2016年11月20日

ハンドルが溶けた話

そういえば書いてなかった今年の春頃のお話。

-----

春分も過ぎ、そろそろ冬ビブの季節も終わりかなという3月後半の土曜日。
当時は富士ヒルへのモチベーションも高く毎週のように山をガンガン上っていたのですが、この日はたまたま都合のつかない人が多かったので、私とドテチンのデュオでの走行でした。

お互いの自走で行ける範囲の関係で、久しぶりにして2回目となる六甲山へ挑むことに。
逆瀬川駅の近くで集合して早速六甲逆瀬川コースのヒルクライムスタート!

久しぶりの六甲はこんなに上りやすかったかな? という印象。
というのも初めてになる2015年の挑戦はゴールデンウィークの真っただ中で、交通量がめちゃくちゃ多く、さらには工事関係の交互通行区間が数か所あって正直印象は最悪でした。

そんなわけでずっと回避していたのですが、普段の週末に上る分には路面状況や交通量はむしろ良好な部類でした。
ただまあ、ご存知の通り京阪神の中では距離も勾配も骨が折れるスポットとして有名ですので、肉体的には大変つらかったです……。

1時間ほどかけてゴールの茶屋に到着し、今回はここでUターンせずそのまま三宮方面へ下っていきます。
逆瀬川コースほど有名ではありませんが、三宮駅にほど近い再度山(ふたたびさん)から上るコースも行っちゃおうという計画です。

上り切ったはずなのに何故か上るダウンヒル(?)を進み、途中2回ほどあった分岐を地図で確認しながら下りていきます。

-----

東西を走る西六甲ドライブウェイから奥再度ドライブウェイに左折すると一部の道が結構な勾配&減速帯が施されています。
しかもこの減速帯、かなりの厚みがあり車体はガクガクと上下に揺さぶられるのです。

下りにくいなぁ嫌だなぁ……と思いながらブレーキを強めにかけて進んでいると急に強烈な違和感。

ハンドルを握っている手の位置がグラっと前の方に傾いたのです。


(!!?)
(なんだこれなんだこれ!?)
(衝撃でステムが折れたのか???)
(いや、くっついてる??)
(折れたというよりむしろこれは……)
ちょ、ちょ待って!!うわあぁああぁぁ!

パニックに陥りながら手元の違和感の正体も把握できず、ブレーキも上手く握れなかったのですが、先に十分減速できていたのでこれ以上加速する前にと、半分自分の意思で落車と相成りました。


はるちん大丈夫か!!
急にどうした!?
いや、ハンドルが……。
ハンドルが?
ハンドルが溶けた。

そう、ステムも折れていないし感覚としてはハンドルがグニャリと溶けたとしか言いようがないのです。


・・・・・・。
ハンドルは溶けません。
ハンドルが溶けた!!

しかし実際に自転車を確認してみるもパッと見でおかしなところはありません。
原因は気になりますが軽く膝も負傷してしまったので、とりあえず処置をしようということでボトルの水で洗い流してから麓のコンビニへ向かいました。ちなみにこの残り1〜2kmほどの下りでも異常は見当たらず……。

怪我の方はコンビニでキズパワーパッドを買ってチャチャッと処置。
ええ、ビブタイツは膝に穴が開き、お尻の縫合部は裂けてお亡くなりになりました(帰りは尻をチラ見せしながらセクシーに帰りました)。

そして肝心のヘッド周りをチェック。
ハンドルに体重をかけてグッグッと押し込むと。

……グニャッ。


これやな。
あっ、溶けた
溶けてません。

そう、ハンドルを留めているステムのボルトの締め付けが不足しており、減速帯で繰り返し過重がかかることでハンドルが前側に徐々に回転。 実際に乗車していた私の感覚として、ハンドルがグニャリと溶けたような錯覚に陥ったのです。

答えを知れば単純で馬鹿らしい話ですが、運転中に操作の要であるハンドルが予期できない状態になるというのは本当に恐怖でした。

-----

その日は強めにステムを締め付け、怪我も自走できるレベルだったので六甲山を西から越えて無事に帰宅。
と同時に速攻でトルクレンチをポチりました。

ロードバイクの各パーツのボトル締め付けには指定トルク(締め付けの強さの単位)というものがあり、足りなければ今回のようにハンドルが溶けたり緩んだり、最悪の場合は走行中に取れてしまうなんてことも。
逆に締め付けが強いとパーツに負荷がかかり割れてしまうこともあるそうです。特にカーボンパーツは金属製に比べて繊細なので、指定されたトルク値で締め付けるのが絶対だそうです。
他にはSTIレバーなんかだと指定トルクがあえて弱めになっていて、倒してしまったときの衝撃を逃がすようになっています。ガッチリ留めてしまうとダメージが全てレバーに伝わり破損しやすくなるとか何とか。

とまあ身をもって知った指定トルクは大事って話なんですが。
全部お店でやってもらうというのも手ですし一番確実ではありますが、ちょっとサドルを上げ下げしたいとか、経年で自然に緩んでくることもあるので、ちょこちょこ自分で弄ったり点検するなら持っておいた方がよいかなと思います。

 → BIKE HAND YC-617-2Sコンパクトトルクレンチ

さらに確実性を増すならファイバーグリップというものもあります。
締め付け部に塗ることで摩擦係数を上げて滑りにくくするという、滑り止め剤です。特にカーボンパーツは負担を減らしたいので、こちらを塗りつつ指定トルクの下限側で留めるといいのかな。
自分は今回のこともあったしビビリなので指定トルク内で強めに締め付けてますが……。

 → FINISH LINE ファイバーグリップ

-----

というわけで実はハンドルは溶けていなかった話でした。
安全、確実なロードバイクライフを。

▽減速帯はトラウマ▽
posted by いなはる at 20:59| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

クソローディー、鈴鹿を走る

11月12日。
今年も行ってまいりました、2016鈴鹿エンデューロ秋sp!

"今年も"ってことで昨年に続き2回目の参加なのですが、前回は雨と風に吹かれ全員がやる気喪失→適当に満足するだけ走って昼過ぎに退場というグダグダな実績解除でした。

実際そんな状況だったので
・後ろに付くと前の自転車が水を撥ねるので顔はビシャビシャ
・急なカーブはスリップしやすく落車の危険性が高まる
・待機中は風が吹きつけあわや凍死の危機

などなど……。
今年こそ!という願いが届いたのかこの日は朝から見事な秋晴れ。



-----

ちなみに今年の参加者は
■いなはる ■ドテチン ■ちむ ■アルベルト ■ゴルカス
■がんちゃん ■RYO ■ansin ■ナベ ■肘肩

の10名となかなかの大所帯。
ブログ停滞中に増えた人もいるので簡単に紹介……は(面倒くさいので)しませんが各自お好きな設定を想像してお楽しみください。
まあ今回は長文にしたくなしあんまり名前も出てこないだろうということで……。

部内で独自に決めたルールは2人1組×5チームに分かれ、25週走り終えた時間で順位を決めようというものです。
1週おおよそ10分ですので250分、8時間にエントリーしておいて4時間強で終わるルールを設定するあたり相変わらず舐め腐った連中です。
まあ自転車の楽しみ方は人それぞれ(魔法の言葉)ということでご容赦ください。

-----

そんなこんなで8時が迫り、第一走者となる今回の相方アルベルトがスタート地点へ向かいます。



早々にがんちゃんが4時間部門へ向かうなどのおちゃめもありましたが無事に号砲とともにスタート。
2000近い人と自転車がいっせいに動き始めました。

自分のチームは3周交代と決めていたので25分ほど待機してからピットへ移動。
はい、我々のようなモブライダーはピットを使うのもおこがましいので3階の観覧席に陣取り交代のたびにSPD-SLのシューズで昇降しておりました。

程なくピットに帰ってきたアルベルトはなかなかの汗だく。
この瞬間ゆるぽたは許されないということに気付き、真面目モードで走ることをしぶしぶ決意したのでした。
-----

足首に巻くチーム単位の計測バンドを受け取りいざスタート!
余談ですが、本気で記録を狙うチームはピット入り直前に走りながら外し、停車せずに走者ではない補助的なチームメイトにパス。 そしてそのまますぐに走り出せるような体制の次走者の足首に巻いてあげ、ロードレースのようにお尻を押し出してあげ再スタートみたいな本気具合でした。
いや、我々も去年は3階まで持って上がって交代とかいうタイムロスの概念を知らない存在だったのでピットで待つだけでもだいぶ進歩したのです。

閑話休題。
ピットから本コースへ飛び出しまずは最終コーナー。
去年はじめて実走して衝撃だったんですけど、サーキットって平坦じゃないんですよね。
基本的に常にアップダウン、5〜6%くらいの上りがここを含めて2箇所ほどあります。

マイペースで走れるのも同じくその2箇所だけ。あとの下り基調や緩い上りは「いかにトレインにしがみつくか」が鍵だったように思います。

いい速さのトレインが横を通過したら飛び乗るのにスプリント!(500W)
コーナー終わりの立ち上がりで加速するトレインに食いつくスプリント!(500W)

そして下り&平坦では綺麗に後ろ付けたらかなりの出力が節約できて、50km/h出てるのに100Wも必要ないなんて状況。

つまりひとことで言うと「インターバル地獄」です。

真面目に走った周回を平均出力で見ると170W・9分強程度なので、ヒルクライムでいうとまあまあ余裕のあるペースなのですが、身体が受けるダメージは比じゃなかったです。
ヒルクライムの大会とこういったエンデューロやクリテリウムでは走り方が全然違ってくるんですね。去年は実質記念参加だったので今回身に沁みて感じました。

まあインターバルがめちゃくちゃキツくはあるんですけど、そこがまた面白くもあり。
(トップクラスで常に集団を形成するよなレベルだとまた話は変わってきますが)ひたすらにイーブンペースで自分の力を出し切るヒルクライムレースに比べて、 技術や運でタイムに大きな差が出てくるエンデューロレース。
いかにトレインに乗るか、節約できるか、遅めだったら自分から前に出て牽くか、コーナー進入前の位置取り&立ち上がりに備えたギア操作などなど、考えたり状況判断が必要な場面が続くので、キツいわりに飽きることがなく楽しく走れました。

ちなみにトレインに乗るとどれくらい差が出るかというと、25周レースのあとに「トレインに乗っかるの禁止しばり」で個人TTごっこをしたのですが、乗っかりまくりのレース中の自分のベストラップは8分39秒で平均170W。個人TTは9分33秒で220W。平均で50W高く出しているのにタイムは1分近く遅いという結果でした。

-----

そんなこんなで去年と大違いな鈴鹿エンデューロを楽しみ、順調に3周交代で25週を4時間強で完走。
慣れないインターバル走で部員の大半が足攣り祭りでしたが、事故や怪我もなく楽しんでメインプログラムを終えました。

そのあとは8時間エンデューロにエントリーしておいて全員で昼休憩を取るといったクソローディーっぷりを遺憾なく発揮しつつ、午後から前述の個人TTごっこをしたり端っこの方を雑談しながらゆるぽたしたりと適当に遊び、こんな機会でもないと走ることのできないサーキット走行を満喫して鈴鹿を後にしました。

いやあ晴れてるって最高ですね!

▽来年は真面目な記録も欲しい気がしなくもなくない▽
posted by いなはる at 18:10| Comment(6) | ライドレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

【図解】ウインドブレーカーのコンパクトなたたみ方

ブログを再開したのはいいのですが、各所から『写真が少ない』『文字だらけで読みづらい』『見栄えが悪い』『吐き気を催す』『ブログを舐め切ってる』といったお言葉を頂戴しましたので、今回は趣向を替えて画像をふんだんに使った記事を提供したいと思います。

ただご存知の通り、ライド中・登坂中に立ち止まって写真を撮る=足つきすることは敗北でありひいては人生の敗者であるといった教訓のある当チャリ部ですので、例によって景色やグルメなどといったロードバイクの魅力を伝えるための写真は今回を含め掲載の機会はごく僅かだと思われます。ご了承ください。

-----

先日の冬ウェア紹介でもシャカシャカ(=極薄ウインドブレーカー)の重要性はお伝えしましたが、こまめに着脱するということはバックポケットに突っ込む回数も増えるということ。
薄い生地とはいえグシャグシャーと丸めるだけではなかなか綺麗に収まってはくれません。

というわけで今回は大量の図説写真と合わせてシャカシャカのコンパクトなたたみ方を紹介したいと思います。
ちなみにこの方法は弱虫ペダルの巻末に掲載されていた方法ですので私のオリジナルではありません。
渡辺航先生と先生に教えてあげたという自転車仲間の人に感謝。

-----

1.まずはジッパーを閉めて全体を広げます。裏表はどちらでもOK。


2.胴の3分の1あたりで折り返します。


3.袖を胴体部分に沿わせたいので、袖を一旦反対側に折り返し、今度は90度下側に折ります。


4.袖を含めたままもう一度反対側の袖に向けて折り返します。


5.下半分を上側に折り返します。


6.もう半分に折り返します。襟がはみ出ている場合はそちらも下側に折り込みます。
このとき高さが肩口と同じくらいの長さになるとあとがスムーズです。


7.[6]で横長の長方形になりましたので、胴側からくるくると巻いていきます。
空気を抜くようにギュッギュと巻くとよりコンパクトになります。


8.そのまま図のように袖の残りの長さと幅が同じくらいになるまで巻いていきます。


9.袖口を裏返し、今まで巻いてきた固まりを包み込みます。


10.そのままぐいっと。半分くらい袖で包めたら問題ないです。


11.完成!!


12.こんな感じでポケットにもすっぽりとスマートに収まります。


-----

いかがでしたでしょうか。
分かりやすいように行程をかなりバラして書いたので面倒くさそうですが、慣れれば30秒とかかりませんし立ったままでもできます。
多少雑に巻いても最後の袖に包むとこまでやってしまえば分解することはないので、もしこのやり方をご存知でなかった方は試してみてください。

余談ですが、最後の方の両手が映ってる画像ですが、正座して太ももでスマホを挟んでタイマーで撮影しました。
ブログに写真を載せるって大変ですね。

▽また有益な記事を書いてしまった▽
posted by いなはる at 19:07| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする