2016年11月27日

楽を覚えてしまった

書くことが大事(戒め)。
熟練の北摂ライダーには知っていて当然の内容でお送りします。

-----

いい加減お気づきかと思われますが、自分でも気付いていて頑なに認めようとしていなかったのですが……北摂で走るルートがいい加減マンネリになっています。

私自身はどこへ行く何を撮るランチはどの店……という目的が薄いので(魅力的だけど実施できていないだけとも言える)"いつもの坂"でもさほど不満はないのですが、最近はちょっとくらい新規開拓もしたいなという気持ちになってきました。

具体的にどうマンネリなのかというと、ソロでもチャリ部で乗るときでも新御堂筋のどん付きあたりからスタートしてまずは勝尾寺、高山経由で妙見山にタッチして野間を下ってそこから北ならるり渓、西なら西峠か大野山辺りを走って来た道を帰ってくるという感じです。
ちょろっとひねりを加えても110号線、天狗岩あたりにたまに行くくらい……。

ちなみにグルメライド派の方には驚愕の事実かもしれませんが、かれこれ2年ほど……近いうちにトライ回数が3桁に上ろうかという北摂アタックですけど、知っているグルメスポットはありなし珈琲と季楽そばだけです。
あとは全てコンビニです。コンビニ最高。

というわけで新規開拓だ!
と行きたいところですがまだ130km150kmの山ロングはキツいので、まずは今後の足がかりとして帰路ルートの確保をしてみたいと思います。

さきほどちらっと書きましたが、今までは野間のあたりから猪名川町方面へコース取りをしたときは大野山や西峠区間のスタート地点である杉生の交差点から東へ引き返してるんですね。
この帰路ルートを取ると
・杉生〜南山602号(2.7km/135m)
・名月峠(1.6km/69m)
・野間峠(3.2km/270m)
・高山(2.7km/136m)
……と中小4発の上りが立ちふさがります。

しかしどうやら杉生の交差点から東ではなく南に抜ければ、なんと下り基調で池田のあたりに出られるらしいじゃないですか。
誰だよ黙ってたやつ(怒)。

そんなわけで先日23日の祝日にライド実験。
爆風で前半は苦しめられましたが、予定通り西峠を上りいつもならUターンですがこの日は西へ下ります。
篠山後山郵便局を左折したらしばらく西へ、突き当たりで永澤寺方面へは向かわずさらに左折で37号線を南側へ進んでいきます。
路面は少し荒れていますが車通りもなく川沿いの気持ちのいい道をしばらく走ると視界が開け、strava区間でいう「つくしの里」に入るのでグングン南へ。このあたりは風が味方になりスーパー追い風で6kmの平坦区間を42km/hで走れました。気持ちよかった!

木器郵便局のY字路をUターンする形で進路は東へ。
小さな丘を3つほど越えると件の12号線へ突き当たります。この突き当たった場所が杉生交差点から南へ3km強の地点になりますね。

前置きがめちゃくちゃ長くなりましたが、ようやっとここからが今回試す帰路ルート。
試すといっても基本は12号線をひたすら下っていくだけです。

覚えておくのも3箇所だけで、右手に猪名川町役場が見えたら右折、大きめのT字路に突き当たったら左折→すぐに次の信号を左折。滝山の駅を超えたら車両一方通行の左側の道(自転車はOK)へ反れます。

そんなわけで迷うこともなく気が付いたら見慣れた五月山ふもとのあたりに到着!
心配していた交通量ですが、多田のあたりはちょっとゴチャッとしてましたが(地元民ユニクロ行きすぎ)、それ以外はそこそこ走りよい道でした。
まあ細い道も多いので縦列走行してたら追い抜こうとする車には気を使いそうかなと思いました。

そして下の画像は同じ西峠に行ったライドで、上はUターンして来た道を戻るルート、下はさっきまで説明していた12号線のルートです。



今までの苦労はなんだったんだ……。
まあこれで三田・篠山のあたりを開拓して帰りは楽に帰るという選択肢ができたように思います。
これを活かして少しずつ行動範囲を広げたいですね。

▽当ブログでは北摂グルメ情報を募集しています▽
ラベル:北摂 ライドレポ
posted by いなはる at 22:53| Comment(2) | ライドレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

クソローディー、鈴鹿を走る

11月12日。
今年も行ってまいりました、2016鈴鹿エンデューロ秋sp!

"今年も"ってことで昨年に続き2回目の参加なのですが、前回は雨と風に吹かれ全員がやる気喪失→適当に満足するだけ走って昼過ぎに退場というグダグダな実績解除でした。

実際そんな状況だったので
・後ろに付くと前の自転車が水を撥ねるので顔はビシャビシャ
・急なカーブはスリップしやすく落車の危険性が高まる
・待機中は風が吹きつけあわや凍死の危機

などなど……。
今年こそ!という願いが届いたのかこの日は朝から見事な秋晴れ。



-----

ちなみに今年の参加者は
■いなはる ■ドテチン ■ちむ ■アルベルト ■ゴルカス
■がんちゃん ■RYO ■ansin ■ナベ ■肘肩

の10名となかなかの大所帯。
ブログ停滞中に増えた人もいるので簡単に紹介……は(面倒くさいので)しませんが各自お好きな設定を想像してお楽しみください。
まあ今回は長文にしたくなしあんまり名前も出てこないだろうということで……。

部内で独自に決めたルールは2人1組×5チームに分かれ、25週走り終えた時間で順位を決めようというものです。
1週おおよそ10分ですので250分、8時間にエントリーしておいて4時間強で終わるルールを設定するあたり相変わらず舐め腐った連中です。
まあ自転車の楽しみ方は人それぞれ(魔法の言葉)ということでご容赦ください。

-----

そんなこんなで8時が迫り、第一走者となる今回の相方アルベルトがスタート地点へ向かいます。



早々にがんちゃんが4時間部門へ向かうなどのおちゃめもありましたが無事に号砲とともにスタート。
2000近い人と自転車がいっせいに動き始めました。

自分のチームは3周交代と決めていたので25分ほど待機してからピットへ移動。
はい、我々のようなモブライダーはピットを使うのもおこがましいので3階の観覧席に陣取り交代のたびにSPD-SLのシューズで昇降しておりました。

程なくピットに帰ってきたアルベルトはなかなかの汗だく。
この瞬間ゆるぽたは許されないということに気付き、真面目モードで走ることをしぶしぶ決意したのでした。
-----

足首に巻くチーム単位の計測バンドを受け取りいざスタート!
余談ですが、本気で記録を狙うチームはピット入り直前に走りながら外し、停車せずに走者ではない補助的なチームメイトにパス。 そしてそのまますぐに走り出せるような体制の次走者の足首に巻いてあげ、ロードレースのようにお尻を押し出してあげ再スタートみたいな本気具合でした。
いや、我々も去年は3階まで持って上がって交代とかいうタイムロスの概念を知らない存在だったのでピットで待つだけでもだいぶ進歩したのです。

閑話休題。
ピットから本コースへ飛び出しまずは最終コーナー。
去年はじめて実走して衝撃だったんですけど、サーキットって平坦じゃないんですよね。
基本的に常にアップダウン、5〜6%くらいの上りがここを含めて2箇所ほどあります。

マイペースで走れるのも同じくその2箇所だけ。あとの下り基調や緩い上りは「いかにトレインにしがみつくか」が鍵だったように思います。

いい速さのトレインが横を通過したら飛び乗るのにスプリント!(500W)
コーナー終わりの立ち上がりで加速するトレインに食いつくスプリント!(500W)

そして下り&平坦では綺麗に後ろ付けたらかなりの出力が節約できて、50km/h出てるのに100Wも必要ないなんて状況。

つまりひとことで言うと「インターバル地獄」です。

真面目に走った周回を平均出力で見ると170W・9分強程度なので、ヒルクライムでいうとまあまあ余裕のあるペースなのですが、身体が受けるダメージは比じゃなかったです。
ヒルクライムの大会とこういったエンデューロやクリテリウムでは走り方が全然違ってくるんですね。去年は実質記念参加だったので今回身に沁みて感じました。

まあインターバルがめちゃくちゃキツくはあるんですけど、そこがまた面白くもあり。
(トップクラスで常に集団を形成するよなレベルだとまた話は変わってきますが)ひたすらにイーブンペースで自分の力を出し切るヒルクライムレースに比べて、 技術や運でタイムに大きな差が出てくるエンデューロレース。
いかにトレインに乗るか、節約できるか、遅めだったら自分から前に出て牽くか、コーナー進入前の位置取り&立ち上がりに備えたギア操作などなど、考えたり状況判断が必要な場面が続くので、キツいわりに飽きることがなく楽しく走れました。

ちなみにトレインに乗るとどれくらい差が出るかというと、25周レースのあとに「トレインに乗っかるの禁止しばり」で個人TTごっこをしたのですが、乗っかりまくりのレース中の自分のベストラップは8分39秒で平均170W。個人TTは9分33秒で220W。平均で50W高く出しているのにタイムは1分近く遅いという結果でした。

-----

そんなこんなで去年と大違いな鈴鹿エンデューロを楽しみ、順調に3周交代で25週を4時間強で完走。
慣れないインターバル走で部員の大半が足攣り祭りでしたが、事故や怪我もなく楽しんでメインプログラムを終えました。

そのあとは8時間エンデューロにエントリーしておいて全員で昼休憩を取るといったクソローディーっぷりを遺憾なく発揮しつつ、午後から前述の個人TTごっこをしたり端っこの方を雑談しながらゆるぽたしたりと適当に遊び、こんな機会でもないと走ることのできないサーキット走行を満喫して鈴鹿を後にしました。

いやあ晴れてるって最高ですね!

▽来年は真面目な記録も欲しい気がしなくもなくない▽
posted by いなはる at 18:10| Comment(6) | ライドレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

闇討ち勝尾寺! VOLT800で夜練してみた

さて早いもので富士ヒルまで2ヶ月を切りました。

決戦の日が近づいている事実とは裏腹に調子は上がらず、早くも目標を78分と掲げたことを後悔しております。
そんなこんなで僕らもがんばっていかなあかんなー言うとりますけども。

言うとりますけども!

以前よりモチベーションは上がりローラーの頻度が上がってるとはいえ、やはり部屋の中で動かない自転車に乗ってくるくる回すというのは頭がおかしい味気ないものがあります。端的に言って苦痛です。

自転車界隈には中世ヨーロッパの拷問に使われていたことでも有名なLT20分×2本やL3を2時間などといったトレーニングを積んでいる方も居られますが、私はとても真似できそうにはありません。

ちなみに私が最近よくやってるのは
・70wスタートで2分ごとに30w上げて250wまで
・5分レスト
・L3上限近くを20分1本
・10分クールダウン

といった感じで50分くらいです。

ローラーでLTはやりたくないけど心拍は一瞬でいいから追い込みたいという理由で最初の階段式ウォームアップを取り入れています。220wと250wはかなりキツいですが……。

聞きかじりで、心肺機能は上がった心拍が落ち着くときに強化されるらしいです。L3だけだとそこまで心拍上がりきらないですからね。

-----

と、そんな理由から平日も実走で練習できないかと考えていましたが、最近になってようやく環境が整ってきました。

まず一つ目に暖かくなってきたこと。

やはり冬場は外で走るとなるとそれなりの装備が必要になります。
がっつり乗るならともかく、1時間やそこらのトレーニングのためにウェアを着込むのは準備も後片付けもそれなりに大変です。
その点暖かければ別にTシャツとひざ丈のズボンでも構わないですし、念のためウインドブレーカーをポケットに忍ばせれば大きく困ることはなさそうです。

次にライトを新調したこと。

今まではVOLT300を使用していたのですが、街中ならともかく街灯が一切ない山道ではさすがに心許ないです。
ちなみに心許なかった時の様子はこちら

先日twitterで懇意にしていただいているdaiconさんとDARUMAさんとでナイトライドの予定が立ちまして、その際に300のままでは死んでしまうと慌ててVOLT800を購入。
残念ながらそちらのイベント自体は雨で流れてしまったのですが、せっかく買ったのだし使わない手はないかなと。

-----

条件が整ったところで夜練に出発!

私の家は山に近いというか山なので、練習場所に選んだのはもちろん勝尾寺。自宅から10分もかからず登り口の西田橋に到着です。
自慢げに書いてますが、山へのアクセスが良いなんてドヤ顔できる相手はヒルクラ馬鹿野郎だけですね。

西田橋の交差点を抜けていざトレーニング開始!

1本だけのつもりだしFTP100%(私の場合は234w)で頑張るか〜と思いサイコンに視線を落としますが、何も見えない……。
バックライトの設定をしていなかったのでパワーや心拍がどんな状態か全くわかりません。まあ触れば点灯するんですけど、たまには数字に縛られず登ってみようと思い直し視線を前に集中させます。

VOLT800の実力ですが、ヒルクライムには必要十分といった感じでした。
300と比較して明るさや照射距離はもちろん、左右も不安なく照らしてくれているなという印象。帰りの話ですが、ダウンヒルも速度を殺したということもあり、危なげなく下り終えることが出来ました。ただ反射板のないカーブなんかもありますので昼間以上に集中しないといけませんね。これはライトの明るさにかかわらない話だと思いますが。

shika.jpg


そんな感じで夜の闇に負けずくるくるとペダルを回して進んでいくとポンプ場の手前あたり、左手にあるスペースで何かがキラリと光りました。ライトを向けたくてもハンドルに固定されているので(向けたらガードレールに自転車ごと激突する)「なんだ?」と思い進みながらそのまま近づいていくと徐々にぼんやりとシルエットが見えてきます。

鹿でした。(画像は拾いものです)

「鹿でした」とか言ってますけど、実際心の中はプチパニック。
いや当たり前なんですけど鹿ってでかいんですよね。大人しい草食動物というイメージですけど、実際街灯のない真っ暗な山で対面したら立派な角もありますし相当な威圧感です。

幸いそのまま通りすぎたらそれ以上は何もなく一安心。
(あとから見返したら鹿発見〜気配が完全になくなるまでの数百メートルだけ出力平均が40wくらい上がっていた小心者の私です)

そして後半区間突入の三叉路。
相変わらずサイコンは見れてないのですが想定以上にキツい折り返し。avg230wくらいのつもりでしたが、このたれそうになる感覚は240wを越えていそう。
同時に、それくらい追い込めてるならタイム更新も狙えるか?と気持ちを奮い立たせて後半区間も極力前半と同じペースのつもりで刻んでいきます。

最後の急坂を上り切り、横断歩道でゴール!

実際は帰宅してからの確認でしたがタイムは14分44秒!
記録更新はもちろん、2016年4月14日時点の平均くん14分46秒を2秒を上回り闇討ち成功です!

ちなみに平均出力は243w。感覚はあまりあてになりませんでしたが疲労とかタレ具合は正直ですね。

-----

そのまま勝尾寺でUターンしてもと来た道で帰宅。
先ほども書いたようにスピードさえ出さなければ特に怖い思いもせずダウンヒルもこなせましたし、むしろ上りに関しては15分ほどの間で追い越された車は3台ほどで、交通量的には快適にすら感じました。

何度か言うてますが夜でも街灯のある街中しか走らないとか念のための保険にならジェントスの閃やVOLT300で十分だと思いますが、がっつり夜の山道を走るのであればVOLT800ラインの明るさは欲しいかなぁという感じ。
街を離れた夜はほんとうの闇です。夜に走ろうという方は十分に準備をされることをお勧めします……。

 →キャットアイ VOLT800

まあローラーと比べて公道を走る以上事故などのリスクはありますが、安全を最優先する前提であれば実走での夜練も組み込んでいけたらいいなぁと思いました。
富士ヒルまで残り2ヶ月弱。参加予定の皆さん、ともに頑張っていきましょう!

▽目標80分台に下方修正してもいいですかね▽
posted by いなはる at 17:28| Comment(4) | ライドレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする