2015年03月17日

北摂アタック!〜箕面川ダムに死す編〜

そこそこの距離を2日連続で走るのは初めてかも?
というわけで前回のくろまんぷ探索から一夜明けた15日(日)のライドレポです。

-----

二転三転した天気予報も実際には曇り空ながらも道はドライ。今回は序盤にいつもの勝尾寺や妙見山を通り、北摂ローディのブログでもよく見かける一庫ダムをぐるりと回って帰ってくる予定で出発です。

まずはたらたらと西田橋まで走り、そのまま勝尾寺までの区間を登り始めます。前日に50km走っているので今日は全体的にうきうきサイクリングなペースで行こうと決めていたけど、気が付けば何故かペースは上げめ。先週頑張ったときにstravaさんの気まぐれにより記録が残らなかったこともあり、今度こそはと気合を入れてペダルを回していきます。
中間地点の交差点ではうきうきどころか心臓ばくばくサイクリング。最後のカーブ前、傾斜が緩む地点で速度を落とさない程度に息を整えてラストの激坂へ! 思っていたより足が残っていて、今まではインナーローで自重ダンシングしかできなかったけど、今回はリアを軽いほうから3枚目くらいのままにして勢いを殺さずにゴール!
念のため横断歩道の少し先まで走りぬけ、stravaさんに記録を尋ねる。

ん〜、ゴール前で6分ほど休憩してますね。
なんでや!!

またもや理不尽な仕打ちに泣かされ、残された記録は24分36秒。
名誉のためと申しますか、言うだけならタダなので時空がワープしたゴール直前の地点で17分45秒くらいだったので、実際はなんとか18分切れたくらいだと思います…。本当です…。

休憩もほどほどに4号線を通り高山を抜けて妙見山へ、というのがいつものコースですが、今回はトンネル手前の交差点でダムのほうへ左折します。
北摂山系のスポットを検索していると、この箕面川ダムもヒルクラスポットらしく、こちらのルートからでも妙見山へ抜けられるようなので一度試してやろうじゃないのというチャレンジングな精神です。

コースプロフィールは距離1.7km・平均斜度8%という、1ヶ月前の自分なら翌日ダムに水死体が浮かんでいたであろう、なかなかの数字です。ですが今では北摂の山々から愛の鞭を賜り、無茶をしなければ妙見山でも足つきの心配がないほどになりました。箕面に住む者として箕面の坂くらいは軽くひねってやろうという気持ちでいざ箕面川ダムコースへ!

ダムを渡りきったところがスタート地点、まずは平坦な道が続きます。……ん?平坦…?
4、500m進むと今度は緩い下り。……下り?? おかしい、スタート地点は間違えていないはずなのに『平均斜度8%』のコースに平坦や下りがある。つまり、つまりは実際の高度は残された1kmほどの距離に凝縮されているのでは……!!?

下り返しに現れたのは激坂、もとい
いや、壁じゃなくてこれこそがダムなんじゃねえのという坂を前に視覚から全身に警戒警報が流れ、平坦と下りでアウターにしていたギアを一瞬でインナーローへ。それでもシッティングでは辛く、ダンシングへ移行。勝尾寺のラストで見せた勢いはどこへやら、全体重を乗せたダンシングでじわじわと登っていきます。
今思えば散々なトラウマになった堀越峠よりは若干マシな気もしますが、登っている最中はそんなことを考える余裕もなく、脂汗がだらだらと流れる始末。幸い堀越峠と比べ車通りはほとんどなく、道幅も割りと余裕があります。利用できるものはすべて利用するというスタンスで、プライドなどかなぐり捨て蛇行運転でなんとか進んでいきます。
カーブの度に「ここで終われ!!」と念じてもその先でも激坂は続き、「終わるのはお前の足だ」という山の神からの声が聞こえてきそうです。2つの大きなカーブを超えたあたりで、ゴールの「みのお記念の森」が見えてきました。正直もう足を付いてしまおうと思ったのですが、その記念の森(恐らく自然公園的な場所)で休日を過ごしていたのであろう家族連れが視界に入ります。
「ここで足を付いたらかっこ悪い!」…ゴールが見えていることと、先ほど捨てたはずのプライドだけでなんとか箕面ダムをクリア!

道が平坦に戻ってもペダルを回すことが叶わず、恐らくロードバイクに乗り始めてからの最大値を記録したであろう心拍数もなかなか収まりそうにありませんでした。相変わらず車も全然通らないので、みっともなく息を切らし、整えながらこちらのポイントを後にしました。

ちなみに帰宅してから詳しくコースプロフィールを確認したところ1.7kmのうち平坦が600mほどあり、残りの1kmは15%近い勾配がゴールまで続いていたそうです。生きてるってすばらしい。

-----

続きます。

▽ブログ村 ロードバイクランキングに参加中▽
posted by いなはる at 21:36| Comment(2) | ライドレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする