2016年02月22日

はじめてのプチナイトライド

2月20日(土)

この日は朝から降水確率ほぼ100%という感じだったので残念ながらDNS……なんてことはなく根性の4時半起きで早朝どころではない未明のライドに出発!

「そこまでしてローラーに乗りたくないのか?」と我ながら笑えてくる行動ですけど、何が悲しくて平日の仕事を乗り越えた後にローラー台とかいう拷問器具に跨らないといけないのか。実走のためなら早起きぐらい文字通り朝飯前ですよ。

予報では8時前には降りだしそうだったので、2時間ほどのタイムリミットと考えると妙見山まで行って帰ってくるのがちょうど良さそうです。
というわけでサクッと準備して5時過ぎには出発!

夜やないかい!!

近頃、日がだいぶ長くなってきたとはいえまだまだ真冬。
この時間は「やうやう白くなりゆく山ぎは」なんてこともなく完全に夜。自宅近辺はまだ住宅街なので街灯がありますが、山の方はどうなってることやら。

ちなみに意図してナイトライドをするのは今回が初めて。
小豆島のマメイチのときに日が暮れてしまい、部員の中華爆光ライトでダウンヒルをこなしたこともありましたがソロは今回が初めてです。

不安を覚えながらも9号線を経て西田橋の交差点に到着。そこから見える範囲は数こそ少ないですが街灯に照らされており、今までは昼間しか乗ってないし記憶にないだけで山道も街灯があったのかも!? と淡い希望を抱きながらヒルクライムスタート。

無いやないかい!!

最近できた彩都へ抜ける道の交差点を過ぎると街灯は消滅。辺りは真っ暗、というか闇です。世界の深淵です。
この日は雨が降る直前ということもあり空は厚い雲に覆われ、月明かりなど明媚なものは微塵もありません。

ちなみに装備は有名かつ定番のCATEYE製「VOLT300」。
詳しい説明は楓鈴さんの詳細なレビュー記事をどうぞ(宣伝)。

まあなんとかヒルクライムの速度なら走行可能なレベル。
15〜20mくらい先までは路面状況やガードレールも認識できますが、心から安心できるレベルとは言えません。ふっと視線をもっと先に合わせると何も見えない状況です。

VOLT1600(定価25000円)欲しいなぁと考えたり一秒でも早い夜明けを切望したりしながら淡々と勝尾寺への道を上り続けます。

……。
(ガサガサッ!ガサガサッ!)
(ひいぃ……あちこちでエニモーが活動なさっている……)
(イノシシとか出なかったらいいけど……)

夜の山は野生動物の宝庫。
特に箕面の山は昼間でも猿を見かけることがあり、暗闇の向こうに彼らの動きを感じます。

(ガサガサッ!ガサガサッ!)
……。
……。
(バサバサバサッ!)
ギャーギャーギャー!
ギョアアアアアアアアアアアアアア!!!!

突如道の脇から飛び出す物体。
恐らくはカラスですが、お化け屋敷クリエイターも参考にするレベルのタイミングで目の前を飛び去って行き、この日の最高心拍を記録。

勘弁してくれ……。

暗闇が恐怖の象徴であることを改めて認識し、ようやく目に映ったもはや懐かしさすら感じる人工の光・勝尾寺に到着。さすがにローディーは一人もいませんね……。

こんな時間のこんな道でも上り切るまで数台の車通りがありましたが、リアライトもしっかりつけていたのでその辺は問題もなく危ない感じはしませんでした。

若干東の空が明るくなり始めた気がしますが、山に囲まれているので平地より日の出が遅くなるのかまだまだ夜。いつもは嫌いな箕面川ダムのトンネルの明るさにさえ安心を覚えながら高山公民館へ。

妙見山の入り口、金石橋へのダウンヒルをはじめた頃にようやく薄ぼんやりと周囲が認識できるようになりました。
そこからすぐに明るくなりそうなものですが、厚雲のせいかライトは手放せない状況で妙見山ヒルクライム。

暗闇の中で一人自転車で山を登るという行為に「なにやってんだろう……」という自問を繰り返しながらタイムアタックです。
最近は100km越えのコースになるため、どうしても後半に脚を残そうと保守的になりTTは控える傾向にありましたが、この日はもう帰るだけ。そこそこ真面目な出力で夜明け前の妙見山を淡々と上ります。

薄暗いため下り区間で若干速度を殺すことになりましたが、前半で自己ベストから30秒早い好ペース。
このまま後半たれなければ自己ベスト!あわよくば23分台!!と必死のもがきでこの時間まだ開いていないゴール地点、駐車場入り口の門扉にかじりつきます。

タイムは……23分57秒!!
24分23秒。
うわああぁぁぁん!!もうまたなのおおぉぉぉ!!

門扉のせいでゴールを通過できなかった&曇り空でGPSがブレがちという悪条件のため輝かしい手元のサイコン記録は闇に消え、久々にstravaの無慈悲な数字が残りました。
まあそれでも自己ベストを7秒更新。無駄ではなかったと無理やり納得します。

ベンチで息を整えているとようやく朝らしい朝に。

おお……光だ……。

古代から多くの人が太陽を神と崇めた気持ちに共感しながら雨が振る前にそそくさと退散。
帰宅直後に雨が降り始め、無事に濡れ鼠を回避してこの日のライドを終えました。

-----

【まとめ】
完全な暗闇の中でのVOLT300は「20km/h以下の低速ならなんとか走れる」レベル。不安を払拭したり安全性を高めるには力不足。まばらでも街灯のある道なら大丈夫そう。トラブルで日が暮れてしまったときの保険にはなるけど、本格的なナイトライドにこれ一本ではキツいかも。


▽夜はもうこりごりだよぁ〜〜(END)▽
posted by いなはる at 19:24| Comment(4) | ライドレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夜間ヒルクライムお疲れ様です。
私も時々夜間のヒルクライムを行いますが街道と違って山道は本当に真っ暗になりますし下りでは慎重に走ってもそれなりに速度が出てしまうので正直VOLT300クラスではちょっと力不足で危ないのではないかと思います。
VOLT1600は流石に高すぎますがwCATEYEならVOLT800クラスが欲しいところでしょうか。
中華&バッテリ分割式に抵抗がなければ私の使ってるこちらなどが強烈でかなりお薦めなのですが如何でしょう?
http://s.aliexpress.com/eamiyE7V
Posted by やまちゃん at 2016年02月23日 13:00
>やまちゃんさん
夜間では力不足だということは身をもって体験しましたw
すぐに夜が明けるから一時しのぎで〜という考えでしたが甘かったです。本当に「走れないこともないけど」という感じでしたね。

リンク貼っていただいたライト、なかなか強力そうですね! しかもVOLTに比べてかなりお求めやすいお値段……。
基本的に夜間は走らないのですが、また無謀ライドで必要になる日が来そうな気がしますので検討してみます。夜練も興味ありますし。
VOLT300も決して悪いものじゃないんですけど、用途によりますねw
Posted by いなはる at 2016年02月23日 14:56
冬はつとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず!
納言さんも『冬は早朝がすばらしい』と言うておられます
今週末もいっときましょう(-.-)zzZ
Posted by ザク豆腐 at 2016年02月26日 07:13
>ザク豆腐さん

いやいや納言さんは「クソ寒いからさっさと火を起こして暖まるのサイコー!」とは仰ってますが夜明け前のヒルクライムについては言及していないのでその理屈はおかしい!
今週末はちゃんと夜が明けきってからの出発ですw
Posted by いなはる at 2016年02月26日 10:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]