2015年04月22日

STRAVA新機能『Flybys』が面白い

このブログでも何度かデータを引っ張ってきているSTRAVA(ストラバ)。
簡単に説明すると、GPSでサイクリングやランニングの記録をサイコンやスマホ経由で保存できるアプリ・WEBサービスです。

自分の走行記録を残すのはもちろん、フォローした友人や同じコースを走ったサイクリストとタイムを比較したりもOK。
特に人気なのが、各地に点在する『区間』。stravaにあらかじめ設定された区間を通過するだけで、操作不要でタイムを抽出してくれます。過去にその区間を通過したアカウントのタイムがランキングとして表示され、自分の実力や記録の更新などが一目で分かり、ロードバイクをもっと楽しむことができるサービスです。

詳しくは公式サイトに行くか紹介ブログなどを探して頂くとして、今回紹介したいのは新たに実装された『Flybys』
直訳すれば上空飛行。GPSで記録された走行ルートや通過時の時刻を元に、あたかも上空から撮影されたようにアクティビティを再生できるという機能です。

言葉では説明が難しいので、キャプ画像を使って詳しく紹介したいと思います。


st1.jpg

まずは個別の記録を表示させ、『Flybysを見る』をクリック。

すると全面に走行ルートを含むマップと、左側に操作パネルが表示されます。


st2.jpg

操作パネルに自分のアカウントと一緒に走ったアカウント、さらに関連のありそうな人も表示されるので、アクティビティを再生したいアカウントにチェックを入れます。もちろん複数のアカウントを同時にチェックできます。

準備ができたら再生ボタンをクリック。
時間経過に合わせてアイコンがソロソロと動き始め、誰がどのようなペースで移動したのかを楽しめます。
再生ボタン下側のスライドで時間のスキップ、右側のスライドで再生スピードが調整できるようです。


st3.jpg

だいたいグループライドだと、こんな風に固まって走ることになると思いますが……


st4.jpg

ここでグループが2つに分かれた、とか……


st5.jpg

アタックを仕掛けたぞ!とか……


st6.jpg

それぞれ自宅から集合場所に移動している様子などなど。

特にグループ内で競争をすると、その時は必死で周りの状況が把握しきれないですけど、こうやってあとから俯瞰で見ると誰が千切れたとか実はギリギリまで詰められてたなんてことも分かって面白いです。

-----

新機能とか書きましたが、最近気付いただけで実は以前から実装されていたかもしれない。


▽バナー戻してからクリック率が激減▽
posted by いなはる at 15:17| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつの間にこんな機能が!?
これは面白いですね。早速走行会での自分と他の人との走りを比較しながら楽しみました。
紹介有難うございます。
Posted by やまちゃん at 2015年04月22日 16:40
なるほど、公開した後の話なのですね!
走行会の後OFFにするのを忘れると、絶妙のタイミングで嫁から電話がかかるアプリかと思ってましたw
Posted by ザク豆腐 at 2015年04月23日 07:35
やまちゃんさんおはようございます!

この機能はグループ走行が醍醐味ですね!
千切ったり千切られたりするとその時はどうなってるか分からないのであとから見るとより楽しいです。
Posted by いなはる at 2015年04月23日 09:34
ザク豆腐さんおはようございます!

無料アプリなのに(有料機能もありますが)面白い機能が揃っているし色んな人に使って欲しいアプリですね〜。
さすがにユーザー同士しか比較できないので、とりあえず一緒に走るような身内にはどんどん普及していきましょう!
Posted by いなはる at 2015年04月23日 09:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]