2015年05月12日

GWライドを振り返る(圧縮版)

お久しぶりです、GW明けの退勤経路で散歩中の犬に吼えられびっくりして落車しました。いなはるです。

GWの途中からまるっと更新が開いてしまいましたが、特に何かあったわけでもなく。

ただ今までは土日のどちらかに自転車に乗って、時間のある平日夜にだらだらブログでレポを書くというスタイルでしたので、逆に予定が詰まると書く間がなくなるアレです。いや、そんなギュウギュウに予定が入ってたわけじゃないんですけど、ほらダラダラしたいですし、ジロも始まっちゃってそっち見ちゃったりしますし。

すみませんでした。

-----

4月29日(水・祝)

GW突入ということで一発目はもちろん山!

いつも通りのぶらり北摂登坂の旅。ゴルカス部長、ドテチンと3人での出発となりましたが、今回はひとつの目標があります。
今から約2ヶ月前、蹂躙され尽くされ心身ともにボロボロとなり激坂へのトラウマを植えつけられた『堀越峠』へのリベンジです。

その前にもいくつかの山を越えるわけですが、今回はいつもの勝尾寺ではなく北摂では同じくらい有名だと思われる五月山を上ってみたいという私の希望もあり、そちらがスタート地点としました。

コースプロフィールとしては6km、平均勾配6%となっていましたが聞いていた以上にエグい! 途中に4回ほど短い下り区間があり、いわゆる平均勾配詐欺。初っ端から10%以上の急勾配が続き、ゴリゴリと脚が削られます。

部長は先へ、ドテチンは後ろへとメンバーは早々に散り散りとなり、孤独な上りが続きます。そこそこ頑張ってしまい、なんとか30分をギリギリ切るタイムでクリア。

一発目の山じゃない。
帰ろう。

自分で言い出したにも関わらず早くもバテバテ。堀越を倒すためにも温存が必要だというのに、先行き不安でなりません。

その後は箕面川ダムを下り、高山を超えてそのまま一気に妙見山へ。頑張る元気もないのでゆるゆると上りきり、身体が冷えないうちに野間峠西側を下ります。

4月から再開した野間の大ケヤキ前のありなし珈琲で英気を養い、いざ堀越峠へ。万全を期すため、我々の北摂コースだと毎回通っている明月峠と逢坂峠はスルーし、直でかつての敗戦の地へと向かいます。

堀越の霊圧を感じる……
きたか……

堂々とそびえたつ坂、もとい壁。
一度目のチャレンジでは激坂ということも知らされておらず、途中からは脂汗が止まらぬまま二度もの足つきを味わった屈辱の坂です。

心拍計を装備していればすでにアラートが鳴り出しそうな心境でスタート。
目標は足つき無しでのゴールですので、意識して「頑張らない」ことを心がけます。速度はどれだけ落ちてもいいので、ゆっくりゆっくりと自重を利用して少しずつ進みます。

歩いた方がマシな速度ですが、足も心肺もほとんど使うこと無く前回の足つき地点に。
「お、余裕か?」と思いたいところですが、頑張らないダンシングというのもやはりそこそこ技術が必要でして、未熟な自分の回し方では徐々にキツさがせり上がってきます。
それでも2カ所目の足つき地点も無事にパスし、ドテチンと共に程なくゴール!堀越峠制覇です。

ザコやな。
距離が2倍でもいける。
へぇ……。

調子に乗る我々ですが、部長の前であまりそういうことを言うと次にどこへ連れて行かれるか分かりません。そそくさと東側を下っていきます。

そのあとは堀越峠をクリアしたご褒美、犬甘野の季楽でお蕎麦を頂きリフレッシュ。
亀岡には向かわず、落車してジャージが破れたトラウマがよみがえる高槻方面をぐるりと回って帰って参りました。
しかし北摂にはトラウマが多いな……。


-----

5月2日(土)

概要:アルベルトが落車しました。

堀越からの中2日ということで淀川〜木津川のCRド平坦コース。
……のはずが、ゴルカス部長が魔法のステッキを振るとあら不思議、直線だったコース断面図からキューピーちゃんがせり上がってきたではありませんか!

というわけで京田辺からほど近い万灯呂を上ったのですが、概要のとおりアルベルトがダウンヒルで激しく落車。
救急車まで呼ぶ事態となり、ドタバタしましたがその日のうちに全員が自転車とともに帰宅することができました。


-----

5月5日(火)

概要:六甲山に上りました。

また記事にするとは思いますが、ちょっとした理由から六甲山・逆瀬川ルートのタイムを計測するぞ!という話になりトランポで武庫川へ。
武庫川CRでアップを済ませ、各自タイム差スタートで上り始めます。 体調は悪くなかったのですが、ゴールデンウィーク真っ只中ということもあり車が常に横を走ってる状態。さらには信号が数箇所、本格的な上りに入ると工事での交互通行区間でも待たされ、精神的にめちゃくちゃ疲れました。
計ったタイムもほぼ全て引っかかった信号の影響で意味があるのか微妙な感じになってしまいました。

気を取り直して先に進もうとしたのですが、六甲山頂から西はさらに車が増えついには大渋滞。
そんなに広い道でもないので車の横をすり抜けるのにも気を使い、ダウンヒルが楽しい楽しくない云々の話ではありません。

結局予定していたルートを大きく反れ、有馬温泉の辺りを経由して宝塚・逆瀬川まで戻ってきました。


-----

いやはや書きたいことや広げたい話はあるんですけど。
休み明けで仕事も忙しい日が続きそうで、溜まったライドレポが消化できそうにないので後ろ2本は簡略化させていただきました。
いや、これくらいが適切なテキスト量なのか……?

アルさんの落車については割とショッキングな内容だったので、また思い出したように書くかもしれませんが、あまり面白おかしく書けることでもないんですよねぇ……。いやまあ、命に別状があるわけでもなく、翌日には肉食って酒飲んでましたので本人に替わってご心配なくと申し上げることにします。

▽ブログ村 ロードバイクランキングに参加中▽
posted by いなはる at 23:04| Comment(0) | ライドレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

チャレンジ琵琶イチ210km 後編 〜さよならセリヌンティウス〜

部内対抗・チキチキ奥琵琶猛レース開幕!

部長の思いつきでビワイチに取り込まれたこのレースが行われたのは、ちょうど全行程の折り返し地点。スタート地点から最も遠い場所で、恐らく力を出し切るであろうレースの後に100km自転車をこいで帰らないといけないという、大きな不安要素を抱えたまま挑むことになります。

舞台となったのは琵琶湖の北端に位置する奥びわ湖パークウェイ。
用意されたコースではまず平坦が7km続き、そのまま平均勾配5.5%の坂を4km上りきればゴールとなります。



-----

それじゃあそこの高架下からスタートね!
よ〜い……ドン!


https://youtu.be/WTBBV47Urzc
※風切り音がうるさいのでご注意ください。ちなみに緑のサドルバッグを付けてるのが私です。

わずか100mほどのパレード区間を終え、ついにレースはスタート!

睨み合いになることも無く、いきなりアルベルトとドテチンが飛び出しました。それもそのはず、この二人は平坦にめっぽう強く、逆に上りに強いゴルカスやかみやんに勝つためには平坦でタイム差を稼がなければいけません。


頂上フィニッシュだったからボクの勝てる要素はゼロだったし、体力を温存する必要も無かった。それならせめて、同じ平坦屋のよしみで上りに開花してきたドテチンをサポートしようと思ったんだ。

逃げは二人。予想通りの展開ではありますがどんどん前との距離が開いていきます。私自身がお遊びとはいえレースというものの駆け引きをよく分かっていないので、あまり速度の上がらない集団の中にいて、そのまま距離を開けられていいものかと不安になった頃。

race1.jpg


信じられるかい?コースの途中に信号があるなんて聞いたことが無いよ。声を荒げて怒っている選手もいたし、そのまま突っ切ってやろうかとも思ったけど、冷静になってその場はちゃんと止まったよ。ペナルティは怖いからね。

メンバーの怒号が飛び交う中でゆるりとレースは仕切りなおし。
もちろんまだまだ平坦は続きますので、先ほどの二人は改めて飛び出し逃げに戻ります。

しばらくは逃げ二人、集団五人というかたちで落ち着きます。
しかしその集団に混じりながらも「逃げ切られるのではないか」「このまま集団で上りにはいってもゴルカス、かみやんには勝てないだろう」という気持ちが重なります。


もしかしたらアタックするタイミングが早すぎたのかもしれない。ただレース経験の浅いボクは直感に頼るしかなかったし、閉塞した気持ちのままこの日を終えることだけは避けたかったんだ。

平坦区間を3分の1ほど過ぎたあたりで最後尾からいなはるがアタック。
巡航速度が控えめだったこともあり一気に引き離したようにも見えましたが、なかなかそう上手くはいきません。ゴルカスにしっかりとチェックされ、速度を維持することもできず置いてきたはずの集団にも程なく追いつかれます。

結局集団五人がほぼバラけないまま上り口に到着。中間地点で待機してくれていたゴル嫁から先頭とのタイム差が伝えられます。


47秒差と聞いたときには心の中でガッツポーズをしたよ。2分までなら上りで追いつける自信があったからね。この時点で、ゴールは集団内での争いになることを確信したんだ。

上りに入り一気にペースが落ちます。平均斜度が5%強と聞いていたので勝尾寺程度のものを予想していたのですが、思っていた以上にキツい。平坦で頑張りすぎたということもあり、息も切れ気味になりながらじわじわと進んでいきます。

ほどなく前方に役目を終えたアルベルトの姿を捉えます。そのままパスしようとしたこちらに対し、ゴッドハンド(弱虫ペダル登場人物の福富寿一が得意とする必殺技。効果:対象は落車する)を繰り出そうとしてきましたがそれも回避し、先を急ぎます。

上り区間を半分ほど進んだところで今度はドテチンを視界に収めますがなかなか差が縮まらず。むしろゴルカスとかみやんはそのままドテチンをパスする勢いで、私のペースが落ちてきている模様。
ここが踏ん張りどころだと、声をかける余裕もなく気合でパス。なんとか先頭の二人から離されないように踏ん張りますが、じわじわと距離を広げられます。

結局残り1kmほどの地点で前との差は心を折られる距離に。振り返ればまだドテチンの姿が確認でき、必死に3位のポジションを守りつつ、自分に関してはドラマティックな展開もないまま3位でゴール。

トップは最後まで先頭争いをしていた二人のうち、ゴルカスが力を絞りきったスプリントで1位フィニッシュ。
続くかみやんが9秒差。3位の私こといなはるが28秒差で、4位ドテチンが56秒と1分切り。少し遅れてプロが1分9秒差でゴール。

死体置き場となったゴール地点で息を整えながら、姿の見えない残りの二人を待ちます。5分ほど経ったところでアルベルトとちむの影が並び、肩を組んでの友情ゴールかと思ったその瞬間。


裏切った!裏切ったぞ!!


race2.jpg

アルベルトを置き去りにちむが猛烈なスプリント。6位という結果でしたが、あたかもステージ優勝を果たしたかのような表情でゴールラインを割りました。


昨日の夜、ベッドの中で何度もこの光景を想像したよ。周りは強い選手ばかりだったし、ボクにできることは少なかったかもしれないけど、信じることはやめなかった。そう、琵琶湖へは表彰台に上るためにやってきたんだ。そして今、一番立ちたかった場所に僕は立っている。

なぜか6位のポジションからドヤ顔でかっこいいインタビュー風のコメントを残し、レースは終了。
全員が全員脚を使いきり、満足げな顔で終えたばかりのレースを振り返り談笑しながらしばしの休憩となりました。


よーし!じゃあ残り100km、帰るぞー!!

race3.jpg



し、死んでる!!

帰りのコンビニで、ちむさんが天に召されるなどのハプニングもありましたが、かなりの追い風に助けられながら順調にゴールへと進みます。

最後の最後、琵琶湖一周のフィニッシュ地点となる琵琶湖大橋西側が最後の上りとなり、ここでもスプリント合戦が始まりますがやはりゴル部長には勝てず。
橋のてっぺんで車道に吹き飛ばされそうな風に襲われながら、なんとか無事に一周できたことを祝しました。

じゃあ南草津まであと20kmね!


race3.jpg

し、死んでる!!


-----

その後もヘロヘロになりながらにスタート&ゴール地点に到着。
スーパー銭湯では人生で最高の風呂に入り、居酒屋では人生で最高のビールを味わい、電車のあるうちに解散となりました。

いや〜キツかったけど面白かった!あとは家に帰って人生で最高の布団に入るだけやな!!

race4.jpg

自宅まで自走だと言うことを思い出し、深夜の駅で天に召されるおっさん一人。

-----
お疲れ様でした。



▽ブログ村 ロードバイクランキングに参加中▽


posted by いなはる at 11:37| Comment(4) | ライドレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

チャレンジ琵琶イチ210km 前編 〜怒りのゆるポタ〜

〜2015年 2月頃〜

4月にビワイチ160km行くぞ−!
お、おう。頑張って鍛えるわ。

〜同年 3月頃〜

ホテルがちょっと遠いから180kmになるぞー!
マジか〜……まあ時間かければ。

〜出発直前〜

平坦だけやとつまらんし山追加!210km!
……。

いなはるは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の部長を除かなければならぬと決意した。いなはるにはゆるポタがわからぬ。いなはるは、チャリ部の新人である。乙女ギアを履き、インナーローで回して来た。けれども強度に対しては、人一倍に敏感であった。

ゴルカスは人を殺します。
なぜ殺すのだ。
皆が強度を求めている、と言うのですが、誰も望んでは居りませぬ。
たくさんの人を殺したのか。
はい、はじめは淀川で。それから、山で、谷で、多くの部員を殺しました。
おどろいた。ゴルカスは乱心か。
いいえ、ゴルカスはアホなのです。
あー……。

-----

アホなら仕方ないと迎えた当日の4月25日。

前日に仕事を終えてから輪行で南草津へ到着するや否や、駅近くのビジネスホテルにチェックイン。5時には無理矢理起きて、眠い目を擦りながら覚醒していないタイトな胃袋に菓子パンをねじ込みます。

6時前には近くのコンビニに集合。
今回の参加者はいなはる、ゴルカス、ドテチン、ちむ、アルベルト、かみやん。
そして、最後の一人はなんと関東からの参加! 初めて一緒に走ることになることになる『プロ』と合流します。

おーっすプロ―!
おはよーっす!
あれ、そのステム……。
うん、買った。○万円。
えっと、サドルはなんぼやっけ?
○万円かな。
ホイールは?
○○万円。
そのガーミンは……。
510にした。
シートポスt
○万円。
サイズ間違って買って無駄になったのが○万円だね。
『さすがプロ−!』

まさかプロ選手というわけでは無く、プロも我々の多くと同じく始めたばかりの新人自転車マンです。
ただ、「金の使い方がプロっぽい」という理由からプロの愛称で呼ばれている彼が今回のゲストとなります。
とはいえ機材だけが優秀と言うわけではなく、関東ではそのえげつない勾配で悪名高い天目指峠や子の権現にソロで挑むといった末恐ろしい逸材でもあります。

今日はそんな彼を含む、7人中5人がロードバイク歴半年未満という不安しか残らないメンバーで琵琶湖一周、通称『びわいち』というローディーなら一度は挑戦したいコースの制覇を目指します。

-----

準備もそこそこに南草津をスタート地点に出発。

今回は琵琶湖大橋を一周の南端に設定しているので、まずはそこまで。いきなり巡航速度が35km/hを超えるも身の安全を守り隊からブーイングが起こり、30km/h弱をキープ。ほどなく「あの」ピエリ守山が視界に入り、実際の意味での一周が始まります。

とはいえ今回は完走が目的。
山やCRのような強度ではなく、今までと比べると比較的穏やかに進行します。

大きなトラブルはありませんでしたが、途中ちむさんがパンク。これだけ人数がいるのに誰も使ったことの無かったCO2ボンベが登場し、一瞬でタイヤがカチカチに膨らむと拍手が起こります。

biwa01.jpg

これは買うしかない。
また経済を潤してしまう……。

小ネタもはさみつつ概ね快調に距離を伸ばしコンビニ休憩。


バイクラックがある!滋賀すげー!!

biwa02.jpg

なんとコンビニの入り口すぐそばに立派なバイクラックが完備!しかもただ置いてるだけでなく、パイプがセメントで埋められていたので、コンビニが建ったときからローディーに向けて用意されたものだと思います。
ひとしきり感動して写真を撮っていると、たまたまお店から出てきた地元の主婦らしき人から「頑張ってくださいね。お気をつけて」と声をかけられました。

すごい……滋賀すごい。ローディーにあったかい街や……。

じんわりと胸に暖かさを覚えながらコンビニでトイレを済ませ、外に出ると何故か部員から冷たい目線。

どしてん。
自転車並べてて気付いてんけどさ。
はるちんのチャリだけでかいからタイヤ浮いてへん。

biwa03.jpg

我々ホビット族としては怒りを隠しきれない。
すまんな。

背だけは高い自分に皆からの理不尽な非難。某掲示板ではあまり背の高くない人が愛車の写真を貼ると「ホビット乙」とレスが返ってくるそうです。

みんな水補充したー? はるちん以外。
きびしー。

そのあとも順調に進み何度か小休憩を挟みながら奥琵琶湖、ちょうど琵琶湖の北端あたりに到着。100kmを超えたあたりのコンビニで最初のお昼休憩に入ります。なんでも100kmくらいまでは朝飯さえしっかり食べれば、後は軽くでも何とかなるそうですが、100kmを超えてくると昼飯を二度三度と摂りしっかりカロリーを入れておかないとハンガーノックに陥りがちになるとか。

コンビニの駐車場に入ると小柄な女性がiPadみたいなものでこちらを撮影しています。

俺の嫁。
ゴル嫁です。
……!

実は事前に聞いていたのですが、この日はゴルさんの嫁ことゴル嫁がサポート&回収車として出動。なんやかんやで200kmオーバーの長丁場。機材の故障や膝の故障の不安もあったので日中時間のあった彼女に白羽の矢が立ったのでした。

タイム係もきたし始めるか!
きたか……!

ざわつき始める一同。
そう……この日は琵琶湖一周だけでなく部内対抗・チキチキ奥琵琶猛レースが計画されていたのです。
平地と山岳を組み合わせた信号のない12kmのコース、山に入ったところでゴル嫁にタイム差まで知らせてもらえるという、部内のおちゃらけレースとは思えぬほど気合の入った内容です。

なんだかんだで皆もこの勝負には意気込んでおり、開始前から波乱の予感……。

-----

部内対抗レース&琵琶湖一周後編へ続く
続きはこちら

▽ブログ村 ロードバイクランキングに参加中▽

posted by いなはる at 23:30| Comment(4) | ライドレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする