2016年01月20日

ロードバイク便利なお役立ちサイトをまとめて紹介

この冬は暖かいと誰が言ったのか……。

こちら大阪北部、さらに山の手である箕面の今朝は白銀の世界でした。とはいえ本当に山とその麓だけ気温が低いので、ちょっと南下してR171号線・豊中あたりまで行くとほとんど積もっていないようでしたが。

最低気温はしばらく低いままのようなので、寒いだけでなく落車のリスクもあるし今週末からルートもちょっと考えないといけませんね。

さて本題。
twitterでロードバイクに関するお役立ちサイト情報をチラっと呟いたところ意外に反響があったので、自分の知ってる限りですがこちらブログでも紹介してみたいと思います。
スマホからのアクセスで正常に表示されるかは確認してませんので、あらかじめご了承下さい。

-----

■ちょろずや

【アップダウン対応】ロードバイクラップ表
http://chorozuya.com/wp/triathlon/bike-lap-sim/
ヒルクライムなどで目標のタイムに対し、どれくらいの速度や出力が必要なのか計算してくれるサイトです。
凄いのはルートラボにあるお目当てのコースのURLを入力したら1kmごとにラップで区切って出力してくれるところ。


■じてトレ

パワー・トレーニング・ゾーン計算ツール【PTB】
http://www.jitetore.jp/contents/fast/list/201302041332.html
FTP計測をしていることが前提ですが、トレーニングに付きもののパワーゾーンを計算してくれるツールです。
じてトレさんはこの計算ツールだけでなく、自転車のトレーニングについての情報量もかなり凄いので気になる方はそちらもチェック。


■自転車探検!

自転車のチェーンリンク数計算器
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/chain_link.html
前後スプロケの葉数などを入力するとチェーンの必要なコマ数を計算してくれます。

ステム計算器
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/stem.html#t8
水平ステムに換装するときなどに便利。ステム長だけでなく、角度の変化で落差などにどれだけ変化があるのか分かります。


■CSI 自転車特捜24時

http://www.cycle-search.info/csi/tabid/56/default.aspx
自転車盗難被害に遭ったとき、登録することで情報を求めることができます。
また、マップ上で盗難多発地域なども分かりますので危険な地域を事前に把握することもできます。


■自転車盗難被害に遭ってしまったら(togetterまとめ)

http://togetter.com/li/603390
タイトルの通り、自転車が盗難されてしまったときの立ち回りを具体的に説明してくれています。


■自転車パーツの海外通販情報局

http://bicycle.kaigai-tuhan.com/
自転車関連の海外通販について、クーポンやタイムセールなどお得な情報をまとめているサイトです。たまに頭おかしいんじゃないのかというくらい安いものが見つかる場合もあるので要チェック。ただし買う必要の無いものにまで物欲が湧いてくる危険も。
海外通販サイト自体は数も多いしまとめてるサイトもあるので今回は割愛します。


■サイクルベースあさひ

メンテナンスマニュアル
http://www.cb-asahi.co.jp/html/maintenance.html
「あさひ(笑)」みたいに思ってる方も中にはいますでしょうが、ここの通販サイトにまとめられたメンテナンス情報はかなり頑張っていると思います。写真も多く、基礎的なメンテナンスなら検索であちこち探し回らなくても一通りは網羅してるんじゃないでしょうか。


■超元祖ヨシヲ公式ブログ改β

GARMIN EDGE 510 英語版 項目翻訳リスト
http://blog.easy-creator.net/archives/52978599.html
日本語版を買った人には全く関係のない話ですが、GARMIN edge 510のトレーニングページの設定に便利なリスト。専門用語&英語でちんぷんかんぷんだった当時の私はだいぶ助けられました。


■関西ヒルクライムTT 峠資料室

http://hillclimb-west.seesaa.net/
関西の方向けですが、ヒルクライマー御用達の関西TT。本館的な関西TTは自己タイムを登録してランキングが見られるサイトですが、こちらは対象となる山や峠の文字通り資料室。コースプロフィールからスタート・ゴール・分岐点などを写真と文章で丁寧に説明されています。


-----

そこそこ有用なリンク集になりましたかね。
また何か思い出したり見つけることがあったら追加していきます。

▽参考になったぜのクリックを!▽
posted by いなはる at 18:56| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

1ヶ月目の用語集

ロードバイクに関する記事を書いてはいるものの、どうしても特有な言葉や言い回しが出てくるのでその説明です。
大体ロードバイクをはじめて1ヶ月もすれば一度は耳にする単語なので、自分なりに噛み砕いてお伝えします。パーツの名前などは自分も覚えてないので各自調べてください。

-----

ロードバイク

ぼくたちわたしたちが乗っているカッコイイ自転車のこと。ママチャリとはちょっと違う。軽くて速いけど色々なものを犠牲にしている。自転車のくせに10万とか50万とかとんでもない値段だけど、慣れるから大丈夫。ロードレーサーと呼んだりもする。

ローディ

ロードバイクに乗ってる人。ロード乗り、自転車マンとも。街中や山道でヘルメットを被って走っている人たちのことで、レースに出てる人のことはローディと言わず選手とかレーサーと言う。ロードレーサーは乗り物、レーサーは乗る人。

平坦

傾斜の無い真っ平らな道のこと。川や湖、海沿いの道に多い。

人が足を踏み入れるべきでは無い神聖な場所。山に入るということは重力に、ひいてはこの世界を創造した神に逆らうということ。

斜度/傾斜

距離に対する高低差の割合。100mの距離で5m坂を登ったら斜度5%ということになる。斜度が10%を超えると多くの場合は死に直結するので、どうしても山を登りたいのであれば2〜3%までに留めておくのが安全である。

ヒルクライム

街中の坂や丘、そして山を登る愚かな行為。重力に逆らうため身体への負担はとても大きい。車やケーブルカーがあるならそっちを使った方がいい。

ダウンヒル

下り坂を走ること。漕がなくても勝手に自転車が進むという夢と幸せを詰め込んだ宝石箱。ヒルクライムで死を見た後のダウンヒルは中途半端なオナニーより気持ちがいい。

クライマー

神をも畏れない愚かな人種。平坦より山を得意とするがその実、平坦での加速も速度もイマイチなパワー不足のもやし。

スプリンター

平坦を好み平坦を愛する人の本来あるべき姿。平坦、特にゴール前での加速に優れるがその実、山が登れない筋肉ダルマ。

アタック

レースで集団走行の中から飛び出し勝負を仕掛けること。週末ローディには関係がなさそうだが、無意味なアタックは珍しくない。

アウター/インナー、トップ/ロー

ギアの重さのこと。フロントの重いほうがアウターで軽いほうがインナー。リアでは重いほうがトップ、軽いほうがロー。アウター×トップではペダルを回すのに力が必要だが、少ない回転数で進む。逆にインナー×ローの場合ペダルはとても軽いがたくさん回さないと進まない。基本的にアウターで山を登るのは妖怪なので見つけても目を合わせてはいけない。

ケイデンス

1分間あたりのペダルの回転数。ケイデンスが60なら1秒に1回転させていることになる。90で頑張ってる人に「あと30、上げれるか」などの要求をすると、最悪の場合罪に問われる。

シッティング

ママチャリでいう座り漕ぎのこと。サドルに腰を預けるのだが、あまり体重を乗せると尻が削れるので注意が必要。

ダンシング

対して立ち漕ぎのこと。さまざまなテクニックが存在するので力任せに踏み込むと太ももが乳酸菌で破裂する。休むダンシングと呼ばれるものもあるが、疲れるものは疲れる。魔法は存在しない。

足つき

ヒルクライムの途中で山に敗北し、足をついてしまうこと。そもそも山を登るという行為自体が狂気の沙汰で、足つきは決して恥ずかしいことではない。横を鼻で笑いながら追い抜いていくローディがいたら、山以外にとりえのない無職童貞なので広い心で許してあげよう。

引き/トレイン

ロードバイクは想像以上に風の抵抗を大きく受ける。二人以上で走るときに、前の人を風除けにして走るのが引いてもらっている状態。また、そのように縦列になって走る集団をトレインと呼ぶ。大きく恩恵を受けることができるのは平坦を高速巡航しているときで、強いクライマーが先頭にいたところで後ろに続く平坦屋が坂を能力以上に登れるなんていうのはファンタジーである。

千切る/千切られる

集団について行けず、大きく引き離されること。少しでも離れてしまうとトレインから外れてしまい、さらに距離が開くことになる。ロードバイクの世界に誘いつつ、初心者を千切る人間はクズもクズなので今後の付き合いを考えたほうがいい。

輪行

遠征先で走るときや、仲間との集合場所まで自転車を専用の袋に詰め、電車などで目的地まで移動すること。公共交通機関を使うならもう自転車とかよくない?などと言ってはいけない。

posted by いなはる at 21:19| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

人物紹介

今後ブログに登場するであろうチャリ部と、チャリ部に所属する愉快な嘘吐き野郎どもの紹介です。

チーム

NEST-Ragnarøk
大阪・京都を拠点に2014年の秋頃から集まりはじめた社会人自転車サークルっぽいやつ。ネットゲームのギルドだかクランだかから始まったので、参加していない自分は詳しく知らない。チーム名の由来についてもよく知らない。人数は10人ほどと聞いているが本当のところは知らない。

部員

ゴルカス
チャリ部の部長にして教祖。どんな汚い手を使ったかは知らないが、友人から知人、ネトゲ仲間までを片っ端から自転車沼に引きずり込んだ諸悪の根源。自転車はFUJI。

ドテチン
元バーテンダーで、プロテインを混ぜるのがめちゃくちゃ上手い。淀んだ沼を好み、きれいなフォームで飛び込んでいく姿の目撃情報が相次ぐ。自転車はBianchi。

ちむ
西淀川のトイプードルの名をほしいままにしていたが、ついに覚醒。部内山岳王を争うクライマーに。ただし平坦はめっぽう弱い。自転車はPro-Lite。

アルベルト
斜度15%まではアウタートップのシッティングを貫くトルクおばけ。平坦でスプリントが始まると一瞬で先頭に踊り出しては天に感謝を捧げる。自転車はPINARELLO。

かみやん
山に恵まれた京滋においてゴルカスの幼なじみにして良きライバル。嘘と騙し合いに濡れるチャリ部に残された最後の良心でもある。自転車はSPECIALIZED。

プロ
NEST関東支部の支部長。必然的にソロライドが増えるが、環境に負けずゴリゴリ激坂を攻めている模様。自転車はORBEA。日々換装され時価が跳ね上がる。

りんぱち
今のところライドのたびに100%膝を痛めている10割打者。住所と仕事の関係で出没率は低め。目の前に男の尻があると巡航速度が上がる。自転車はTREK。

いなはる(はるちん)
2015年1月、デビューと同時に膝が爆発した期待の新人。よく山の麓で干からびて死んでいるのを見かける。将来は山を削って平らにする仕事に就くのが夢。自転車はARGON18。

-----

一緒に走った人から随時追加予定。
posted by いなはる at 08:11| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする