2015年04月06日

時速50kmからの落車を体験しました

4月4日(土)

前回お伝えしたとおり、チームジャージが完成後、初めての出動です。

朝からいつもの駐車場で待っていると、昨晩写真で送られてきたジャージを着用したゴルカス部長が到着。自分の分を受け取るとさっそく袖を通し、お揃いのピチジャーを着たおっさんペアルックの完成です。
これで遭難でもして死んでしまおうものなら、世間の皆様からホモの心中と思われかねないので、今日も「生きて帰る」という目標を胸に刻んで出発します。

北摂の山も慣れたもの、西田橋をスタートして頭に入ったコースを進んでいきます。
ルートとしてはまず勝尾寺、高山、妙見山、そのまま下って野間の大けやき前で最初の休憩です。
ここでは冬季休業から再開した『ありなし珈琲』でブレンドを頂きました。ビスケットがついてくるのが嬉しいですね。
休業中は正直小汚い小屋にしか見えなかったのですが、深緑のテントが広がり、ベンチやテーブルも用意されたスペースは穏やかな気候も手伝って、気持ちのよい休憩スポットへと変貌していました。

ライダーやハイカーに混ざって休憩した後は、明月峠と逢坂峠を周りつつ(堀越峠は掘り越さず)亀岡方面へ。少し市街地を通ってコンビニで昼休憩に入ります。

それにしてもキツい!
淡々と行程を記録していますが、この日のライドは本当にキツかった。というのもなんやかんやで同行者のゴルさんはロード歴一年以上。いつもはみんなでワイワイロードバイクなう!していますが、今日は「普段どおり」のペースで走るとのことで、それについて行くこちらは初っ端の勝尾寺からへたれっぱなしです。
ソロのときは自分に甘えるし、もっと人数がいるときはそのとき一番疲れてる人に合わせるので、どこかしらで休める区間があったのだと思い知らされました。

そんな終始追い込まれっぱなしの道程も折り返し。そして今までの北摂行脚ではメカトラや膝のおっさんなど、何かしらのトラブルで時間をロスして回りきることが叶わなかった高槻方面を初めて周ることになります。

亀岡から6号線を南下し、前回まではショートカットで46号線へ右折していましたが、今回はそのまま6号線を進みます。
しばらくダラダラと緩い坂を登り続けると今度は長い下りに。道幅もあり、傾斜もゆるく、カーブも先の道が見える程度。踏んだ分だけ加速の実感が沸いてくる気持ちいいタイプのダウンヒルです。

速度はグングン上がり、サイコンの表示も50km/hに届こうかという数字を維持し続けています。 ゴルさんが先行し、さらにその数十メートル先には大型のダンプカー。どうやらそれだけの車間距離でもドラフティングの恩恵があるようです。 速度も出ていたし、始めて走る道です。集中はしていました。集中はしていたのですが。





ブレーーーーーーーーキ!!!!!

ダンプカーのブレーキランプが光ったかと思うとゴルさんの叫び声。ダンプカーが急ブレーキをかけたのです。

流石にこちらも下ハンでブレーキに手をかけていましたが、テクニックも何も意識することができず、一気に握り締めます。
ギャギャッ、というタイヤの擦れる音が耳に入り減速をし始めますが、全く止まりません。ブレーキを握っているはずなのに前方のゴルさんとトラックが視界のなかでどんどん大きくなることに恐怖を感じ、そして同時に後輪が大きく滑りました。

グニャ、っとバランスが大きく崩れ、なんとか体勢を保とうとしますが、左に、右にと身体が揺さぶられ、ここで落車を覚悟。
「受身を取らないと」という考えがよぎったのですが、地面に接地すると想像以上に勢いがついていて、ドスン!ゴロゴロ!と道路の上を2回転。

バッと起き上がり、最初に目に入ったのは坂道を転がっていくドリンクボトル。

あ、ボトル。あっ。

何故か真っ先にボトルの心配をして追いかける私。
同時に少しだけ冷静になり、問題なく歩けている事に安堵します。

我ながら派手に落車したと思うのですが、身体のほうも肘をわずかに擦り剥き、尻を打ち付けた程度で大げさに怪我と言える程のダメージもありません。
すぐに自転車も道路脇に運び状態を確認。幸いチェーンが外れて、あちこちに小さい擦り傷がついた程度で走行には問題がないようでした。さらにスマホホルダーやライト、ボトルゲージなど、破損しやすそうな外付けオプション品も全て無事というミラクル。

ああ…ほんま死ぬか思った……。
ポチポチポチポチ
……? なにしてんの?

お前ほんま、ほんま……ほんまお前なぁ……。

自分がこの落車でも軽症だったのが普段の行いによるものだとしたら、このゴルカスとかいうカスは、立ちごけしただけで頭打って死ぬと思います。

大丈夫そうやし、とりあえず行こか。
おう。……ん?
どうした?
あ、あ……あ、ああぁ……。

落とした物などがないかとジャージのポケットを確認したときです。



ja04.jpg


あ……ア、アァ……
……ウワアァァァァー!!
ウワアアワアァァアアァァァ!!

今日袖を通したばっかりのチームジャージに穴が!!
半日しか着ていない14500円の高級ジャージに穴が!!!!

膝から崩れ落ち、山奥でむせび泣く事しばし。
自転車や身体はほぼ無事だったものの、大きな犠牲を払うことになったのでした。

-----

さて今回の件ですが、改めて反省ですね。

ひとつは車のドラフティングにあやかろうなどと思わないこと。仮に同じタイミングでブレーキをかけても車と自転車では制動距離が段違いです。
もうひとつは周囲にもっと気を配ること。あとから落車地点をストリートビューで調べたところ、手前に幅員減少の道路標識が立っていました。ダンプカーの急ブレーキも、道幅がすれ違いできないほどになったタイミングで対向車がきたという理由っぽかったです。

まあダンプカーの急ブレーキに腹が立たないかといえば嘘になるんですけど、調子に乗ってスピードを出しすぎたこと、車間距離を十分とらなかったこと、それによりダンプカーの影で対向車が見えていなかったこと、道路標識を見落とし危険察知ができなかったことと、こちらも役満レベルでギルティですので何も言えないです。

-----

そのあとも3つに割れた尻をかばいつつ、残りのルートを進みました。
林道だらけで雰囲気は好みでしたが、なぜ直線で道を作ったと問いたくなるような激坂も2箇所ほど。まあ今回は落車のインパクトが強すぎたので、また今度同じルートを通ったときにレポ利他いと思います。

事故には気をつけよう!


-----

▽このバナーにしてからクリック数が3倍になりました▽
posted by いなはる at 23:10| Comment(12) | ライドレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それは大変でしたね。
新しいジャージは残念でしたがそれでも大怪我にならなかったのは何よりです。
私も下りで派手にすっ転んだ事があります。私の場合は半乾きのコーナーにドライ時と同じ速度で突っ込んでグリップを失いすってんころりんです。幸い軽傷で済みましたが後ろから車が来てたら死んでました…
お互い失敗を糧にして速度の出る下り時は細心の注意を払って走るようにしたいですね。
Posted by やまちゃん at 2015年04月06日 23:42
はじめまして、いなはるさん。
いつも楽しく読ませていただいております。

落車したときに一番ダメージ食らうのってジャージかヘルメットなんですよね。
さらに買ってから半年以内だと特に精神的ダメージ大きいです。
私も3万円のジャージがずたぼろになりました(泣)
なにはともあれ、お体が無事でよかったです。
ダウンヒルはお気をつけください。

落車してからダウンヒルでは速度が出せない豆粒より。

追伸.このバナーは押さざるを得ませんwww
Posted by 豆粒 at 2015年04月06日 23:44
その状況でよく軽傷で済みましたね。
いや、ほんと大事にならずに良かったです。
私はオートバイも乗ってまして、父親や仲間が事故で死んだり、怪我したりってしてるので転倒の怖さが身にしみてます。

好きなことして死んだら元も子もないので、ほんとお気をつけ下さいね、ほんと、マジで。
Posted by sumi at 2015年04月06日 23:54
軽傷で何よりです
今のところ落車や立ち転けが無いので『ホンマにヘルメット要るんか?』とか思ってましたけど、確実に必要ですね
Posted by ザク豆腐 at 2015年04月07日 07:07
ほんまに、ほんまに軽傷で何よりです。・゜・(ノД`)・゜・

いつも楽しく拝見させて頂いてる、いなはるさんのブログファンの一員より!
Posted by たけ at 2015年04月07日 07:50
◆やまちゃんさんおはようございます!

下りのブレーキで後輪が滑ったことは1,2度あったのですが、やはり実際に痛い目を見ないと恥ずかしながら自制できていなかったようです。
やまちゃんさんもご無事で何より。せっかく新しい趣味を見つけたんですから、今後もケガ無く楽しく乗り続けたいですね。


◆豆粒さんおはようございます!
はじめまして、ご訪問ありがとうございます!
プロ選手を見ていても落車した人はジャージボロボロになってますもんね……。下ろした当日は精神的にもかなりダメージを食らいましたが、身体が無事だったので逆にラッキーだったと思い込むことにします。
ぐぬぬ……。
Posted by いなはる at 2015年04月07日 09:34
◆sumiさんおはようございます!

自転車やオートバイはほぼ生身で乗ってますからね……特にダウンヒル中は速度も出てるし前後に車がいる場合もあるし、本当に気をつけなければと真面目に意識を改めました。
ちょっとの怪我で怖い思いが体験できたのは幸いだったかもしれませんね。


◆ザク豆腐さんおはようございます!
もちろん事故や怪我なく乗り続けられるのが一番なのは当然ですけど、どうやってもリスクをゼロにすることはできませんしね。ヘルメット&長袖大事です……。
ザク豆腐さんもどうか無事故記録を更新し続けて下さい。
Posted by いなはる at 2015年04月07日 09:43
◆たけさんおはようございます!

拙いブログですが、読んで頂きありがとうございます!
色々ありましたが自転車もブログも続けることができそうですw
今後もよろしくお願いします。
Posted by いなはる at 2015年04月07日 09:52
乙であります。

当日のツイートの内容からして、ダウンヒル中にチェーンが外れてバランスを崩し転倒と理解していたのでチェーンキャッチャーを薦めていたのですが、そういう理由だったのですね。勘違いしていました。

前後輪のロックはほんとに怖いですね。
50km/hだったらリカバリーが効くとも思えません。
ダウンヒル時はいなはるさんの教訓を胸に留めときたいと思います
Posted by 風鈴 at 2015年04月07日 10:30
風鈴さんこんにちは!

幸い走行中のチェーン脱落は未経験です。ただ、チャリ部の中ではあった話なのでチェーンキャッチャーは真面目に考えたいですね。そんなに重さもないみたいですし。

しかし先行していた部長は止まれていたので、やはりテクニックも大きいんだと思います。スピードを出す技術以上に、スピードを殺せる技術もしっかり身に付けないといけませんね。
Posted by いなはる at 2015年04月07日 12:39
大きな怪我でなくなによりです。

私も似たような経験あります。
とっさの時って、なかなか止まれないモンですよね。

ランキングポチッとしておきます。
Posted by じょんNA8 at 2015年04月10日 16:31
じょんNA8さんこんばんは、はじめまして!

今思えば予測できるタイプの事故だったので、本当に気をつけないとなぁと反省しています。やっぱり怪我だけは避けたいですからね。

クリックありがとうございます!今後も更新がんばっていきます。
Posted by at 2015年04月10日 19:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]