2015年05月15日

初の自転車イベントに参加

3月某日

富士ヒルクライムにエントリーすっぞ!
……。
富士ヒルクライムにエントリーすっぞ!
……。
はい。
!?
はい。
!!!??
富士ヒルクライムにエントリーすっぞ!
……はい。

簡単にまとめると上記のようなことがあり、日本一有名な山を舞台とした、日本一有名なヒルクライムイベントに参加する運びとなりました。

富士ヒルクライム
山梨県の富士山北麓で開催されている自転車ロードレースであり、ヒルクライムレースとして、標高差、ゴール地点の標高、参加者の人数のいずれにおいても日本有数の規模を誇る。2014年大会の参加定員は6500人である。

距離:24km
標高差:1,255m
勾配:平均5.2%、最大7.8%

ロード乗りの間では超絶ビッグなイベントということもあり完全にビビリ倒していたのですが、逆に初心者や貧脚ローディもたくさん集まるとのことなので少しだけ安心。
完走率99%以上との公式発表もありましたし、ヒルクライムは事故も少ないので記念に参加するにはちょうどいい大会なのかもしれません

ブロンズゲットすっぞ!
……。
ブロンズゲットすっぞ!
…………………………。

やはりただの記念ライドとはならないようです。

ブロンズというのは、完走タイム別に与えられる称号のひとつです。
65分以下でゴールド、75分でシルバー、90分でブロンズといった具合。ちなみにタイム関係なく完走すればブルーの称号が貰えます。

さて当時の私も含めて、初心者やロードに乗っていない方には24kmを90分と言われてもピンと来ないと思います。
24kmといえば直線距離で梅田から三宮、東京だと新宿から多摩くらいの距離。その長さをママチャリだと漕ぎ続けるのは結構しんどい勾配で、平均時速16kmを維持しつつ90分間進み続けなければならないという計算になります。

ちなみに男性完走者の中でブロンズ獲得できる人がわずか29%、シルバーが5%、ゴールドに至っては0.4%らしいです。

無理めう。
やるんだよ。

そんなこんなで富士ヒルブロンズに向けて特訓中……というわけでも無く、いつも通りの週末ライダー。平日の筋トレは若干増やしたりしてますけど、たいしたトレーニングもしてない自転車歴半年未満の新人自転車マンが獲れるほど甘いものじゃ無いと思うけどなぁ。

富士ヒルの開催はもう1ヶ月を切っている6月14日。
ぼちぼち頑張って参ります。
準備編へ続く

▽ブログ村 ロードバイクランキングに参加中▽
posted by いなはる at 16:56| Comment(8) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする