2016年01月26日

落車の怪我とその治療【閲覧注意】

というわけで年末年始大落車スペシャルぼトリを飾ったのは私だったのですが、今回は前の記事で割愛した怪我の詳細とその治療について。
読む人によってはそのくらいの傷で大げさな、という内容かもしれませんけど一応生の情報として、こういう落車をしたらこういう怪我をしたのでこういう治療をしたらこういう風に治りましたよということを記録しておきたいと思います。

ここから先は怪我の詳細を含みますので痛い話が苦手な人はスルーで。

-----

〜前回のおさらい〜

緩い下りで調子乗ってスピードを落とさなかったらカーブで後輪が滑って左側に滑りながら倒れるように落車。直前の速度はstrava見た限り32〜35km/hくらい。左肩から左膝にかけて打ち付けるのと擦りつける中間みたいな感じでアスファルトに接地したのでした。

〜おさらいおわり〜

-----

道路脇のスペースに退避したら自転車とウェア類に大きな問題がないことを確認し、次は身体とビブの前ジッパーを開けて一番怪しい場所を確認。

ああぁ〜……めくれてる。めくれております。

左側の腰部で骨盤のちょっとした辺り、直径6cmくらいの円形状にずるりと皮が剥がれていました。
怖くて直視するのもためらわれましたが、そこは気持ちを強く持って確認。皮が剥がれていますが出血は派手ではなくジワ〜と浮いてくるような感じ。切れたり肉が抉れているような様子はありません。ダメージは本当に表面の皮膚だけのようで、擦過傷のアスファルトで引っかかれていないバージョンといった感じ。
その場で全部脱ぐのは流石に躊躇われたのでこちらは帰宅してからの確認ですが、左膝の外側も似たような感じで直径2cmほどのダメージ。

10分か15分ほどその場で血と血しょう液が収まってくれるのを待ちますが、医療に少しばかり明るいゴルカス曰く当分止まらないとのこと。覚悟を決めてビブのジッパーをえいやっと閉めて自走で帰ることにしました。
ついでに痛みが出るのを嫌い、ライドの際は常に携帯してるロキソニンの兄貴の力も借ります。

前回お伝えしたとおり体は不自由なく動くしパワーも出せたので傷口が気になりながらも自走で帰宅。
走りながらビブと傷口がくっつかないようにたまに生地を引っ張り上げてたのですが空気が流れて少し沁みました。

帰宅後に恐る恐るウェアを脱ぎますが、ビブ引っ張り上げ作戦のおかげで生地と傷口の固着はなし。ビブが破れていないので砂が入り込んだりはないと思いますが、流石に洗い流す必要があるので歯を食いしばり患部にシャワーを当てます。

半泣きになりながら洗浄が終わり刺激でジクジクと痛みだした患部をかばいながら全身の汗も流します。明日からも当分風呂は辛いなぁと憂鬱になりながらシャワー終了。

帰りに寄ったドラッグストアでガーゼと紙テープ、ネットで処置をしていきます。
最近ではこういった傷は乾かしてかさぶたを作るのではなく、湿潤治療が基本とのことなのでガーゼをあてる前にワセリンをぼってりと塗る必要があります。

ぬ、塗れない……。

常に血しょう液が滲出してくるのでヌルヌル滑ってワセリンが塗れないのです。そして幹部に触れたときに感じる毛穴にゾクリ。皮膚が剥けた分、毛穴の突起が浮いているのでしょう。

仕方なくガーゼの方にワセリンをベタベタ塗り患部にあてたら紙テープで固定し、さらにずれないようにネットで覆います。

これでひとまず処置は完了……と思ったのですが、小一時間ほどたった後に確認をするとガーゼと傷口がくっつき始めています。このままでは固着して剥がす時に地獄を見る……と被害が小さいうちにペリリと剥がして頼るはインターネット。

ほほう、ラップを貼るのか。

民間療法とか個人の主張ではなく、こういった傷口にラップを貼るのは確立された治療法のようなので改めて処置に移ります。
傷の大きさよりふた周りほど大きく切ったラップにワセリンを塗り、傷口にペタリ、ずれないように軽めに紙テープを貼り、あとは先ほどと同じようにガーゼとネットで固定します。

事後経過として、5日目か6日目くらいまでは血しょう液とワセリンが混じったドロドロしたものがラップのフチからはみ出しガーゼも汚していました。こんなジュクジュクドロドロした状態が続いて大丈夫かいなという気持ちも強かったのですが、膿んだり酷くなってる感じもなかったので同じ処置を継続。

その翌日くらいにはドロドロもなくなり、薄い皮膚のようなものができていました。患部だけ肌色でなくピンク色にはなっていますがどうにも塞がったようです。恐る恐るシャワーを当てても痛みはありません。
その日からラップは抜きでワセリンとガーゼだけで過ごしましたがくっつくこともなく問題なし。

10日目には押しても違和感はあるものの痛みもなし。
周りの皮膚と色こそ違いますがほぼ完治したといってよさそうです。

というわけで落車から完治まではこんな感じでした。
皆さんがこれを参考にするような未来が訪れずに無駄な記事になることを祈ります。


▽反省します▽
posted by いなはる at 22:54| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャリ部の年末年始大落車スペシャル

去る2015年4月、ロードバイク歴も3ヶ月を過ぎてダウンヒルの恐怖心も徐々に薄まり油断をしていたまさにそのとき。落車を体験したのは昨年こちらの記事を通じてお伝えしたとおり。

幸い自転車の損傷もなく、身体の方も打撲程度で大事には至らなかったのですが、車通りもある道でしたし一歩間違えばあわや大惨事。
今後は慢心せず、事故を起こさないように安全運転を心がけようと誓ったのでした。

-----

2015年12月23日

いつもの淀川。いなはる、ゴルカス、ドテチン、ちむといういつものメンバー。
おのおの淀川CRに集合し、トレインを組んだり駄弁ったりしながらサイクリングロードを走る特に変化もないライドでした。

いつもは淀川を御幸橋まで遡上したあとは木津川へ向かっていたのですが、この日は桂川を北側へ。
ちょうどロードバイクデビューから一年が経ち、納車4日目に走った地獄の思い出ルートを今の実力で走ったらどう感じるのか興味があったので嵐山へ向かうことにしました。

順調かつ一年前より速い巡航速度で嵐山に到着し、お昼を済まして帰路へ。
往路と同じように順調に桂川を南下し、一時的に鴨川沿いにスイッチしたときに事故は起きました。

鴨川に架かる202号線の橋を横断し、橋から鴨川沿いの歩行者・自転車用の道に入る短い下り坂へUターンするかたちで入ったとき。

『ガイン!!』

ゴルカス・いなはる・ちむと順番に下った後ろで大きな音が響きます。
ほぼ同時に「うぁ゛ぁ゛ーーー!!」と呻きにしては大きい声が聞こえ、振り返るとそこにはうずくまるドテチンの姿が。

Uターンした直後、車などが入れないように金属ポールが立っていたのですが、ドテチンから見て前を走っていたちむさんで死角になってしまったのか、避けきれずこれに直撃。

本人もはっきりとは覚えていないとのことですが腰を強打し、すぐには這って動くことすらできない様子。
脂汗も酷く骨折なども心配されましたが、瞬間的なショックからも徐々に落ち着き、数分後には肩を貸して近くのベンチに移動できました。

衝撃音のわりに自転車は無事でしたが(ジャージも無事でした)、流石に自転車はもちろん歩くことすら難しかったので、ドテチンが加入していたau自転車保険のロードサービスを召喚することに。

そのあとドテチンと自転車は現場から一番家が近かったゴルカスの家までロードサービスの車で移動。ゴルカスは自走で家まで戻り、合流した後は自家用車で病院まで向かったとのことでした。
(ついて行っても仕方ないので私とちむさんは途中で帰宅)

診察の結果、骨に異常は無く単純にめちゃくちゃ強く打ち付けたみたいな感じだそうでした。
痛みはかなり長引いてしまい、最近になってようやくLSDなどのリハビリライドを始めております。

反省点:
道中基本的にはハンドサインや声出しをしていたが、Uターン直後で疎かになっていた。また、速度が出ているときは緊張感から集中しているが、逆に速度が緩んだタイミングで注意が散漫になっていた。

-----

2015年12月26日

やっぱり事故や落車は怖いね。気をつけようね。
と、安全への意識を高めたはずのドテチンvsポール怒りのデスマッチからわずか3日後。

舞台は京都宇治市、笠取山付近へと移ります。
療養中のドテチンに想いを馳せながらゴルカス、ちむさんと共に3〜400メートル級の山を登ったり下ったり、この二人相手では引き回されるかたちになる私はゼェゼェとヒルクライムに勤しんでいました。

そしていくつかの山を越え、谷山林道というところを東へ下っているとき。
相変わらず下りが速いゴルさんが先行し、ダウンヒル苦手組のちむさんと私がゆるゆると下っていると、林道には似つかわしくない蛍光イエローの巨大イモムシのような物体が道のまんなかでうごめいています。

そうです落車したゴルカスです。

下っている途中で後輪がロックし、解除している間にもコーナーが迫り、曲がりきれずに落車とのことでした。
その際に石垣か壁かに膝をぶつけたようですが、だいぶ減速が済んでいたのかダメージは最小限に済んだようで一安心。落ち葉が堆積した道の脇で蠢いたせいか、イモムシが泥と落ち葉でミノムシのようになっていましたがすぐさま再スタート。

ちなみに先日納車されたばかりのFUJI SL1.1で2回目か3回目かのライドでしたがフレームは無事。ガーミンのマウントだけ破損したようですが他に大きな被害もなく(ジャージも無事でした)、その後も大してペースを落とすことなく2つほど山を越えて無事に帰宅しました。

反省点:Newフレームの感覚を掴みきっていない状態のライドは要注意。特にダウンヒルやコーナーは注意してもし過ぎるということはない。

-----

2016年1月2日

ゴルカスが草むらに突っ込む。

反省点:草むらに突っ込まない。

-----

2016年1月9日

年末にこういった落車が相次ぎ、今年は無事故・安全運転で行きましょうとあらためて認識を共有。
この日の時点ですでにARGON18 GALLIUMが店着していたので、一年間を共にしたCAAD8とのお別れライドということで感謝を込めつつサドルに跨がります。

この日は北摂コース。
ゴルカス、ちむさんとの3人でいつも通り勝尾寺・高山・妙見山と登り、野間を下って堀越峠から423号線に戻り、余野のファミマで一息。久しぶりに激坂小学校と天狗岩を登ろうということで110号線を登って進路を東に取ります。

このとき私は先頭。110号線を上りきって下るかという辺りで後方にゆっくり走る大型トラックが確認できていました。
110号線のような片道一車線で広くはなく、カーブが多い道では大型車はかなりゆっくり走ることになり、その後ろで自家用車や自転車が渋滞を起こすなんていうのはよく見かける光景です。

そこで私は先行した方がストレスもないだろうと緩斜面の下りに入ってもペダルの回転を止めず加速。
予想通り後ろを振り返ってもトラックが追いついてくる様子も全くないので、そのまま速度を維持して気持ちよくダウンヒルを続けてコーナーを左に曲がっているときです。

ズズズーッと後輪が滑る嫌な感じがして、背中が粟立ちます。

(あ、やっちまったか)

そのまま車体が左に傾いていくのが分かり、リカバリーしようと考える暇もなく身体は容赦なくアスファルトに迫り落車を覚悟。
ズザザザッ!と左側面全体が滑るように地面に接地し見事落車と相成りました。

頭の中に真っ先に浮かんだ、というか落車の最中から最優先にしないといけないと分かっていたのは後ろからトラックが来ていることへの対処。
幸い固まって身動きが取れないなんてことはなかったので、身体や自転車の状態を確認する前にバッと立ち上がり自転車を引きずって道路脇へ。

20秒か30秒、思ったより長い時間トラックを待っている間に反対側に転がっていくボトルを拾いに行きたい気持ちを抑えたり身体を簡単にチェックしたり。ジャージやビブに破れなどは確認できなかったので、ひょっとして打撲で済んだか?とも思うも太ももの付け根の外側がジンとしています。

「擦過傷かなぁ……嫌だなぁ」なんて考えていたらトラックが通過。
反対車線にボトルを拾いにいって戻ってきたらゴルカスとちむさんが追いついてきました。

でへへ……こけちった。

ヘラヘラ笑えるくらいには大丈夫だったのですが、ちょうど退避スペースのようなところがあったので移動して改めて状況を確認します。

地面にぶつけたというか擦ったのは左肩から左膝まで概ね左半身全て。ウインドブレーカーの肩から腕、黒い生地の部分が擦れて白くなってましたが破れやほつれは無し。じんわり痛み出してる腰部左側、ビブが真っ黒なので出血があるかは分かりませんがとりあえず穴は開いていません。

そして購入して2回目の使用であるシューズカバー。

boa.jpg


あ、あっ!ああぁ!!あああうわああぁあああぁぁぁ!!
付けたままボアダイヤル調整できるやん。
すげえめっちゃ便利!
ほんとだ超便利!ってバカ野郎。

さて身体のほうの確認ですが、まあ無傷では済すみませんでした。
怪我の詳細については痛い話が苦手な人もいるでしょうから別記事にてまた書くと思いますが、傷の度合いとしてゴルカス曰く

アスリート的には無傷。
んなわけあるかい。

本心からの「んなわけあるかい」でしたが意外にも体は全く不自由なく動きますし、パワーも出る感じです。
実際帰りのルートで残っていた13%の勾配を含む激坂小学校も問題なくクリア。無事に帰宅することができました。

-----

言わずもがな、私の落車に関しての原因はトラックに追いつかれたくないという「調子乗ってた」「イキってた」「スケベ心丸出し」という安全を優先すればまず起きないであろうものでした。本当に恥ずかしい限りです。

不幸中の幸い、単独事故という形で終わりましたが、トラックがもっと迫っていたらこけたところを轢かれてお陀仏でもおかしくありません。
偉そうなことをいえる立場では全くないのですが、巻き込まれについてはどうしようもない面もありますが、単独事故は心構え次第で大半は防げると痛感しました。

実際のところ、落車の大半の理由は「安全確認不足」「ライディング技術の過信」あたりだと思います。
この記事のタイトルからして本当に反省してんのかいという話ですが、今後は本当に気をつけます。去年も同じようなことを言ってた気がしますが気をつけます。

どうぞ読者のみなさんも事故にはお気をつけて。

▽反省しろ▽
posted by いなはる at 00:02| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする