2016年10月31日

2ヶ月のサボりで自転車力は死ぬ

2016年7月、自転車の夏が来た──!!

とまあスポーツ+夏といえば

青い空、迸る汗、爽やか!

みたいなイメージがあったり、実際プロのロードレースでも一応メインのシーズンということになっているのですが。

個人的な感想としては

灼けるアスファルト、こみ上げる胃液、死に体!

なわけですよ。
実際に今年は37度を越えるような日が珍しくなく、天気予報でも「熱射病に注意」を通り越して気象予報士が真剣なトーンで外に出るなって訴えかけていました。

そんな厳しすぎる気候と、富士ヒルとしまなみ海道390kmという大きなイベントを2つこなして気が抜けた……なんて理由で7月半ばから8月まるまる、2ヶ月弱ものあいだほとんど自転車に乗らないという怠惰の極みを謳歌してしまったのです。

-----

9月に入り若干日も和らいできましたしボチボチ乗っていきますかー、と本当に久しぶりに山へ繰り出したのですが、

もうすんごいの

夏のちょっと前に勝尾寺を14分44秒で登り平均くんを撃破したことはお伝えしましたが、このたび息を切らし脚を震わせ真剣に登りました結果、記録は18分。

……。

妙見山では190wで登り始め2km地点のお寺の前で貧血を起こし脂汗を垂らしながら怒りの足つき。
スタミナで言うと50kmを超えると150wが、80kmを超えると100wが維持ができないという、冗談であってほしい弱りっぷりに絶望を超えて笑えてきました。

まあ目視で分かるほど脚が細くなっていましたし、「ある程度は……」と予想してましたが軽く凌駕してきましたね。自分の才能が恐ろしいです。
230wあったFTPが推定180wですよ。いや、一番酷かった時は1時間180w維持しろといわれても多分無理だったと思うしもっと下かも……。

自業自得でしかないので、まだ走りやすい今のうちにリハビリを進めております。
9月から復帰して今日で10月も終わりですので2ヶ月弱、前みたいにゴリゴリトレーニングしたわけではないですが、なんとか勝尾寺なら210w、短い高山なら240wで登りきれる程度には回復してきました。

-----

10月24日、ウイルス性腸炎に罹る。6マス戻る。

(つд;)ウエーン


▽鈴鹿はゆるぽたします▽
posted by いなはる at 22:29| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぼくもがっつりサボりあけの今日、勝尾寺でぷるぷる震えました。いなはるさんでもそうなんだと一安心。
Posted by ちゃりんご at 2016年11月02日 17:59
>ちゃりんごさん

お久しぶりです、復帰なされたようで。
っていうか復帰即勝尾寺16分とかどういうことですか許すまじ。
弱り方に個人差があることが分かり輪をかけてショックにございます……。
Posted by いなはる at 2016年11月02日 20:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]