2016年11月05日

【図解】ウインドブレーカーのコンパクトなたたみ方

ブログを再開したのはいいのですが、各所から『写真が少ない』『文字だらけで読みづらい』『見栄えが悪い』『吐き気を催す』『ブログを舐め切ってる』といったお言葉を頂戴しましたので、今回は趣向を替えて画像をふんだんに使った記事を提供したいと思います。

ただご存知の通り、ライド中・登坂中に立ち止まって写真を撮る=足つきすることは敗北でありひいては人生の敗者であるといった教訓のある当チャリ部ですので、例によって景色やグルメなどといったロードバイクの魅力を伝えるための写真は今回を含め掲載の機会はごく僅かだと思われます。ご了承ください。

-----

先日の冬ウェア紹介でもシャカシャカ(=極薄ウインドブレーカー)の重要性はお伝えしましたが、こまめに着脱するということはバックポケットに突っ込む回数も増えるということ。
薄い生地とはいえグシャグシャーと丸めるだけではなかなか綺麗に収まってはくれません。

というわけで今回は大量の図説写真と合わせてシャカシャカのコンパクトなたたみ方を紹介したいと思います。
ちなみにこの方法は弱虫ペダルの巻末に掲載されていた方法ですので私のオリジナルではありません。
渡辺航先生と先生に教えてあげたという自転車仲間の人に感謝。

-----

1.まずはジッパーを閉めて全体を広げます。裏表はどちらでもOK。


2.胴の3分の1あたりで折り返します。


3.袖を胴体部分に沿わせたいので、袖を一旦反対側に折り返し、今度は90度下側に折ります。


4.袖を含めたままもう一度反対側の袖に向けて折り返します。


5.下半分を上側に折り返します。


6.もう半分に折り返します。襟がはみ出ている場合はそちらも下側に折り込みます。
このとき高さが肩口と同じくらいの長さになるとあとがスムーズです。


7.[6]で横長の長方形になりましたので、胴側からくるくると巻いていきます。
空気を抜くようにギュッギュと巻くとよりコンパクトになります。


8.そのまま図のように袖の残りの長さと幅が同じくらいになるまで巻いていきます。


9.袖口を裏返し、今まで巻いてきた固まりを包み込みます。


10.そのままぐいっと。半分くらい袖で包めたら問題ないです。


11.完成!!


12.こんな感じでポケットにもすっぽりとスマートに収まります。


-----

いかがでしたでしょうか。
分かりやすいように行程をかなりバラして書いたので面倒くさそうですが、慣れれば30秒とかかりませんし立ったままでもできます。
多少雑に巻いても最後の袖に包むとこまでやってしまえば分解することはないので、もしこのやり方をご存知でなかった方は試してみてください。

余談ですが、最後の方の両手が映ってる画像ですが、正座して太ももでスマホを挟んでタイマーで撮影しました。
ブログに写真を載せるって大変ですね。

▽また有益な記事を書いてしまった▽
posted by いなはる at 19:07| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする