた。
もちろん平坦のスピード感やトレイン組んだりするのも面白いし、どちらが一概にというのはないけど、山も腐したものではないなと思えるようになったのは結構大きな心境の変化ではないかと。

※ただし斜度10%以下に限る

▽ブログ村 ロードバイクランキングに参加中▽

posted by いなはる at 21:34| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

ロードバイクに2ヶ月乗って変化したこと

1月6日納車だったのでそろそろ丸2ヶ月。
なんだかんだと言っている間に走行距離は1000kmを越え、自転車中心の生活になりつつある。当初はロードバイクがスポーティな部屋を演出する高級インテリアになるのでは?という懸念もあったが、幸いなことに今現在も自転車に乗りたくて仕方ない感じで日々をすごしている。
といったところで、自転車にハマっちゃった人の自転車あるある的な、この2ヶ月の変化をまとめてみようと思う。

-----

・週末がアウトドアになる
土日が楽しみということは変わっていないが、以前は金曜の晩は夜更かしをしてネットをだらだらと徘徊し、昼前後まで惰眠をむさぼるという休日がデフォルトだった。録画アニメを消化したり、外出してもせいぜい書店どまり。
今では平日の間にコンディションを整え、土日の朝はいつもより早く起きる。車が少ない時間から山やCRに繰り出し、4〜8時間ほど自転車に乗っている。

・金銭感覚がおかしくなる
ロードバイクのオプション品はとにかく高い。最初にまとめて必要品を買ったときは合計金額を見て目が潰れたのも今は昔。そんな相場に慣れてしまったのか頭が麻痺しているのか、自転車に関しては財布がガバガバ。「あ、これ便利そう」と思えばほとんど迷わずにポチる。
今はまだ完成車に特に不満もないのでパーツ類にそこまで興味はないが、小物をまとめる自転車用ポーチだの、飲みやすく保冷が効くボトルだの、小さくて容量のあるサドルバッグだの、身の回りを快適にしていくのが楽しい。3000円程度までなら財布の紐が仕事をしてくれない。

・距離感がおかしくなる
これもベタな話で、10kmや20kmが短いと感じるようになった。不思議なことに、自転車と比べ物にならないほど速くて楽な原付でさえ10km先まで出かけるのは遠く感じていたと思う。乗り物を手段として見るか目的として見るかの違いもあるんだろう。
今では100kmでも「100km? うん、まあ大丈夫かな」という感覚。実際終盤になると結構しんどいのだけど。

・おなかが減る
自転車に乗ってる最中、乗った後はもちろん、平日でもやたらおなかが減るようになった。筋肉が付いたのか基礎代謝があがったのか、それとも当日に消化したカロリーをあとから補填しようとしているのか。お昼前や夕方には強い空腹を感じ、間食をとるようになった。体重は増えていない。

・体力が付いた
特に午前中、身体全体を覆うだるさが軽減された。以前は日によって一日中身体が疲れていると感じる日もあったが、最近ではほとんどなくなった。ライドの翌日はさすがに疲れが残ってしまうが、「何もしていないのに疲れている」という状態は改善されたと思う。

・街中の自転車が気になる
ロードバイクやクロスバイクに乗っている人を見かけると、自転車本体や装備品、服装なんかに注意が向くようになった。

・道や地名を覚える
コースの下調べやこのブログへの投稿なんかでそういったものを自然と意識するようになった。

・他のことが疎かになった
これは自分の悪い癖なんだけど、何かに熱を上げると他のことへの興味が薄れてしまう。引き続きアニメは何本か見てるけど、ペンタブは最近全く触っていない。平日は時間も取れるし、理想としては両立していきたい。

-----

他にも以前はアニメを見ていたときに構図なんかに意識が向いていたのに、最近は冴えかのみて「激坂だ!」とか言い出す始末。とにもかくにもプライベート全体が自転車中心になりつつある。
マイナス要素については自分の性格によるところが大きいので、このあたりは改善できたらいいなぁ。
posted by いなはる at 23:22| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする