2016年03月15日

富士ヒルへの誘い&目標

2016年を迎えたばかりの気もしますが、気が付けば3月も半ば。
冬の間も鼻水を垂らしながら山で凍えていた私にはあまりピンときませんが、ロードバイクも本格的にシーズンインといえる季節になってきました。

そうなると我々ホビーライダーが気になりだすイベントと言えば、そう『Mt.富士ヒルクライム』です。

最近twitterでも富士ヒルのことが気になるといった話題をちょくちょく見かけましたので、富士ヒル歴1年、通算参加回数1回の私がなんちゃって紹介をしてみようと思います。

概要

Mt.富士ヒルクライム、通称「富士ヒル」は毎年6月頃に山梨県で開催され、今年6月12日(日)に13回目を迎えます。
世界遺産である富士山の5合目まで続くスバルラインを貸し切り、距離24km・標高差1255mを自転車で駆け上がる国内でも最大規模のヒルクライムイベントです。

参加者は年々増え続け、昨年度は8000人以上のサイクリストが集まりました。
これを書いてる時点で詳細は発表されていませんが、今年も同規模での開催が予想されます。

準備編

戦いはすでに始まっている。

よく言われる「エントリー峠」ですが、人気イベントのためエントリーすらできずにDNSなんていう話もよく聞きます。が、昨年は参加枠が1000人単位で増えたのでそこまで激戦とは感じませんでした。
エントリー受付直後はサーバーが混み合いアクセスし辛くなりますが、記憶の限りで去年は20時に開始して当日中はまだエントリー可能だったと思います。

とはいえ万全を期すなら、受付開始までには事前にランネットへの登録を済ませておき、パソコンに貼りついていた方が無難かと。

そして富士ヒルは日曜開催ですが前日受付のみ。山梨近隣以外にお住まいの方はどうしても前日入りで一泊する必要があります。
ただでさえ高額な参加費がかかる上に交通費も安くありません、そこに宿泊費も掛かるとなれば安宿を押さえたい所ですが、そういうところはエントリー前から予約で埋まってしまっている状態です。
エントリーするつもりなら早めの宿の確保をお勧めします。もしエントリーできなくても1か月以上前なら大抵キャンセル料もかかりませんしね。

良い点

なんと言っても国内最大級のイベント!お祭り感!
広いグラウンドに数千台のロードバイクとチャリダーが集まる光景は壮観のひとこと。

24kmのレース中も周りは自分と同じサイクリストで埋め尽くされています。ロードバイク趣味自体が非日常感を味わえるというのもありますが、この日ばかりはそれをさらに上回る非日常が体験できます。

また「あの富士山を自転車で登った」というのは話題のネタとしてもなかなかインパクトがありますね。

TT指向の人は自分の限界や実力を客観的に見られるいい機会になり、特にタイム別で得られるブロンズやシルバーの称号はヒルクライマーの憧れ。
そうでない人も平均勾配5%台と難易度も高くなく、イベント初心者にも人気だそうです。給水所なんかもありますし、記念参加としても十分価値のある内容だと思います。

良くない点

正直、とてもお金がかかります。

参加費だけでたしか1万円以上、さらに交通費・宿泊費・食費などを合わせるとお住まいにもよりますが3万円は余裕で越えてしまうと思います。

先ほども軽く触れましたが、遠方からの参加はさらに大変。エントリーは前日のみなので前泊は必須。大阪からだと車の場合、休憩含めて片道5時間以上はかかったように覚えています。

平日の月〜金にしっかり働いたら慌ただしく準備をして翌日には出発、数時間かけて山梨入りしたら急いで会場まで行き前日エントリー。翌日の朝食などを調達を済ませいったん宿に戻り、"旅"なんてものを満喫することなく翌日に向けて早めの就寝。日が昇る前に起床、吐きそうになりながら寝起きの胃袋にカロリーを詰め込みレースの最終準備を済ませたら会場へ……。
登り終えたらそそくさと下山し、眠気と闘いながら数時間かけて自宅へと戻ります。もちろん翌日は月曜日、5連勤が待っています。

まあ過酷です(笑)。
連休をつぶしてお金もかけて、やることは1〜2時間死ぬような思いをしながら自転車で山を登るだけ。
傍から見れば異常な行脚ですが、それでも一年後の今年も参加を決意しました。人によるでしょうが、それだけの価値があるイベントだと思っています。

今年は……?

さて私自身についてですが、昨年は視界の周辺が白くなる鳴子くん現象に襲われながらも89分49秒とギリッギリのブロンズゲット。スポーツ経験もろくになく、ロードバイクを始めてから半年足らずで獲れたのは我ながら褒めてやっていい結果だと思います。

そして2回目となる今回の目標はもちろんシルバー!……と言いたいところですし、周りから「次はシルバーですね!」という無責任な励ましを頂いたりしましたが、ヒルクライムはそんなに甘くない。

普段タイムを気にして走っている方なら分かって頂けると思いますが、1年で15分の短縮がどれだけ厳しいかという話です。話ですよ!
もちろんできる限り良いタイムを狙いたいとは思いますが、さすがに私生活の多くを割いてまで自転車のトレーニングに明け暮れるのは私の目指すところではありません。「楽しみたい」と「速くなりたい」の許容できるバランスの中で続けたいですしね。

というわけで残り3か月、現在のFTPや成長の度合いを鑑みて目指すタイムは78分!

ヒルクライム計算のサイトで見ると、私の体重や機材重量で富士ヒルのコースで78分を目指すと必要な出力はおよそ223w

FTPは1時間継続できる出力なので、78分持続は楽観的に見てFTPの90%と計算。逆算して223/0.9=248w。20分計測はさらに0.95で割って261w。

逆に並べると20分計測で261w出せたらFTPは248wなので、その90%である223wで走れば78分だね!やったね!……という感じです。

ちなみに2月頭の計測では20分246w→FTP234w。
……手が届きそうな届きそうにないような数字なので目標としてはちょうどいいんではないでしょうか。
ちなみにシルバー75分を目指すなら75分235w→60分261w→20分274w、ですね。さすがにこれを見て安易に「今年はシルバー!」なんて言えそうにもありません。
もちろんヒルクラ計算機は絶対ではないですし、FTPの90%というのは雑な見込み値。当日の天候やコンディション、壁の有無などで数字通りに走っても目標のタイムが出せるとは限りません。というかずれて当たり前です。

というかそもそも現在のFTPである234wで60分走れる自信すらないですしね。
まあまあまだエントリー峠を登り始めてもいないですが、参加出来たら目標タイムを狙うのはもちろん、全力で楽しみたいと思います。
そして今年こそ快晴の富士を登りたい……。


▽今では立派なパワーメーター信者▽
posted by いなはる at 15:00| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
俺ならこう登るぜ(笑)
ブロンズ狙いの時は目標通過タイム、最低通過タイムを決めて余力から調整すれば良いと考えていました
その方法で90分切りはできますからw

シルバーを狙う時はペースを上げ下げしません
最初は急斜面だから抑えてとかも考えず、普通に入って最後までその流れで押し切ります
過去3回エントリーでスタートから5Kmでゴールタイムが決まる印象があるのでw
パワーではなく平均速度で押し切ろうとするのは、脚質と気質によるところが大きいねw

80分切り期待してます(ハードル下げたったw
Posted by ザク豆腐 at 2016年03月16日 08:00
私は富士ヒル今年初参加の予定です。
今年の最大の目標としていましてそこに向けていろいろ試行錯誤しております。
一応目指せシルバーを目標に掲げていますが私の場合ヒルクライム計算機によると75分で252Wですからいなはるさんの計算式を流用されてもらうとFTP280Wくらい必要な計算…
むぅやっぱ厳しいわ(泣)
まあレースまでまだ日数ありますからお互いこれから調子を上げていって良い状態でレースに臨み良い結果を出したいですね。
その日までトレーニング頑張りましょう!その前にまずはエントリー峠を越えねばなりませんが。
Posted by やまちゃん at 2016年03月16日 11:12
>ザク豆腐さん
昨年はいろいろな情報や資料でお世話になりました!
初参加だった前回は自分のペースや調子すら把握し切れていなかったので、序盤快調だと思い込んで見事に後半たれてしまいました……w

今回はまともなパワーメーターもありますし、基本的にイーブンペースを狙います!
80分でもギリギリな気もしますが、当日のアドレナリンパワーに期待ですw
Posted by いなはる at 2016年03月16日 11:43
>やまちゃんさん
初参加でシルバー獲れたらめちゃくちゃかっこいいので期待してます!
しかしヒルクライム計算機で見ていると、80分辺りから1分縮めるごとに意味不明なくらい必要ワット数が上がって戦慄しかないですねw

FTP280wとということは20分計測で約300wの維持……数字を見ただけで胃液がこみ上げてきそうですね。
当日までは長いようで短いですが、ベストを尽くせるように頑張りましょう!
Posted by いなはる at 2016年03月16日 11:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]