2015年03月23日

春夏ズボン、どうする?

この土日は本当に春という感じでしたね。

土曜日は昼からソロで出かけたんですけど、最初はオールシーズン向けのインナーに裏起毛インナーの二枚重ね、そこに半袖ジャージとウィンドブレーカーという出で立ちで準備をしていました。しかし部屋の中でボトルなり財布なり用意をしていたとろ「ぅ暑っつい!!」と起毛インナーを脱ぎ捨て、代わりに一番下にユニクロのエアリズムという装備で出発。

結論から言うと下りがちょっと寒いくらいでしたが、概ね正解の服装という感じで、特に暑くなる登りはウィンドブレーカーを脱ぐと適度に腕から熱が逃げていい感じでした。
まあまた今日月曜から冷え込んでいるのでなかなか油断はできそうにない感じ。というか冬用装備しかないので、特に春夏用のタイツやらズボンを用意しないとマンホールの上で干からびて死んでしまいます。

実際どのような構成でウェア類を揃えていくか悩ましい。
週末ホビーライダーなのであまりガチな格好はしたくないと思いつつも、何度も向かい風の脅威を体験すると専用ウェアにも魅力を感じてきます。集団で走るなら格好は気になりませんが、現時点でソロとグループの機会は半々といったところ。冬用の若干シルエットに誤魔化しの利くパンツならいざ知らず、夏用のTHE・タイツという下半身装備で一人でコンビニに入るのはまだまだ躊躇われます。

まあカジュアル系とガチ系の両方買えばいいんじゃね?と言われたらそれまでですが、高いんですよね……。
普段着のボトムにユニクロのデニム3980円を特価日に2980円で購入して履き潰すような自分にとって、1着1万円は当たり前、ちょっといいものを買えば2万3万するような専用ウェアをほいほいカゴに入れる勇気はありません。

上半身は冬でも長袖サイクルジャージを使わないスタイルで揃えたので、半袖ジャージが2着ありますし、夏用にアームカバーだけ買い足せばなんとかなりそうな感じ。
合う合わないもあるだろうし、少しずつ買い足して自分なりの快適なスタイルを探していくしかなさそうですねぇ。夏を経験済みの方がいれば、お勧めの組み合わせなど聞いてみたいですね。

-----

閑話休題、3月21日(土)。

今回は真新しいこともなかったので簡潔に。
相も変わらず北摂山系へ向かうのですが、久しぶりに勝尾寺西側からのスタートを選びました。せっかくだしと、まだ登ったことのない箕面駅側ルートからスタートします。箕面駅近くの交差点からスタートですが、ここから浄水場口までけっこうな斜度をぐねぐねと上ります。TT区間であるみのお山荘までの間でこのへんが一番キツいのかも。
とはいえ短い距離なら10%弱の勾配もだいぶ慣れてきましたし、あとから緩くなることも分かっているのでそこだけ頑張りえいやっと上ります。

そのままみのお山荘・箕面大滝駐車場を抜け、交差点では勝尾寺へは向かわず高山方面へ。高山公民館には数名のローディが休憩していましたが、すぐに下りになるのでパスしてそのまま高山の下りに入り、気持ちのいいダウンヒルを楽しみます。

下りきったところで金石橋の交差点から妙見山クライムがスタート。
今回はタイムを意識せずにゆるゆると上りますが、それにしても暑い。乗車しながらウィンドブレーカーを脱ぐというプロっぽい仕草に自己満足しつつ、30分弱でゴール。
春になりローディが増えてると言っていましたが、ハイカーもかなり増えていますね。けっこうお年を召した方も多く、ぐでぐでになりながら何十歳も年上の人を「若いなぁ」なんて思いながら横目で眺めます。

このあと距離を伸ばすときは野間峠の西側を下りますが、今回はそこそこで終わらせるべく東側へ。東側は傾斜もあり、カーブも少ないので放っておくとかなり速度が出ます。整備が悪いのかtiagraの限界なのか、ブレーキの効きにどうも不安があるので、ちょっと真剣にブレーキキャリパーの交換を考えています。山ばっかり行ってるし、安全に関わるブレーキはいいものにしておきたいですね。

突き当りを423号線へ右折し、豊野町役場の手前で109号線へ左折。茨木・彩都方面から帰路へ付きました。
そういえば北摂ブログで何度か目にした見山の郷を109号線上で見つけたので、次に通ったらおやつ休憩に立ち寄りたいです。ローディらしくジェラートが食べたい。

-----

走行距離:51.5km
獲得標高:1815m

累計獲得標高は例によってstravaアプリの表示をそのまま使っています。1.5〜2倍の水増しになってなんだかなぁと言う感じもしますが、毎回ルートラボで引きなおすのもさすがに面倒なので…。
まあ僕が「2000m登ったった!」とほざいていたら「はいはい1000mね」というくらいの気持ちで見ておいて下さい。


button.png
posted by いなはる at 21:28| Comment(8) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする