2015年05月28日

CAAD8を乗り回してからの感想/ロードバイク一台目の選び方

ロードバイクを始めるにあたり、エントリーモデルを選んで後悔したのかどうかという話をします。

というのも何故か最近検索エンジンからの訪問が増えているようで、その大半が「ロードバイク始めたいけど、どれ買えばいいのかなぁ」というニュアンスを含んだ単語の組合せ。しかしいざこのブログを読んでみればご存じの通りアレな内容ばかりで、車体選びの参考になりそうにもない状態。
少なくともメルヘン世界のおっさんが人間世界のおっさんの膝をいじめるような内容を求めてこのブログに辿り着いている人はいないように感じます。

せっかくなので1台目のロードバイク選びの迷宮に迷い込んでいる人のために、少しでも参考になる内容が残せればと思い今回の記事を書くに至りました。……残せるかなぁ。

-----

自己紹介などにも書いていますが、私が1台目に選んだのはCannondaleのCAAD8、tiagraモデルです。アルミロードの中では優秀だと評価されることの多いフレームで、完成車の税込価格が145,800円でした。

結論から言うと、いい買いものをしたと思っています。

後悔した要素がゼロかと聞かれれば首を縦に振ることはできませんが、とりあえずロードバイクを楽しみたいなら十分すぎる性能だというのが5ヶ月弱、3000km乗ってみてひとまずの感想。

基本的に他のバイクとの比較ができないので、CAAD8にしか乗ったことのない人間の絶対評価です。評価なんてえらそうなものでもないですが……まあゆるっとした感想としてお聞きください。

-----

CAAD8 tiagraでもロードバイクをロードバイクとしてガンガンに楽しめると思います。
山だろうが平地だろうが踏んだだけ、回しただけが速度に変換され、グングン進んでいきます。ママチャリでは考えられなかった速度で巡航し、とても辿り着けないような場所まで自分の身体と自転車だけで行くことができます。

いわゆる「趣味としてのロードバイク」を始めたい方にとって、エントリーモデルの車体でもその世界は十分に味わう事ができるのではないでしょうか。
極端な話、50万のロードバイクを買おうが10万のものを買おうが、初めて乗る人にとっては得られる感動というものは大した差がないんじゃないかとまで思います。例えば今まで洗濯板を使って洗濯をしていた人が、型落ちの全自動洗濯機を買っても最新のドラム式を買っても、同じくらい幸せになれると思うんですよね。(この例えだと3万円ぐらいのクロスバイクっぽいやつは二槽式洗濯機になったりするんだろうか)

もちろん、ロードバイクに限りませんが趣味にがっつりハマってしまえばより良いものが欲しくなるのは道理ですので、絶対に続ける自信があって向こう10年以上の趣味にするつもりなら最初からいいものを買うのもアリだとは思います。ただまあ予算に限りがある人の方が多いでしょうから、そういう方に対しては「10万・15万でも全然楽しめるよ!」と不安を取り除く言葉をお伝えしたいと思います。

-----

複数のブランド・モデルから候補を出して決めかねている方もいると思います。
コレに関しては「デザインで決めろ!」と声を大にして主張したいところ。むしろ予算の関係で性能は妥協しても、気に入ったデザインや色があるのならそこは妥協しないで金を突っ込んでもいいと思います。
ロードバイクを楽しむにあたって、車体への愛着というのはかなり重要です。かっこよくて、可愛くて「俺の自転車が一番かっこいい!」と見てるだけで幸せになるような愛車であれば、乗り続けるモチベーションというものも全然変わってくるはず。

-----

では変わってゼロではないと申しました後悔した点についても少しだけ。

やはりハイグレードのカーボン車に比べ、車体が重いという点。
ロードバイクは軽さが正義という面があって、特に登りでは1kg変われば体感できるほどの差となります。人によっては100g単位で変わるという話ですが、素人に感じ取れるかどうかは少々疑問。
しかし始めたばかりの人は乗れば乗るだけ強くなれるので、重量を極端に気にするのは実力が頭打ちになってからでいいのではないかなとも思います。

次にコンポーネント……と最初の頃は思っていたのですが、tiagra、これで十分戦えます。そりゃまあヌルヌル変速したりギアに幅があった方が快適ではありますが、tiagraだと困る!というようなレベルではないです。変速も技術を身に付けちゃんとメンテナンスをしていれば気持ちよくスパスパ切り替わりますし。
ただあちこちで言われているようにブレーキの効きは少々怪しいです。しかしこれはブレーキシューを良いものに変えれば大幅に改善されますし、3〜5000円程度でできますので、これだけは換装されることを強くお勧めします。

他には……特にないですかねぇ。
よく雑誌やブログなんかでプロやショップ店員が「コンポは105以上で〜」「剛性が〜」「空力が〜」なんてインプレを見かけることがあると思いますが、そもそも脚や心肺が鍛えられていない状態の素人がそんなもの気にしても仕方ないと私は思います。というかホビーライダーでさえ剛性が〜とか言ってますけどほんまに分かってんのかと思わないこともない。

もちろんホイールをはじめ、パーツを交換していくのもロードバイク趣味の醍醐味のひとつだと思うので、その辺にこだわるのは分かります。
ただ、初めてのロードバイクに勇気を出して10万円以上を投資しようとしている人へ強引に薦めるものでもないのかなと。お金を出すなら十分にロードバイクの魅力に触れてから、意味と目的を自分の中で噛み砕いてから投資すればいいと思います。

-----

というわけでまとめると

・CAAD8tiagraはいい自転車だよ
・10万円ちょい出せば何買っても幸せになれるよ
・機材にこだわるのは強くなってからで遅くないよ
・でも色やデザインは妥協しないほうがいいよ


こんな感じです。
少しでも参考になれば幸いでございます。

-----

一年後にこの記事を読み返したら全く違う感想を抱きそうな気がする。

▽ブログ村 ロードバイクランキングに参加中▽

posted by いなはる at 22:46| Comment(16) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

初の自転車イベントに参加

3月某日

富士ヒルクライムにエントリーすっぞ!
……。
富士ヒルクライムにエントリーすっぞ!
……。
はい。
!?
はい。
!!!??
富士ヒルクライムにエントリーすっぞ!
……はい。

簡単にまとめると上記のようなことがあり、日本一有名な山を舞台とした、日本一有名なヒルクライムイベントに参加する運びとなりました。

富士ヒルクライム
山梨県の富士山北麓で開催されている自転車ロードレースであり、ヒルクライムレースとして、標高差、ゴール地点の標高、参加者の人数のいずれにおいても日本有数の規模を誇る。2014年大会の参加定員は6500人である。

距離:24km
標高差:1,255m
勾配:平均5.2%、最大7.8%

ロード乗りの間では超絶ビッグなイベントということもあり完全にビビリ倒していたのですが、逆に初心者や貧脚ローディもたくさん集まるとのことなので少しだけ安心。
完走率99%以上との公式発表もありましたし、ヒルクライムは事故も少ないので記念に参加するにはちょうどいい大会なのかもしれません

ブロンズゲットすっぞ!
……。
ブロンズゲットすっぞ!
…………………………。

やはりただの記念ライドとはならないようです。

ブロンズというのは、完走タイム別に与えられる称号のひとつです。
65分以下でゴールド、75分でシルバー、90分でブロンズといった具合。ちなみにタイム関係なく完走すればブルーの称号が貰えます。

さて当時の私も含めて、初心者やロードに乗っていない方には24kmを90分と言われてもピンと来ないと思います。
24kmといえば直線距離で梅田から三宮、東京だと新宿から多摩くらいの距離。その長さをママチャリだと漕ぎ続けるのは結構しんどい勾配で、平均時速16kmを維持しつつ90分間進み続けなければならないという計算になります。

ちなみに男性完走者の中でブロンズ獲得できる人がわずか29%、シルバーが5%、ゴールドに至っては0.4%らしいです。

無理めう。
やるんだよ。

そんなこんなで富士ヒルブロンズに向けて特訓中……というわけでも無く、いつも通りの週末ライダー。平日の筋トレは若干増やしたりしてますけど、たいしたトレーニングもしてない自転車歴半年未満の新人自転車マンが獲れるほど甘いものじゃ無いと思うけどなぁ。

富士ヒルの開催はもう1ヶ月を切っている6月14日。
ぼちぼち頑張って参ります。
準備編へ続く

▽ブログ村 ロードバイクランキングに参加中▽
posted by いなはる at 16:56| Comment(8) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

130kmゆるぽたの迷宮ライド

5月10日(日)

今日はサイクリングに行きます。
楽しみめう!
行程は130km。
130km。
山を3つ越えます。
足がもげちゃうめう……。
でも目的地でアイスを食べると……。
ゆるぽためう!!


流行には乗っかる。こんばんは、いなはるです。

今回は久しぶりのソロライドとなりましたが、おっさんが息を切らしながらひいこら走るだけの構図になってしまうので、自転車大好き(適当)芽兎めうさんにご登場願いました(実在しません)。


まずは勝尾寺を上ります。
疲れためう。
今日はタイムを更新しないといけません。
無理めう!もう足が回らないめう!!
でもここでロキソニンを飲むと……。
すごいめう!限界を超えて踏めるめう!!

2月に初めて勝尾寺に訪れたゴルカス部長がサクっと残していった17分強のタイム。今回はそれを更新してこいとの指令がありましたのでスタートから頑張ってペースを上げていきます。

しかし最近、強度を上げると腰が痛むという症状に悩まされており、先日の六甲山でも中盤から全く頑張れないという状況が続いていました。
そこで是非が分かれるというか炎上ネタになりかねないロキソニンの使用を試みます。

結論からいうと怖くなるほどの効果。
いつもなら腰が痛くなる状況において、痛むポイントがじんわり重くだるくなる感覚があるだけで、「あ、これ痛みの信号だけ切れてるやつだ」とハッキリと分かりました。

さらにはラスト100mほどの勾配がきつくなるポイント。全行程を通して脚を使ったので、いつもならもう頑張れないだろという段階まで来ても、今まで味わったことのない「筋肉が熱くなり軽く痺れる」感覚に襲われるだけで最後まで踏めてしまいました。

半分冗談で服用したのですが、これは普段から使ってはいけないやつです。足の筋肉がブチブチ切れてるのが分かるというか、身体からの危険信号を無視して頑張れてしまう(合法の)ヤバいやつです。

一応結果としては魔法の力もありタイムを大幅更新!
15分30秒という自分にとっては大健闘といえるタイムを叩き出しました。

帰った後の話になりますが、ゴル部長に報告すると「やるじゃん。じゃあまた更新しとくか」と余裕のそぶり。初めから私が数ヶ月頑張れば抜けるタイムで記録を残していたようで、部内トップの気分は半日で終わりました。

その後は妙見山を超え、寄り道をせずまっすぐ亀岡方面へ。
今回の目的地はさらに奥なので亀岡市街を超える必要があり、車が多いのは嫌だなぁと考えていたのですが、杞憂でした。亀岡が栄えていたのは9号線の周囲だけで、そこを過ぎればまたすぐ田畑が広がる閑寂な町に。

そして405号線経由で25号線へ。
自転車ブログで情報を得ていた氷室ストレートに到着です。

himuro.jpg


逆風めう……。

追い風ならとんでもなく気持ちいいだろうというドストレートでド平坦の区間。日によってはTTバイクを目撃することも多いそうです。

頑張りたいところですが勝尾寺ショックで脚はボロボロ、逆風の中25km/hも出すことができずゆっくりと目的地へと進んでいきます。


もう疲れためう……。
そろそろ目的地だよ。

hiyosi01.jpg

hiyosi02.jpg

hiyosi03.jpg

というわけで今回目的地に設定していた日吉ダムに到着です。
流石に放水には巡りあえませんでしたがなかなかの絶景。正直かなり疲れましたが、この日は気候もよく、絶景で幾ばくかの回復を感じます。

ここでアイスです。
やっためう!ゆるぽためう!!

ice.jpg

念願のアイス!
「目的地でジェラート(アイス)を食べればゆるぽた」という自分基準を持ち出しアイス休憩。自販機のセブンティーンアイスというのが玉に瑕ですが、疲れた身体にしみこみます。


ここがローディーブログで有名な都民の森か……。


hiyosi04.jpg



絶景にアイス、来てよかっためう!
では今から帰ります。
帰るめう!
復路は70km。
70km。

21連勤したタイムカードに修正液で休日を作られたような顔で帰りの道へ。

前半頑張りすぎて久しぶりに膝に違和感、というかだるいような重いような感覚を抱えながら家路を辿ります。途中で「普通に膝痛だけどロキソニンが効いてるやつだ」と気づいてしまい、薬が切れる前に急いで帰るという、最後まで必死な感じのライドとなりました。


自転車大好きめう!!




▽ブログ村 ロードバイクランキングに参加中▽
posted by いなはる at 23:56| Comment(4) | ライドレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする