2015年10月19日

腑抜けた心を入れ替えろ!地獄の自転車特訓 〜前編〜

〜前回のあらすじ〜
夏のあいだも小豆島に淡路島に毎度の北摂にとヒルクライムで酷ライドを続けていたはずのいなはるだったが調子は低迷。富士ヒルクライムでは部内2番手まで頭角を現していたのも今は昔、いつの間にやら登坂力が上がるどころかノーブレーキで落ちていたことにショックを隠しきれないでいました。

-----

なぜこんな事に……
力が欲しいか……
誰だ!?
私は力を司る者……ローラーおじさんだ。
その顔で。

スプラトゥーンの立ち回り動画を見ながら何故自転車が弱くなったか真剣に悩んでいた私の前に、突如ローラーおじさんと名乗るジャヴァウォック似の強面が現れました。

怪しいというか彼の存在そのものが事案なのですが、ひとまずご近所の目が怖いのでカーテンを閉めてから問いかけます。

えーっと、強くしてくれるんですかね?
それはお前の頑張り次第だ。
いやでも十分頑張ってると思うんすよね。
本当に?
ぐっ……。
ここにstravaの記録がある。
スマホとか持ってるんだ。

glaf.jpg


……。
……。
頑張ってないじゃん。
っす。
全然頑張ってないじゃん。
いやでも夏とかめっちゃ暑かったし熱中症?の危険もあるしさ。実際乗ってた日も身体に熱がこもって大変だったし気分悪くなったこともあったし。そういうときに頑張って体調崩したら元も子もないというか逆にマイナスになったりするかもしれないじゃない?サボってたわけじゃなくて戦略的撤退というか僕的には至極冷静な判断による休息だったというか。
ローラーパンチ!
ギャー!

ローラーおじさんの指摘を受けるまでもなくグラフを見れば一目瞭然。
1月に乗り始めて順調に積算距離を伸ばし、GWにピークを迎えて富士ヒルに挑んだところまでは良かったのです。しかし夏を迎えライド数が激減。
言い訳にもあるように、炎天下でのダメージが想像以上だったことも確かに事実なのですが、気が抜けていたというのも否定できないところ。

富士ヒルでなまじ良い結果を出したために慢心したこと、小豆島や淡路島という大きなイベントで満足したこと、スプラトゥーンにどっぷりハマったこと、あとなんか暑かったなどの理由で私の自転車魂《ソウルオブバイシクル》は完全に腑抜けてしまっていたのです。

すみませんでした。
わかればいい。
で、強くしてくれるんすかね?
ローラーキック!
ギャー!


お前が強くなるんだよ!
い、如何ようにして。
(クイッ)

roller.jpg


ですよねー。


>続きはこちら

▽この恐ろしい器具の正体は▽
posted by いなはる at 23:16| Comment(4) | 機材・グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする