2015年11月20日

鈴鹿エンデューロ超適当参戦レポ

というわけで去る11月14日。

あの鈴鹿サーキットを自転車で走ることのできる『スズカ8時間エンデューロ秋sp』に、我らがチャリ部も参加してきました。

参加前は部内でチームを作ってレースをするぞ!!と盛り上がっていたのですが、当日は生憎の雨模様。
雨天決行のイベントなので我々も参加するべく会場まで向かいました。が、やはり雨の中で競い合うのは落車の危険が伴いますので、気持ちとしては完全に記念ライドとなってしまいました。

そんなわけでレポートも超適当な感じになっていますがご容赦下さいませ。

-----

ほぼ雨ということが確定してしまったので、関東から参加する予定だったプロは時間も交通費も見合わないためDNS。
関西組は前日から車3台に分かれて三重県は鈴鹿市へ向かい、一泊4000円の激安旅館にINした頃にはもう23時頃。ババ抜きとダウトで無駄に体力と時間を消費しつつ翌日に備えます。

当日。もちろん雨。
本来なら夜明けより早く会場入りしてピットスペースを確保する必要があったのですが、ゆるポタ予定の我々は受付締切30分前に到着する意識の低さ。1階のピットは足の踏み場もないほどだったので、同じくギュウギュウだったバイクラックに何とか押し込んだらすごすごと3階の観覧席へ。

エンデューロ開始の8時が迫ってきたので一応スタート位置へ。
この時点で奇跡的に雨が止んでいたので富士ヒルの奇跡の再来か!?と胸を躍らせながらスタート時間を迎え走り始めます。

が、止んでいたのは本当にスタートの瞬間のみ。
ホームストレートを登り最初のシケインを抜けた頃にはバラバラと雨が降り始め、顔にバチバチ雨粒が叩きつけられます。

誰かの後ろに付こうとしても、前の人のリアタイヤが跳ね上げる水がシャワーのように直撃するためそれも難しく。
しかも雨だけでなくこの日はかなりの強風。ちょうどホームストレートが順風になる風向きだったのですが、25kmほどで走行して無風に感じるレベル。逆風になる立体交差下の下りはめちゃくちゃな環境でした。

8時間走ることはチャリ部の総意としても諦めていたので、せめて高強度で攻めようという気持ちがあったのですが、それもこの悪天候で吹き飛ばされてしまいました。実際、見知らぬ方がコーナーで落車する場面もあり、安全走行第一と相成りました。

ヒィフゥと30分強かけて3週を走ったところでピットイン。
全身ずぶ濡れで観覧席へ。ウェア類は大げさでなくジャバーと水を絞れるほどでした。

そんな感じで交代もさして急がず、しばらくの間は走りたい人が走るみたいな感じで。
昼前に少し雨の止み間があり、任意の部員で固まりトレイン走行を楽しみました。こんな環境でも結構楽しかったので、やはり快晴の下で走りたかったですねぇ……。

-----

昼過ぎからまた雨が強まってきたので早々に退散。
少しもったいない気もしますが体調を崩しては元も子もないのでスーパー銭湯へピットイン。

温まったあとは早めの夕食を済ましつつ残念会を開き、解散となりました。

-----

というわけで当日もブログもぐだぐだな内容ですが鈴鹿エンデューロ参戦レポートでした。
来年は晴れたらいいなぁ……。
posted by いなはる at 18:05| Comment(0) | ライドレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]