2015年12月31日

自転車1年目 総括

お久しぶりです、いなはるです。

すっかり埃をかぶっているこちらのブログですが、今年一年お付き合いいただきありがとうございました。
スペックやらインプレやら問題の解決方法などを探してこちらのブログにたどり着いた人には大変申し訳ない内容になってしまってましたね。

2014年も年の瀬、人生初となるロードバイク『Cannondale CAAD8 tiagra』を注文し、2015年1月4日に納車。
レーシーなデザインとママチャリとは比較にならない性能、全くの新しい感覚に魅了され、結果として今年は自転車を中心に走り回った年となりました。

はじめは月1〜2回の週末ライドで身体を動かせたらなぁくらいの気持ちでしたが、どこでどう健康的な自転車ライフを踏み外したのか……。
用事がなければ毎週チャリ部と顔を突き合わせ、淀川や北摂、京都南東部を走りに走り、年間走行距離は6,750kmまでに至りました。

もちろん地元だけでなく、ロード乗りなら行ってみたいあちらこちらにも遠征。
琵琶湖一周、六甲山、富士山(スバルライン)、小豆島一周、淡路島一周、鈴鹿エンデューロ(鈴鹿サーキット)……、やることは自転車に乗るだけなのですが、2014年までは考えられないほどアクティブに飛び回りました。

そしてライドの中心になったのがヒルクライム。
山を自転車で登るという、普通に考えたら辛くてしんどいだけの苦行ですが、ロードバイクを趣味にする多くの人が遅かれ早かれたどり着いてしまう悪魔の嗜好。
普通に考えたらというか、ヒルクライムばっかり行ってる自分から見ても辛くてしんどいだけの苦行です。別に何かしらの悟りを開いているわけではありません。

ただ、普段の生活ではなかなか感じにくい達成感や成長感を得られる非日常な体験ではあります。初めは足つきをしまくり地面にへたり込んだ山でも、今では雑談をしながら上れたりなんてことも。

登るだけなら良かったかもしれませんが、ロード乗りがヒルクライムに行き着くように、ヒルクライマーが行き着くのはTT、タイムトライアルです。
つまりどれだけ速く山を登れるかという話ですが、自分の限界との戦いになりますし、本気で挑戦した日には真冬でも汗がボタボタ滴り落ち、心臓が破裂しそうなほどにしんどいです。比例して達成感も大きいので、嫌だ嫌だといいながらのめり込んでしまっている次第です。

さらに幸か不幸かチャリ部内にもやはり対抗意識が芽生え、後れを取るわけにはいかないとほぼ全員がローラー台を購入する始末。あまり使いすぎると鬱病になる拷問器具ですので、さすがにこちらの使用はほどほどですが(本当に乗りたくない)。

-----

真のゆるぽたを求めて山を登っているうちに過ぎ去った一年間でありました。
ロードバイク、私の場合CAAD8は14万円ほどと金額だけで見れば決して安い買い物ではありませんでしたが、おかげさまで充実していた一年だと胸を張れる相棒となりました。

ありがとうCAAD8。落車もしたし普段の扱いも雑だったかもしれないけど、掃除してピカピカにした自転車と走ったこの一年間は決して忘れないよ。ありがとうCAAD8、『今まで』ありがとう……。



buy.jpg



サンユキュー グッバイ フォーエバー キャドエイト……

▽新車は1月上旬にお披露目▽
posted by いなはる at 10:28| Comment(10) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

自転車グッズ購入いろいろ

富士ヒルが終わって完全に気が抜けてるとの噂の私です。

というのは2割冗談で。

ここのところ天気がはっきりしてないというのもあるのですが、分かりやすく自転車に乗れていない日が続いて、そろそろ登坂病の症状が色濃く出てきました。
だというのに先週末ちょろっと勝尾寺スタートで登ったときは、妙見山の入り口で「今日はもういいや……」となってしまい引き返すという体たらく。

今週末はチャリ部で久しぶりに北摂巡りなので、ちょっと根性入れてシャキっとしてきます!
晴れるかどうかはまた別の話ですけど。

-----

というわけで自転車にはお金がかかります。
以前にも「初期装備にこんなの買ってるよ〜」みたいな記事を書きましたが、その後も順調に自転車グッズが増え続けております。

更新頻度が低いくせにライドレポを優先しているので、最近は新しく手に入れたアイテムを紹介できていなかったですね。せっかくなので梅雨で自転車に乗れてないこの期間を活用して簡単にインプレしてみようと思います。

-----

■SPECIALIZED S-WORKS ROAD SHOES カヴェンディッシュモデル

私は納車時からペダルと靴が固定できるいわゆるビンディングシューズだったのですが、最初のシューズは部長から譲ってもらったSIDIのそこそこいいやつ。しばらくお世話になっていたのですが、微妙にサイズが合わないため買い替えるかどうかしばらく悩んでいました。

そんなある日、大阪北部のロード乗りなら(多分)みんな知ってるカンザキのサイトを見ると……。

よよよ、4割引!!?

前から気になっていたS-WORKSのROADシューズが4割引で対面販売中とのこと。
しかし定価4万円とのことでさすがに届かないなぁと酸っぱいブドウとして見ていたのですが、何故かカヴェンディッシュモデルだけ4割引。24,000円で手に入るとのこと。
※カヴェンディッシュ・・・UCIワールドチーム、エティックスクイックステップのイケてるスプリンター。よく知らない。

kave.jpg


買うしk
買うしかない
あっはい。

というわけで冷静になれば24,000円でも十二分にお高い、専用シューズのお買い上げが決定。
おいおい普段履きのスニーカーの何倍だよという値段ですが、それだけあってフィット感も良好。なによりBOAダイアルなので走行中に締め付けの強弱を調整できるというのがなんともプロっぽい。
履きはじめは少し固い印象もありましたが、まあそれは一般的な靴と同じで履いているうちに馴染んできました。

-----

■Garmin edge 510 & オプション品もろもろ

高性能サイコンと名高いガーミンさんをついにお迎え。

納車時からずっと使っていたキャットアイのサイコンは速度とケイデンスのみの計測。
ガーミン510はそれと比べてどう凄いのかという話ですが、本体にGPSを内臓していて走行ログが取れたり、パワーや心拍が計れたり(要計測機器)、計測したデータを計算して色んな数字がリアルタイムで見られたり、その数字を一画面に色々表示できたりと、まあ自転車に乗っていて気になるデータを概ね把握できるという高性能おもちゃです。

今はスマホのアプリでも走行ログが取れたりとサイコン顔負けの機能が揃っていたりするのですが、それでも痒いところに手が届かないことが多々。さらにサイコンとスマホの2台運用だと何かと煩わしいこともあるので、やはりそれに特化したガーミンさんはサイコンとしては一歩抜きんでてるなぁという印象です。まあ価格も抜きんでているのですが……。

あと信号待ちなんかでたまたま一緒になったローディーの方から「ティリ↓」「ティリ↑」っていう電子音が聞こえたことないですか?
あれはGARMINの発進・停止音なんですけど、あれだけでちょっとイケてる感じがするというか優越感があるというか……


リンク先は520jのセットです。私は520が出る前に買ったので仕方ないですが、今購入するならこっちだと思います。


要オプションのそれとして同時に購入したのが、パワーキャルという心拍&パワーメーター。いわゆる乳バンド。
心拍計はそのまんまとして、パワーメーターは富士ヒルレポのときにもちょいちょい触れましたが、いまどれだけ力を出しているかということを数値化できるアイテムです。

本格的なパワーメーターと比べると絶対値が5〜10%程度高く出るらしいので、「本当の出力値」を出すにはちょっと怪しいのですが、自分の標準値が分かっていれば相対的な数字を見ることが出来るので、トレーニングやペース配分には十分使えるとのことです。

いや、私個人の感想としては富士ヒルの時にとんでもない数字が出ちゃったし、そもそも使い込んでいないのでまだ何とも言えない感じです。しかし先人たちの話によると、本格的なパワーメーターと同時に使ってみても(高めに出るのは理解したうえで)十分使えるとのことなので、とりあえずしばらくの間はこいつを頼りにペース配分など様子を見てみたいと思います。


PowerCal(パワーキャル)心拍ストラップ型パワーメーター

-----

あとはフロントライトとして閃からキャットアイのVOLT300に乗り換えたり、そのVOLT300とガーミンをまとめて装備できるマウントとアダプタを買ったり。あ、あと自治区からジャージとビブも送られてきた気がする。書くタイミング逃したけど結構前にボトル2本体制に移行するためオルトリーブのサドルバッグを買ったり、ライド中にいつの間にかなくした携帯ポンプを買い直したり……と、着実に散財の日々を送っております。

ちょっとずつ増えてたはずの預金残高も今年の頭から全く増えてないです……いやむしろ目減りしているような気も。まあスマホを2回も買い替えたりWiiUとイカのセット買ったりで別の大きな出費もあったのですが、それにしてもあまり笑えない情況。
普段からのライドもサプリだったりプロテインだったりBCAAだったり、そしてご飯やら補給食やらコーヒーやら……存外に出費があります。
まあとにかく挙げればキリがないほど。

しかし機材欲があまりないので、ホイール以降は特にパーツの換装はしてないですね。チャリ部を見てると常にパーツ談義をしてるので彼らはもっとアレなのかもしれない。


▽3億円欲しい▽
posted by いなはる at 15:54| Comment(12) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

富士ヒル感想戦

さてあっという間に一週間が過ぎてしまいましたが、改めて富士ヒルお疲れ様でございました。
結果は前回までの通り、ブロンズ獲得の目標を達成するに至りニヤけ顔で記事を綴ることができました。

今回は感想戦、反省会、番外編といった感じで大会を振り返ろうと思います。

チャリ部の成績

ゴルカス 1時間25分19秒
いなはる 1時間29分49秒
かみやん 1時間31分58秒
ちむさん 1時間33分43秒
ドテチン 1時間33分59秒
プロ DNF

なんだかんだで部長が頭ひとつ飛びぬけた結果に。
しかし大会前は部長が「全員ブロンズ獲るぞ!」と言っていたし、我々も乗せられたところはあるけどその気になっていたので、結果を見てやはり想像以上の難易度だったのかなという感じです。

今だから言えますが、ゴルさんやかみやんに「はるちんはブロンズ余裕、85分狙っていこう」とか言われて「あ、そんなもんなのかな」と舐めてかかっていたなんて経緯も。

プロがDNF!?

上記の通り、プロは残念ながら走行中のメカトラブルでリタイヤ。
以前から違和感はあったようで、ショップにも見てもらっていたそうですが、まさかまさかの本番当日レース中にディレイラーハンガーがバキリ。
自走不可能な状態に陥り、残念ながら10kmも走らないうちにレースから離脱という残念な結果となりました。

そしてこれが仕方ないとはいえ、他のリタイア経験者のブログを見ても納得しきれない、富士ヒル運営の対処なのですが……。

リタイアした人が下山できるのが回収車の最終便。
7時半スタートだったのでトラブったのが8時半とかそのあたりですかね。そこから最終的にプロが下山できたのが14時前。
さらに運が悪く、我々はスマホを含め一切荷物を持ってなかったので直接連絡も取れず。運営の人に聞こうとしてもゼッケンどころか誰も本名がわからず、どうしようもないというインターネット交友の闇に屈します。

結局バスの下山時刻だけ聞いてひたすら待機。
無事に合流できましたが、プロにとってはあまりにもやるせない結果となってしまいました。来年は完璧な状態でリベンジしたいところですね。

教訓:軽量化もいいけどスマホくらいは持っておこう

パワーメーターに振り回された

これも本編の通りですが、自己責任とはいえ大きく振り回されました。
もう一度簡単に説明すると、パワーメーターというのは「あなたは今これだけの力で走ってますよ」というのを教えてくれるアイテム。そしてそれをつけた状態で特定の計測をしておくことで「あなたは250Wなら20分間、227Wなら60分間維持して走れますよ」といった指標になる数字を得ることができます。そしてこの60分間維持できる限界の数字がFTPと呼ばれています。

私がパワーキャルという商品名のパワメを導入したのが大会3週間ほど前。そこから平地でFTP計測をして、風邪で一週間潰して、実際にパワメを着けて実走できたのが1回のみという、明らかに慣れも準備も足りていない状況でした。

平地の計測では20分で265W、そこから計算してFTPは241Wほどでしたので、90分ほど走り続ける富士ヒルではそこからさらに85%なり90%をかけた数字に抑える必要がありました。
しかし当日編で書いたとおり、タイム準拠で走った場合に250Wを超えていたためパニックに陥ったというわけです。

最終的にその出力を維持したまま90分を走りぬけ、平均出力は90分間で254Wという結果になりました。
これ、逆算すると60分のFTPは0.9で割って282W、20分計測ならさらに0.91で割って310W出ていないと維持できない数字だったわけです。

何故このように計算が合わなくなったのかはまだ検証できていません。終始興奮していて心拍が高く出たのか、平地でのFTP計測がおかしかったのか、レース中にとんでもない飛躍を見せたのか。

なんにせよ、事前にもっとパワーキャルに慣れていれば何らかの備えができていたかと考えると、直前も直前に導入したのは浅はかだったかなという思いです。

おわりに

色々とトラブルに見舞われた初めての自転車イベントでしたが、楽しい思い出になりました。

30年以上生きてきましたが、人生で一番頑張った90分間だと思います。割とマジで。
受験とか就職とか頑張らざるを得ないタイミングというのはありましたが、大人になると自分から頑張ったり本気になったりすることって本当にないんですよね。そういう意味でもいい経験ができました。

さて富士ヒルも終えたので僕はイカになります。
CH8d4t7VAAAQ9IB.jpg
確保していた予算はスマホの買い直しに消えたと言ったな?
あれは嘘だ。

▽来週から頑張る▽
posted by いなはる at 16:21| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする