2015年05月28日

CAAD8を乗り回してからの感想/ロードバイク一台目の選び方

ロードバイクを始めるにあたり、エントリーモデルを選んで後悔したのかどうかという話をします。

というのも何故か最近検索エンジンからの訪問が増えているようで、その大半が「ロードバイク始めたいけど、どれ買えばいいのかなぁ」というニュアンスを含んだ単語の組合せ。しかしいざこのブログを読んでみればご存じの通りアレな内容ばかりで、車体選びの参考になりそうにもない状態。
少なくともメルヘン世界のおっさんが人間世界のおっさんの膝をいじめるような内容を求めてこのブログに辿り着いている人はいないように感じます。

せっかくなので1台目のロードバイク選びの迷宮に迷い込んでいる人のために、少しでも参考になる内容が残せればと思い今回の記事を書くに至りました。……残せるかなぁ。

-----

自己紹介などにも書いていますが、私が1台目に選んだのはCannondaleのCAAD8、tiagraモデルです。アルミロードの中では優秀だと評価されることの多いフレームで、完成車の税込価格が145,800円でした。

結論から言うと、いい買いものをしたと思っています。

後悔した要素がゼロかと聞かれれば首を縦に振ることはできませんが、とりあえずロードバイクを楽しみたいなら十分すぎる性能だというのが5ヶ月弱、3000km乗ってみてひとまずの感想。

基本的に他のバイクとの比較ができないので、CAAD8にしか乗ったことのない人間の絶対評価です。評価なんてえらそうなものでもないですが……まあゆるっとした感想としてお聞きください。

-----

CAAD8 tiagraでもロードバイクをロードバイクとしてガンガンに楽しめると思います。
山だろうが平地だろうが踏んだだけ、回しただけが速度に変換され、グングン進んでいきます。ママチャリでは考えられなかった速度で巡航し、とても辿り着けないような場所まで自分の身体と自転車だけで行くことができます。

いわゆる「趣味としてのロードバイク」を始めたい方にとって、エントリーモデルの車体でもその世界は十分に味わう事ができるのではないでしょうか。
極端な話、50万のロードバイクを買おうが10万のものを買おうが、初めて乗る人にとっては得られる感動というものは大した差がないんじゃないかとまで思います。例えば今まで洗濯板を使って洗濯をしていた人が、型落ちの全自動洗濯機を買っても最新のドラム式を買っても、同じくらい幸せになれると思うんですよね。(この例えだと3万円ぐらいのクロスバイクっぽいやつは二槽式洗濯機になったりするんだろうか)

もちろん、ロードバイクに限りませんが趣味にがっつりハマってしまえばより良いものが欲しくなるのは道理ですので、絶対に続ける自信があって向こう10年以上の趣味にするつもりなら最初からいいものを買うのもアリだとは思います。ただまあ予算に限りがある人の方が多いでしょうから、そういう方に対しては「10万・15万でも全然楽しめるよ!」と不安を取り除く言葉をお伝えしたいと思います。

-----

複数のブランド・モデルから候補を出して決めかねている方もいると思います。
コレに関しては「デザインで決めろ!」と声を大にして主張したいところ。むしろ予算の関係で性能は妥協しても、気に入ったデザインや色があるのならそこは妥協しないで金を突っ込んでもいいと思います。
ロードバイクを楽しむにあたって、車体への愛着というのはかなり重要です。かっこよくて、可愛くて「俺の自転車が一番かっこいい!」と見てるだけで幸せになるような愛車であれば、乗り続けるモチベーションというものも全然変わってくるはず。

-----

では変わってゼロではないと申しました後悔した点についても少しだけ。

やはりハイグレードのカーボン車に比べ、車体が重いという点。
ロードバイクは軽さが正義という面があって、特に登りでは1kg変われば体感できるほどの差となります。人によっては100g単位で変わるという話ですが、素人に感じ取れるかどうかは少々疑問。
しかし始めたばかりの人は乗れば乗るだけ強くなれるので、重量を極端に気にするのは実力が頭打ちになってからでいいのではないかなとも思います。

次にコンポーネント……と最初の頃は思っていたのですが、tiagra、これで十分戦えます。そりゃまあヌルヌル変速したりギアに幅があった方が快適ではありますが、tiagraだと困る!というようなレベルではないです。変速も技術を身に付けちゃんとメンテナンスをしていれば気持ちよくスパスパ切り替わりますし。
ただあちこちで言われているようにブレーキの効きは少々怪しいです。しかしこれはブレーキシューを良いものに変えれば大幅に改善されますし、3〜5000円程度でできますので、これだけは換装されることを強くお勧めします。

他には……特にないですかねぇ。
よく雑誌やブログなんかでプロやショップ店員が「コンポは105以上で〜」「剛性が〜」「空力が〜」なんてインプレを見かけることがあると思いますが、そもそも脚や心肺が鍛えられていない状態の素人がそんなもの気にしても仕方ないと私は思います。というかホビーライダーでさえ剛性が〜とか言ってますけどほんまに分かってんのかと思わないこともない。

もちろんホイールをはじめ、パーツを交換していくのもロードバイク趣味の醍醐味のひとつだと思うので、その辺にこだわるのは分かります。
ただ、初めてのロードバイクに勇気を出して10万円以上を投資しようとしている人へ強引に薦めるものでもないのかなと。お金を出すなら十分にロードバイクの魅力に触れてから、意味と目的を自分の中で噛み砕いてから投資すればいいと思います。

-----

というわけでまとめると

・CAAD8tiagraはいい自転車だよ
・10万円ちょい出せば何買っても幸せになれるよ
・機材にこだわるのは強くなってからで遅くないよ
・でも色やデザインは妥協しないほうがいいよ


こんな感じです。
少しでも参考になれば幸いでございます。

-----

一年後にこの記事を読み返したら全く違う感想を抱きそうな気がする。

▽ブログ村 ロードバイクランキングに参加中▽

posted by いなはる at 22:46| Comment(16) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさにそうですね、買う自転車はデザインで決めていいと思います。
速さなんてのは、エンジン鍛えれば良いんです。
ホビーレーサーレベルならエンジン鍛える方が絶対速いですし。
コンポだってTiagraで十分な性能ありますしね。
えぇ、私も一時期はTiagra使ってましたし、今のサブマシンなんかはSORAですし。

さて、後は一年後どうなってるかが楽しみですね+(0゚・∀・) + ワクテカ +
Posted by sumi at 2015年05月28日 23:06
sumiさんおはようございます!

愛着が持てるかというのはかなり重要ですよね。毎日でも乗りたくなるくらい好きになれば、性能がどうあれエンジンは勝手に強くなって行くと思いますし(なればいいなぁ)。

tiagraコンポについては、むしろ目視でギア比が確認できるので大変助かっています。この辺は初心者にも優しい作りだなと思います。まあ触覚については、ええ、アレですけど……。
Posted by いなはる at 2015年05月29日 10:43
>>50万のロードバイクを買おうが10万のものを買おうが、初めて乗る人にとっては得られる感動というものは大した差がない

まさにこれですよね。楽しむための最低限のラインをクリアしておけば最初は何を乗っても楽しいですし、自分がどのような楽しみ方をするかが分かった頃にまた改めてそれに適した上のクラスのバイクが必要かを検討すれば良いんじゃ無いかと思います。
かく言う私の愛機は2年型落ちの格安販売品です。でもやっぱりウチのバイクが一番格好いい!!(笑)
Posted by やまちゃん at 2015年05月29日 10:59
すううううううううぱあああああああああああああ
Posted by ドテチン at 2015年05月29日 12:17
初めまして、コパンと言います。
大阪の泉州地域を中心に自転車乗ってます!

車種はいなはるさんと全く同じで
Caad8 6tiagra2015です!

自分の他に同じ車種の方がいないかなって思いブログ検索していたらここに流れ着きました。

またコメントなどすると思いますのでよろしくお願いします!

Posted by コパン at 2015年05月30日 02:18
やまちゃんさんこんばんは!

ですよね、そもそも「10万円の(安い)ものでもOK!」っていう感覚自体がロード未経験の人から見たらすでにおかしいですからねw
金持ちおやじの道楽っていう枠もかなりありますけど、ぜひとも若い人にも楽しんで欲しい趣味。というか自分もあと5年早く始めておきたかったですね…。
Posted by いなはる at 2015年05月30日 20:24
>ドテチン
もう一回読もうな?
Posted by いなはる at 2015年05月30日 20:25
コパンさんはじめましてこんばんは!

CAAD8を候補にしてたり評価が気になる人が多いみたいなので記事にしてみましたが、さっそくcannondale仲間が見つかりましたねw

CAAD8tiagra、バランスが取れていて入門にも良い選択肢になるバイクだと今でも思います。同じcaad8仲間として今後もよろしくお願いします!
Posted by いなはる at 2015年05月30日 20:30
ジャイアントはトヨタでありジャイアンツでありバートンである!(クロスバイクはジャイアントとルイガノしか知らなかったのでw
絶対王者を外して予算に収まるカーボンの105は?
人とあまり被らないオレのバイク、ギザ格好よすな〜
そんな選び方でしたね(笑)

2台目の方が難しいですね
欲しいバイクと買えるバイクの間で揺れ動く切なさがw

Posted by ザク豆腐 at 2015年06月04日 07:58
ザク豆腐さんこんばんは!返信遅くなりました

人とは違うバイクがいいとか、人気のやつがいいとかそういう選び方もありますよね。僕はあまりマイナーなのも怖いので、そこそこネット情報に踊らされたクチですww

確かに理解が深まった後の2台目のほうが悩みそうですね〜。1台目は「すぐ飽きるかもしれないし」というブレーキがありますけど、がっつりハマったあとだと歯止めが利かなさそうで怖いですw
Posted by いなはる at 2015年06月06日 22:08
初めまして。
自分も去年の10月に全く同じ色のcaad8 Tiagra購入しました。
漫画の某ペダルにはまってキャノンデールいいなー欲しいなーと思って心斎橋のショップに行ったときに、黒緑のを見て一目惚れしました。
自分も最初はコンポとか云々な記事を読んでもっと上のグレードがいいのかなぁなんて思いましたけど、実際に買って乗ったらそんなのどうでもいいぐらいに感動しました。
デザイン重視しとけ!他の部分は後から何とでも出来る!は全くその通りですよね。
欲しい!かっこいい!!って思ったものに乗れるのがどれだけ楽しいかを身をもって知りました。
惜しむらくはこのブログにもっと早く出会ってたら迷わなかったなぁ…と思ったら自分が買った後に記事が出来てるのに気がつきました…。
Posted by ぱら at 2015年06月18日 22:02
はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。
膝のオッサンのファンです。

私もCAAD8乗りです。しかもSORA。
いなはるさんと同じく、予算内で見た目の気に入ったものを買った感じです。
上位グレードへの憧れはもちろんあります。ありますが、そんな資金は持ち合わせていないので憧れでしかありません。
ただ、乗ってしまえばそんなこと気にならなくなりましたし、ヒルクライムで高級車をぶち抜くと一層楽しくなるので、これはこれでいいバイクだな、と思っています。

これからもブログ更新楽しみにしています。
Posted by 生え際の魔術師 at 2015年06月19日 11:47
ぱらさんはじめまして、こんにちは!

ママチャリくらいしか自転車を知らなかった人にとって、本当に魔法の乗り物ですよね。もちろん上位グレードの方が乗り心地が良かったり坂を速く上れたりするんでしょうけど、「ロードバイクすごい!」という感動が大きすぎて、実際エントリーモデルで始めても大きな公開に至ることは少ないと思います。

もちろん乗り続けていると物欲は湧いてくるのですが……。まあその後のカスタムもロードバイクの魅力ですね。お金をどこから出すかはまた大きな問題ですけどw
Posted by いなはる at 2015年06月19日 12:21
生え際の魔術師さんはじめまして、こんにちは!

読んで下さってありがとうございます!
膝のおっさんは私としても愛すべきキャラクターなのですが、できれば登場させたくない、登場するような状況になりたくないというのがもどかしいところw

先日の富士ヒル、回りが早い人だらけでハンドルから触覚が生えてるのは自分くらいだったのですが、確かに性能が劣るマシンでぶち抜くと爽快ですね……ちょっと性格悪いかもしれないですけどw
Posted by いなはる at 2015年06月19日 12:25
とても参考になりました。
考え方としては自分も似たり寄ったりでしたが、いいものを買っておいたほうが所有感を満たしてくれるだろうと考えていました。
そこでやはり105を考えてcaad10を探していましたが、いなはるさんの説明が初心の方にはぴったりで、納得です。

キャノンデールのMTBに乗っていますが、エントリーモデルのtrail7に乗っています。
100%見た目で選び、予備知識もなしに売り場で気に入って衝動買いしましたが、超満足しています。
バイクにも乗りますが、やはり見た目が良くないと愛せませんよね。

caad8でほぼ確定したので、あとは嫁を説得するだけですw
Posted by はんぺんフリーク at 2016年08月05日 08:59
はんぺんフリークさんはじめまして!
最近ブログ放置しているのでご返信が遅れてしまいました。

個人的な主張ではありましたが、少しでも参考になったのでしたら嬉しいです。
追記をするならこのcaad8で富士ヒルクライムや鈴鹿エンデューロといったイベントにも参加しましたが、別に問題もなくエントリーモデルだから困るなんてこともありませんでした。
さすがに表彰台を狙うような実力になればそうも言ってられないとは思いますが……w

時間がたってしまったのでアレですが、無事に嫁山岳を越えられたことをお祈りしています!
Posted by いなはる at 2016年08月29日 11:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]