2016年02月22日

はじめてのプチナイトライド

2月20日(土)

この日は朝から降水確率ほぼ100%という感じだったので残念ながらDNS……なんてことはなく根性の4時半起きで早朝どころではない未明のライドに出発!

「そこまでしてローラーに乗りたくないのか?」と我ながら笑えてくる行動ですけど、何が悲しくて平日の仕事を乗り越えた後にローラー台とかいう拷問器具に跨らないといけないのか。実走のためなら早起きぐらい文字通り朝飯前ですよ。

予報では8時前には降りだしそうだったので、2時間ほどのタイムリミットと考えると妙見山まで行って帰ってくるのがちょうど良さそうです。
というわけでサクッと準備して5時過ぎには出発!

夜やないかい!!

近頃、日がだいぶ長くなってきたとはいえまだまだ真冬。
この時間は「やうやう白くなりゆく山ぎは」なんてこともなく完全に夜。自宅近辺はまだ住宅街なので街灯がありますが、山の方はどうなってることやら。

ちなみに意図してナイトライドをするのは今回が初めて。
小豆島のマメイチのときに日が暮れてしまい、部員の中華爆光ライトでダウンヒルをこなしたこともありましたがソロは今回が初めてです。

不安を覚えながらも9号線を経て西田橋の交差点に到着。そこから見える範囲は数こそ少ないですが街灯に照らされており、今までは昼間しか乗ってないし記憶にないだけで山道も街灯があったのかも!? と淡い希望を抱きながらヒルクライムスタート。

無いやないかい!!

最近できた彩都へ抜ける道の交差点を過ぎると街灯は消滅。辺りは真っ暗、というか闇です。世界の深淵です。
この日は雨が降る直前ということもあり空は厚い雲に覆われ、月明かりなど明媚なものは微塵もありません。

ちなみに装備は有名かつ定番のCATEYE製「VOLT300」。
詳しい説明は楓鈴さんの詳細なレビュー記事をどうぞ(宣伝)。

まあなんとかヒルクライムの速度なら走行可能なレベル。
15〜20mくらい先までは路面状況やガードレールも認識できますが、心から安心できるレベルとは言えません。ふっと視線をもっと先に合わせると何も見えない状況です。

VOLT1600(定価25000円)欲しいなぁと考えたり一秒でも早い夜明けを切望したりしながら淡々と勝尾寺への道を上り続けます。

……。
(ガサガサッ!ガサガサッ!)
(ひいぃ……あちこちでエニモーが活動なさっている……)
(イノシシとか出なかったらいいけど……)

夜の山は野生動物の宝庫。
特に箕面の山は昼間でも猿を見かけることがあり、暗闇の向こうに彼らの動きを感じます。

(ガサガサッ!ガサガサッ!)
……。
……。
(バサバサバサッ!)
ギャーギャーギャー!
ギョアアアアアアアアアアアアアア!!!!

突如道の脇から飛び出す物体。
恐らくはカラスですが、お化け屋敷クリエイターも参考にするレベルのタイミングで目の前を飛び去って行き、この日の最高心拍を記録。

勘弁してくれ……。

暗闇が恐怖の象徴であることを改めて認識し、ようやく目に映ったもはや懐かしさすら感じる人工の光・勝尾寺に到着。さすがにローディーは一人もいませんね……。

こんな時間のこんな道でも上り切るまで数台の車通りがありましたが、リアライトもしっかりつけていたのでその辺は問題もなく危ない感じはしませんでした。

若干東の空が明るくなり始めた気がしますが、山に囲まれているので平地より日の出が遅くなるのかまだまだ夜。いつもは嫌いな箕面川ダムのトンネルの明るさにさえ安心を覚えながら高山公民館へ。

妙見山の入り口、金石橋へのダウンヒルをはじめた頃にようやく薄ぼんやりと周囲が認識できるようになりました。
そこからすぐに明るくなりそうなものですが、厚雲のせいかライトは手放せない状況で妙見山ヒルクライム。

暗闇の中で一人自転車で山を登るという行為に「なにやってんだろう……」という自問を繰り返しながらタイムアタックです。
最近は100km越えのコースになるため、どうしても後半に脚を残そうと保守的になりTTは控える傾向にありましたが、この日はもう帰るだけ。そこそこ真面目な出力で夜明け前の妙見山を淡々と上ります。

薄暗いため下り区間で若干速度を殺すことになりましたが、前半で自己ベストから30秒早い好ペース。
このまま後半たれなければ自己ベスト!あわよくば23分台!!と必死のもがきでこの時間まだ開いていないゴール地点、駐車場入り口の門扉にかじりつきます。

タイムは……23分57秒!!
24分23秒。
うわああぁぁぁん!!もうまたなのおおぉぉぉ!!

門扉のせいでゴールを通過できなかった&曇り空でGPSがブレがちという悪条件のため輝かしい手元のサイコン記録は闇に消え、久々にstravaの無慈悲な数字が残りました。
まあそれでも自己ベストを7秒更新。無駄ではなかったと無理やり納得します。

ベンチで息を整えているとようやく朝らしい朝に。

おお……光だ……。

古代から多くの人が太陽を神と崇めた気持ちに共感しながら雨が振る前にそそくさと退散。
帰宅直後に雨が降り始め、無事に濡れ鼠を回避してこの日のライドを終えました。

-----

【まとめ】
完全な暗闇の中でのVOLT300は「20km/h以下の低速ならなんとか走れる」レベル。不安を払拭したり安全性を高めるには力不足。まばらでも街灯のある道なら大丈夫そう。トラブルで日が暮れてしまったときの保険にはなるけど、本格的なナイトライドにこれ一本ではキツいかも。


▽夜はもうこりごりだよぁ〜〜(END)▽
posted by いなはる at 19:24| Comment(4) | ライドレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

FTP計測 冬の陣 そして初の……

クランク式のパワーメーター『STAGES』を導入して半月ほど。
レポートで簡単に説明しましたが、以前使っていた心拍ベースのPowerCalとは1〜2割ほど計測値にズレがあるので、改めてFTP計測に挑む必要がありました。

とりあえずは以前からROTORのクランク式を使っているゴルカス部長が10月の計測で227wだったので、当時の実力差や1月までのトレーニングでの強化を鑑みて225wに設定していましたが感覚的にそこまで大きくは外れていないはず。
(ROTORとSTAGESはほぼ同じ数字が出るようでしたので)

-----

FTP値/計測とは 〜おさらい〜

60分間全力で出し続けることができるギリギリの出力(ワット数)のことです。正確に計測ができていればFTP250wの人は60分間を245wで走れば少し余力が残りますし、255wで走れば後半でたれてしまいます。乳酸閾値とかのややこしい話は省略します。

計測方法は実際に60分走るのが理想のような気がしますが、環境や精神面の関係で難しいところ。そこで20分間で計測し(出し切り)、その数字に先人達が導き出した割合を掛けてFTP値を導き出すのです。

もちろん計測で余力を残しては数字に意味がなくなるので、力を出し切らないといけません。一言で表すと地獄です。

-----

というわけでやってきましたFTP計測の聖地(今決めた)、京都は井手町、大正池です。
このコースは距離にして8km弱、平均勾配4%。信号や交差点もなし、車通りも少なく道もそこそこきれい、スタート直後に100mほどの下りがありますが、それを除けば緩い上りが続くというまさにFTP計測にうってつけの場所なのです。

測りたくない225wでだいたい合ってるしもうええやん……とグチグチこぼしながらも気合を入れてスタートします。

嫌だ嫌だとは言いますが強くなっていることを実感・証明するためにも記録は更新したいところ。
今日はサラ足ではなく、かなり適当ですが道中チャリ部の皆とテンポや全力走で準備をしているので20分平均の95%で計算する予定です。

若干賭けにはなりますが計算後を230wオーバーに持って行きたいので0.95で割って、242wは維持したいところ。

地獄とは言いましたが20分で限界を向かえる様に走るので序盤は快調。ちょこちょこ表示が250wを超えてラップ平均247wあたりを維持します。調子に乗ると後半100%たれるので、上げすぎないように意識して山道を進んでいきます。

じわじわと足と心拍が削られ、後半に差し掛かると最初の快調が嘘のように疲労に襲われます。サイコンを確認してもラップタイムは10分を過ぎたばかり。

ここからの時間の経過が本当に遅い。
精神と時の部屋にでもぶち込まれたかと錯覚するくらい時計の進みが遅くなり、あああーっ!と歯を食いしばり1分ほど前を見ながら我慢の走りをしたつもりでもサイコンは20秒しか進んでいなかいなんてことが最後まで続きます。

いや、終わりが近づくにつれて時間の進みはどんどん遅くなる。サイコンを見て、前を見て、もう一度サイコンを見ても2秒しか進んでなかったりします。

しかしここまで頑張ったんだからと最後まで踏み抜きます。というか測り直しとか地獄の2回戦に挑むつもりはサラサラないです。

ラップ平均もほとんど落とさず残り2分で246wをキープ。
大正池は最後の1kmほどで急激に斜度が上がるの、でギアを落として最後のもがき!……たいところですがもがくような体力も残っておらず、平均ワットが落ちないようにダンシングでグラグラ揺れながら必死に登ります。

そんなところで20分が経過!FTP計測終了です。

strava_0207.jpg


急坂区間で終わりを迎えたので倒れこみそうになりますが、フラフラと揺れながら登り続けます。正直倒れるか倒れないかのギリギリの出力に押さえたいところですが、もうひとつの目標があったためなんとか搾り出した170wくらいで大正池を登りきります。

-----

結果は最後落とす事なく20分で平均246wを達成! 95%でFTP値は234wとなりました。
計測当日の体重が58.2kgだったので、パワーウェイトレシオもひとつの壁といわれる4を超えて4.02です。

そしてもうひとつの目標、平均くんの撃破です。

-----

平均くんとは?

関西のヒルクライムスポット別にタイムの申請ができる『関西ヒルクライムTT』というランキングサイトがあるのですが、登録された記録の平均タイムが「平均くん」というひとつの指針として表示されています。

ヒルクラ好きが集まるサイトということでガチ勢も多く、平均くんはなかなかの強敵。
stravaのランキングでいえば区間の上位20%あたりが関西TT平均くんの50%になるといえばその強さが伝わるでしょうか。

-----

そして計測当日の大正池平均くんが23分40秒!
叩き出したタイムが22分38秒!!

平均くんになんと62秒の差をつけ撃破です!

いやぁ短いようで長かったですが、ついに目標のひとつが達成できました。
初めてが地元北摂でなく大正池というのは複雑なところではありますが。

ちなみに関西TTには平均くんがあと50人くらいいます。

▽平均くん撃破への労いを▽
posted by いなはる at 23:37| Comment(2) | ライドレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

鈴鹿エンデューロ超適当参戦レポ

というわけで去る11月14日。

あの鈴鹿サーキットを自転車で走ることのできる『スズカ8時間エンデューロ秋sp』に、我らがチャリ部も参加してきました。

参加前は部内でチームを作ってレースをするぞ!!と盛り上がっていたのですが、当日は生憎の雨模様。
雨天決行のイベントなので我々も参加するべく会場まで向かいました。が、やはり雨の中で競い合うのは落車の危険が伴いますので、気持ちとしては完全に記念ライドとなってしまいました。

そんなわけでレポートも超適当な感じになっていますがご容赦下さいませ。

-----

ほぼ雨ということが確定してしまったので、関東から参加する予定だったプロは時間も交通費も見合わないためDNS。
関西組は前日から車3台に分かれて三重県は鈴鹿市へ向かい、一泊4000円の激安旅館にINした頃にはもう23時頃。ババ抜きとダウトで無駄に体力と時間を消費しつつ翌日に備えます。

当日。もちろん雨。
本来なら夜明けより早く会場入りしてピットスペースを確保する必要があったのですが、ゆるポタ予定の我々は受付締切30分前に到着する意識の低さ。1階のピットは足の踏み場もないほどだったので、同じくギュウギュウだったバイクラックに何とか押し込んだらすごすごと3階の観覧席へ。

エンデューロ開始の8時が迫ってきたので一応スタート位置へ。
この時点で奇跡的に雨が止んでいたので富士ヒルの奇跡の再来か!?と胸を躍らせながらスタート時間を迎え走り始めます。

が、止んでいたのは本当にスタートの瞬間のみ。
ホームストレートを登り最初のシケインを抜けた頃にはバラバラと雨が降り始め、顔にバチバチ雨粒が叩きつけられます。

誰かの後ろに付こうとしても、前の人のリアタイヤが跳ね上げる水がシャワーのように直撃するためそれも難しく。
しかも雨だけでなくこの日はかなりの強風。ちょうどホームストレートが順風になる風向きだったのですが、25kmほどで走行して無風に感じるレベル。逆風になる立体交差下の下りはめちゃくちゃな環境でした。

8時間走ることはチャリ部の総意としても諦めていたので、せめて高強度で攻めようという気持ちがあったのですが、それもこの悪天候で吹き飛ばされてしまいました。実際、見知らぬ方がコーナーで落車する場面もあり、安全走行第一と相成りました。

ヒィフゥと30分強かけて3週を走ったところでピットイン。
全身ずぶ濡れで観覧席へ。ウェア類は大げさでなくジャバーと水を絞れるほどでした。

そんな感じで交代もさして急がず、しばらくの間は走りたい人が走るみたいな感じで。
昼前に少し雨の止み間があり、任意の部員で固まりトレイン走行を楽しみました。こんな環境でも結構楽しかったので、やはり快晴の下で走りたかったですねぇ……。

-----

昼過ぎからまた雨が強まってきたので早々に退散。
少しもったいない気もしますが体調を崩しては元も子もないのでスーパー銭湯へピットイン。

温まったあとは早めの夕食を済ましつつ残念会を開き、解散となりました。

-----

というわけで当日もブログもぐだぐだな内容ですが鈴鹿エンデューロ参戦レポートでした。
来年は晴れたらいいなぁ……。
posted by いなはる at 18:05| Comment(0) | ライドレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする