2015年03月04日

ロードバイクに2ヶ月乗って変化したこと

1月6日納車だったのでそろそろ丸2ヶ月。
なんだかんだと言っている間に走行距離は1000kmを越え、自転車中心の生活になりつつある。当初はロードバイクがスポーティな部屋を演出する高級インテリアになるのでは?という懸念もあったが、幸いなことに今現在も自転車に乗りたくて仕方ない感じで日々をすごしている。
といったところで、自転車にハマっちゃった人の自転車あるある的な、この2ヶ月の変化をまとめてみようと思う。

-----

・週末がアウトドアになる
土日が楽しみということは変わっていないが、以前は金曜の晩は夜更かしをしてネットをだらだらと徘徊し、昼前後まで惰眠をむさぼるという休日がデフォルトだった。録画アニメを消化したり、外出してもせいぜい書店どまり。
今では平日の間にコンディションを整え、土日の朝はいつもより早く起きる。車が少ない時間から山やCRに繰り出し、4〜8時間ほど自転車に乗っている。

・金銭感覚がおかしくなる
ロードバイクのオプション品はとにかく高い。最初にまとめて必要品を買ったときは合計金額を見て目が潰れたのも今は昔。そんな相場に慣れてしまったのか頭が麻痺しているのか、自転車に関しては財布がガバガバ。「あ、これ便利そう」と思えばほとんど迷わずにポチる。
今はまだ完成車に特に不満もないのでパーツ類にそこまで興味はないが、小物をまとめる自転車用ポーチだの、飲みやすく保冷が効くボトルだの、小さくて容量のあるサドルバッグだの、身の回りを快適にしていくのが楽しい。3000円程度までなら財布の紐が仕事をしてくれない。

・距離感がおかしくなる
これもベタな話で、10kmや20kmが短いと感じるようになった。不思議なことに、自転車と比べ物にならないほど速くて楽な原付でさえ10km先まで出かけるのは遠く感じていたと思う。乗り物を手段として見るか目的として見るかの違いもあるんだろう。
今では100kmでも「100km? うん、まあ大丈夫かな」という感覚。実際終盤になると結構しんどいのだけど。

・おなかが減る
自転車に乗ってる最中、乗った後はもちろん、平日でもやたらおなかが減るようになった。筋肉が付いたのか基礎代謝があがったのか、それとも当日に消化したカロリーをあとから補填しようとしているのか。お昼前や夕方には強い空腹を感じ、間食をとるようになった。体重は増えていない。

・体力が付いた
特に午前中、身体全体を覆うだるさが軽減された。以前は日によって一日中身体が疲れていると感じる日もあったが、最近ではほとんどなくなった。ライドの翌日はさすがに疲れが残ってしまうが、「何もしていないのに疲れている」という状態は改善されたと思う。

・街中の自転車が気になる
ロードバイクやクロスバイクに乗っている人を見かけると、自転車本体や装備品、服装なんかに注意が向くようになった。

・道や地名を覚える
コースの下調べやこのブログへの投稿なんかでそういったものを自然と意識するようになった。

・他のことが疎かになった
これは自分の悪い癖なんだけど、何かに熱を上げると他のことへの興味が薄れてしまう。引き続きアニメは何本か見てるけど、ペンタブは最近全く触っていない。平日は時間も取れるし、理想としては両立していきたい。

-----

他にも以前はアニメを見ていたときに構図なんかに意識が向いていたのに、最近は冴えかのみて「激坂だ!」とか言い出す始末。とにもかくにもプライベート全体が自転車中心になりつつある。
マイナス要素については自分の性格によるところが大きいので、このあたりは改善できたらいいなぁ。
posted by いなはる at 23:22| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする