2016年10月31日

2ヶ月のサボりで自転車力は死ぬ

2016年7月、自転車の夏が来た──!!

とまあスポーツ+夏といえば

青い空、迸る汗、爽やか!

みたいなイメージがあったり、実際プロのロードレースでも一応メインのシーズンということになっているのですが。

個人的な感想としては

灼けるアスファルト、こみ上げる胃液、死に体!

なわけですよ。
実際に今年は37度を越えるような日が珍しくなく、天気予報でも「熱射病に注意」を通り越して気象予報士が真剣なトーンで外に出るなって訴えかけていました。

そんな厳しすぎる気候と、富士ヒルとしまなみ海道390kmという大きなイベントを2つこなして気が抜けた……なんて理由で7月半ばから8月まるまる、2ヶ月弱ものあいだほとんど自転車に乗らないという怠惰の極みを謳歌してしまったのです。

-----

9月に入り若干日も和らいできましたしボチボチ乗っていきますかー、と本当に久しぶりに山へ繰り出したのですが、

もうすんごいの

夏のちょっと前に勝尾寺を14分44秒で登り平均くんを撃破したことはお伝えしましたが、このたび息を切らし脚を震わせ真剣に登りました結果、記録は18分。

……。

妙見山では190wで登り始め2km地点のお寺の前で貧血を起こし脂汗を垂らしながら怒りの足つき。
スタミナで言うと50kmを超えると150wが、80kmを超えると100wが維持ができないという、冗談であってほしい弱りっぷりに絶望を超えて笑えてきました。

まあ目視で分かるほど脚が細くなっていましたし、「ある程度は……」と予想してましたが軽く凌駕してきましたね。自分の才能が恐ろしいです。
230wあったFTPが推定180wですよ。いや、一番酷かった時は1時間180w維持しろといわれても多分無理だったと思うしもっと下かも……。

自業自得でしかないので、まだ走りやすい今のうちにリハビリを進めております。
9月から復帰して今日で10月も終わりですので2ヶ月弱、前みたいにゴリゴリトレーニングしたわけではないですが、なんとか勝尾寺なら210w、短い高山なら240wで登りきれる程度には回復してきました。

-----

10月24日、ウイルス性腸炎に罹る。6マス戻る。

(つд;)ウエーン


▽鈴鹿はゆるぽたします▽
posted by いなはる at 22:29| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

いままでのあらすじ

img20090527_p.jpg


いままでのあらすじ

富士ヒルまで2ヶ月、頑張っていきまっしょいと右手を挙げたのちに放置型アフィリエイトブログに転向したかと思われる商品を羅列しただけの記事を残して失踪したいなはるだったが……?

絶好調から急転落の大台ケ原

勝尾寺の平均くんを撃破したあと、立て続けに妙見山の平均くんもKO。
平日の夜練はローラーに実走にと平日のうち3回は取り組むほどのやる気を見せ、富士ヒル70分台へ向け着々と仕上りを見せていました。

変調に気付いたのは富士ヒル1週間前の大台ケ原遠征。
部員で集まり富士ヒル本番さながらに力を入れて走力を最終確認しようという目的でした。

210wでスタートして、ある程度走ったところで様子を見ながら出力を変えて行くという作戦でしたが、30分ほど経ち激坂区間に入った辺りで出力を保てずズルズルと失速。
足つきしたいくらいの辛さに襲われ、そのまま回復することもなく最終平均188w。1時間43分という、これまでの好調が嘘のような結果に終わりました。

富士ヒル本番

先週の不調の原因も分からず、たまたまその日の調子が良くなかったのか他に原因があるのかもわからず今年も行って来ました。
決戦の場所は山梨、富士ヒルクライム2016。

なんだかんだで半年ほど嫌いなローラーも回し、遊びながらではありますがそれなりに頑張ってきたのでいい結果を出したいところ。

ちなみにおさらいすると目標の78分に必要な目標出力は223w。
・・・・・・でしたが目標を80分切りに下方修正していたので大体215〜220wほど必要な計算になってきます。

まあ今さらレースの中身を去年のようにこと細かく書ける気もしないので、サクっと結果を伝えてしまうと81分46秒。
維持できた出力は200wジャストという結果になりました。

内容としては大台ケ原と同様210wスタートの作戦で行ったのですが、今回も中盤に入る前から力を維持できずズルズル崩れながらも大会補正でわずかばかりの根性を見せたという感じです。

正直出し切れていない感じはあって不完全燃焼に思うところもあったのですが、それでも去年より8分ほど短縮できたのでこの1年ある程度成長はしたかなと自分を慰めました。

訪れなかった平穏 390km刑罰ライド

恐らくこのブログに登場してなかったRYOくんというしばらく前から自転車を始めていたゴルカスやかみやんの昔なじみがいるのですが、彼が「ロングしたいよー!!」と叫びっぱなしだったので 富士ヒルも終わって落ち着いた7月に決行することになりました。
今回はRYOくんが主導だったので僕は参加することだけ伝えてルートなどは任せていたのですが、最初に聞かされていたのは確か250kmほど。まあずいぶん前にビワイチで210km走れてるし平坦基調なら問題ないだろうという腹積もりでした。

さて、実際のルートは新居浜という愛媛県今治市の少し東にある港までフェリーで行き、そこをスタートしてサイクリストの整地『しまなみ海道』を越えて大阪まで自走で帰る約400km。

バカじゃねえの?という言葉を飲み込まずにRYOくんやゴルカスに散々浴びせつつ道中を進んで生きます。
せっかくのしまなみ海道ですが、パンクに見舞われたり雨に降られたり、なによりこれを渡りきっても300km残っているという現実により聖地が全然満喫できませんでした。
こういうのはね、スポーツ趣味の恋人と前泊か後泊とってレンタサイクルとかで渡って公共交通機関で帰るもんなんですよ。

無事に本州尾道へ突入したあとは簡潔に。

本州に入ってしばらくして、慣れないトップチューブバッグの影響でペダリングが乱れ膝を壊したドテチンがDNF
5人で1つしか用意していなかった輪行袋が早速投入されこれで保険はゼロに(そもそも誰も250kmすら走ったことないのに輪行袋1つしか用意してないってどんな舐めプやねん)。

コンビニでこまめに休憩を取りつつ備前に入る頃に200kmを越えて日没。
赤穂を越えて姫路に入る前、登りの途中でちむさんが「寒い」などといった供述を始める。7月、しかも運動中である。

あからさまに体調が芳しくないようなのでコンビニで大休憩を取るが、焼きそばを口から垂らしたまま完全停止。
どこかのビジホで離脱するかなど真剣に話し合いましたが、いくらか回復したらしいので再出発を決めました。

その後もひたすらに東へ。
変わらず調子の悪いちむさんと、中盤から尻の痛みがひどく10km進むごとにケツがひとつ割れていく私とRYOくんを尻目に、最初からずっと先頭を牽き続けるゴルカスは変態だと思いました。

尼崎の辺りで朝を迎え走行距離は360kmを越えました。
車通りが増えていく中、知っている土地に戻ってきてゴールが近いという事実だけを心の支えにゴールの南港に無事到着。

記録としては距離392km、23時間45分となりました。
途中から最短コースを選んだので400kmは越えませんでしたがもういいです。二度とやりたくないです。

おわりに

と、こんな感じで頑張ったり頑張らなかったりしていた半年でした。
今は夏の間に弱りまくったのでそのリハビリを続けていたら腸炎に罹ってまた弱っているという感じです。
弱体化の話については自分の中でもショックだったので次の記事にでも書こうかと思います……。

んでブログが止まっていた理由ですが、特にこれといった理由はないです(ないのかよ)(ないよ)。
まー「新人が引きずりまわされてボロボロになるスタンス」だったのでそこまで引きずり回されなくなったし書き辛くなったとか、自転車に関して初めて尽くしの1年目と比べたら新鮮味に欠けてどうにもこうにも……みたいな感じです。

今後はスタンスとかテーマにそこまでこだわらず、ぼちぼち更新できたらいいかなと。
自転車に関係ない記事とかでもいいかもですね(そういうことをすると完全に終わることを私は知っている)。

それでは今後ともよろしくお願いします。

▽ブログ村で村八分の当ブログを救ってください▽
posted by いなはる at 18:40| Comment(6) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする