2015年10月22日

ローラー台導入 1ヶ月目のインプレッション

さてまさかの2回に渡る茶番を演じておいて若干の恥ずかしさも残りますが、ちょっとだけ真面目にローラー台のインプレ、ローラートレーニングの所感など書いていこうと思います。

購入したもの

roller.jpg
ELITE Qubo Power Fluid Elastogel(エリート・キューボ・パワー・フルード・エラストゲル)

どこの貴族やねんという長ったらしい名前の商品ですね。お値段はお財布に優しくない35000円ほど。
ローラー台は1万円台からあるのですが(ノーブランドの怪しいものなら1万円切るものも)、後述の理由により少し奮発することにしました。

商品仕様

見たとおりのいわゆる固定タイプのローラー台ですね。
クイックレリーズだけ専用のものに付け替える必要がありますが、リアをローラー台のアームにセットして、タイヤをローラー部に接地するだけのタイヤドライブ式。
またローラー部への接地は自重で行うので、調整の必要はありません。
マグネットなどによる負荷調整機能はなく、自転車側のギアを切り替える形で抵抗の調整をします。とはいっても初〜中級者なら抵抗が足りなくなると言うことはまずなさそうです。

選んだ理由と実性能

静粛性と準備が楽か、この2点に絞って探しました。

◆静粛性
商品名にも含まれている「フルード」というのは粘度の高いオイルのことだそうで、こちらを抵抗システムに採用することで確かな静粛性を叶えているそうな。
実際に使用してみての感想ですが、LT程度の強度だとドア1枚挟めばほとんど気にならないと思います。自転車自体から鳴る音や、強風にした扇風機の方が音が大きいんじゃないでしょうか。

振動についても優秀だという話を聞きますが、自分ではちょっと分かりませんね。マンション住みなので念のため防振のマットを引いています。今のところ家族や階下の住人から何か言われるようなことは起きてませんし、家族に至って言えば、居間でテレビを見たりしてると「あれ、回してたんや?」みたいな反応です。

◆利便性
私はローラー台専用の自転車を持ち合わせていませんので、毎回セッティングする必要があります。

実際の準備としては
1・クイックレリーズを専用品に換装
2・ローラー台のアームでリアのクイックレリーズを挟み込む
3・アームを固定

これだけです。あとはレーパン履いたり靴履いたりガーミンや心拍センサーやドリンクの準備など、外を走るときと同じですね。チャッチャとやれば慣れたら5分ほどだと思います。
プラス、環境を整えるためにテレビや音楽・扇風機・タオルなどの用意も必要かとは思います。

まあ面倒っちゃ面倒なんですけど、万年床ならぬ万年ローラーでもない限り付け外しの手間は付いて回りますので、まだ楽なほうじゃないのかなぁと。

◆タイヤの摩耗について
チャリ部の人や各所ブログから「タイヤカスが出る=タイヤが削れる」という前情報を得ていましたが、今のところ全く出てません。普通がどうなのか分かりかねますが、リアタイヤの真後ろに白い紙袋を縦置いて試したりもしましたが、本当に出ません。
これは嬉しい誤算で、専用タイヤなどの準備がいるなぁと思っていたのですが、今は外で走るときと同じタイヤ&ホイールでそのまま使っています。

強度と疲労感が符合しない謎

これは私だけでなくチャリ部からも同意を得られた話なのですが、実走の何倍も疲労感があります。
ちょっと外で坂を登れば心拍170、230Wくらいは簡単に出るのですが、ローラーはそこまで持っていくだけでもかなり大変に感じます。トレーニングだとそれを持続しなければいけないので、大げさでもなんでもなく地獄を味わう事ができます。
ローラートレーニングに限りませんが、辛いと感じているときは時間が経つのも遅く感じられるので回してる最中の絶望感は半端ないです。

気を紛らわせるのが重要

これもチャリ部の、確かドテチンの言ですが、景色も空気も変わらない室内のトレーニングは「辛い・キツい」などにだけ感覚が集中するので、より辛さを強く感じるのではないかという考え。あとは単純に退屈で楽しくありません。ほんっとうに楽しくないです。鍛えられるとか痩せるとかの見返りがなければ絶対誰もやらないと思います。

まあともかく、その辛さだけに集中してしまいがちな意識を分散させるための何かが必要。
人生そのものを辛うじてアニメで繋いでいる私はもちろん、アニメの録画やアニソンの力を借りることにしました。

しかし生きるパワーを与えてくれるアニメですらローラーの暴力を塞ぎきることができません。具体的に言うと、ストーリーが重要な作品だと辛さが先行して話に集中できないので、見てて元気が出るような作品がいいですね。
個人的にはアイマスやラブライブのライブシーンをLTラスト3分に持ってくると出力を落とさずに最後まで頑張れます。

アニメオタクローディーはどんな高級パーツを組み込むより何より、トップチューブに推しキャラのステッカーを貼るのが一番効果があるとかいいますね。

で、効果のほどは?

アニメの下りが長い。
というわけで実際ローラーを回して強くなれたのかという話ですが、なれたんですよ、これが。
と書くと言いすぎかもしれません。正しくは夏の間に弱くなったけど、ローラー練でピークだった5〜6月頃の調子を取り戻した、という感じです。

トレーニングですが、週に1〜2回のペースで行っています。内容は20分LTを1〜2回、もしくは60分SSTを1回です。
これに加えて毎週末に1回、100km前後を山中心に駆け回ったところ、5月を最後に記録が停滞していた勝尾寺のタイムを僅かながら更新。調子を取り戻してHAPPY ENDという感じです。

-----

〜〜♪
……何をしている。
いや、復調したしローラー台をヤフオクに出品しようかと。
ローラーパンチ!!
ギャーーーーー!

-----

悲しいかな、自ら証明してしまったのですが「何も考えずに週末に走ってればどんどん速くなる時期」が終わりを迎えつつあるのです。週末に乗ってたらまあ維持できるけど、速くなりたかったら強度を上げるか平日も頑張りましょうというステージに……。

傍から見ると「色々言ってるけど楽しんでるじゃん」とか思われそうなんですが、これに関しては本当に辛いです。ローラーを回すと決めた日は朝から憂鬱ですし家に帰るのが億劫になるくらいで。世界からローラー台が無くなればいいのにとか本気で考えています。

形としてはローラー台インプレの記事になりましたが、悪いことは言いません。やめときましょう。



▽ローラー発明した奴しばく▽
posted by いなはる at 20:22| Comment(12) | 機材・グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする